TOP > その他のニュース > 「ジェンダーバイアスのかかった漫画は滅びればいい」。漫画家・楠本まきはなぜ登場人物にこう語らせたのか | ハフポスト

「ジェンダーバイアスのかかった漫画は滅びればいい」。漫画家・楠本まきはなぜ登場人物にこう語らせたのか | ハフポスト

543コメント 登録日時:2019-04-10 08:52 | ハフィントン・ポストキャッシュ

今、少女漫画雑誌を読む人は減っています。読むと夢と希望が奪われる漫画にあえてお金を出して買う人はいないでしょう。...

Twitterのコメント(543)

なるほどイギリス在住だからこういう意識になるのね。取り締まるとかは違うと思うけど、教育は必要かなと思う。>>
この記事の頓珍漢っぷりを改めて思い出した。
無いほうがいい、などと安直に語れる人間のジェンダーバイアスなど信用できるわけがない。
@xoxohiroxoxo09 この記事を思い出しました。作者自身がそういう男女観に囚われてるんだと思います…。
@lgbt_mtr @ssimtok 生活・人生支援制度への単なる登録手続きですよね。

私はそう思うようになりました。

婚姻に幻想を抱かせるのは
こういう事かも知れませんね。
楠本まきさんのnoteが1月、インタビュー記事が4月。で、同年6月にぷりきゅあで"少女漫画はSFやファンタジーは売れません、カッコいい男性との恋愛がないと!"て編集者の言葉をそれは違うとプリキュア達が打ち消すってすごいスピード感というか、感度だなあ。。
だいすきな漫画家・楠本まきさんの記事🎀

いわゆる少女漫画が苦手なわたしが、
まきさんの「kissxxxx」とゆう作品が
例外的にとてもだいすきな理由について、とても納得がゆきました🤔🤔🤔

kissxxxxのヒロインのかめのちゃんになりたいとずっと思っている🌞
「O型男性とA型女性の血液型組み合わせバイアスのかかった漫画は滅びればいい」バイアスを語るならメディアの方々はこの事実を避けて通れないんじゃないかな(笑)…
楠本まきさん。作品、好き。
先月?楠本まき氏のこの記事が大論争を読んでいましたが、話題の『妹の姉』の件とかもまさに「ガイドライン」の必要性を感じる案件では
「既にバイアスがかかっている状態の漫画家さん自身が気づくのは、やっぱり難しいんじゃないかと思います。そういう意味では、どちらかというと編集の人たちに気づいてもらいたいんです。」
「少女漫画は、もっと少女の考え方や生き方を自由にするものでなければ、それは少女に対する裏切りではないか」

冴えない少女が、学校一のイケメン(実家が太い)に突然告白されて?!

…みたいな物語は、読者が大人になったらまるで役に立たない価値観を再生産する。
楠本まき35周年の方に衝撃を受けて内容が頭に入ってこない
問答無用でそういう表現をなくすのではなく、そういう表現については必然性を確認する、くらいのガイドラインを想定しているとのこと。
本文読まずに馬鹿にしちゃいけないから、頑張って読んだが、死ぬほどくだらない記事だった。こんなお花畑の理想の実現には人間やめるしかない。

何かを抽象化した時点でバイアスが生まれてるんだから、それを否定するなら神になるか獣として生きるか、どっちかだわ。
わたしもかめのちゃんになりたかった。kissxxxxの世界観に狂おしいほど憧れたな〜。と思いつつ、まき先生の聡明さに胸がぎゅーってなった。この記事。
言ってることは、めちゃくちゃ納得。
少女漫画のあり方、少年漫画の女性の扱い方。

で、この人の漫画を読むと独特で、この世界観でしかジェンダーバイアスのない世界は実現できないのかーと、そらを仰いだ。
同意。漫画やアニメってジェンダーバイアス多過ぎる。 -
哲学科に行った漫画家が発言してくれてる。黙っているのはいけないんだな、と思ってみんな発言してるけど、発言すれば不理解に出会うからしんどいはず。感謝
これ、多分少女漫画に対してなんだろうなとは思うけども。
記事の主張と内容に感じたパターナリズム的なものと、少女の自由意志の捨象について。考察したツイートのまとめ。
作家のデビュー時の年齢の低さが少女, 少年漫画のジェンダーバイアス一因になってるってのは、ほんとその通りだと思う。
バイアスは滅びればいいという話は最近富に聞くけど、人間の思考はバイアスというものに生物的に依存してるから、滅ぼした場合、人間も滅びると(文字数
確認。これ、記事を構成した人間の責任になるか。
2019年04月10日『「ジェンダーバイアスのかかった漫画は滅びればいい」。漫画家・楠本まきはなぜ登場人物にこう語らせたのか/ハフポ』
@ayutaki この記事で語られているのは、
・現実世界のジェンダーバイアスに囚われてしまっている少女漫画家が、無意識にそのジェンダーバイアスを反映した作品を描いてしまい、(特に幼い)読者もその影響を受けてしまう
という、ジェンダーバイアスの「再生産」の話だと思います。
なんか女つら
「男はこうあるべき」「女はこうあるべき」という古い価値観に縛られた少女漫画は自殺に向かっているようなもんだよと言う話。
少年漫画も同じと思う。
楠本まきさん好きだったんだけど、最近読んでなかった。このインタビュー、本当に「ああ!ああ!そうか!」ってなったよ(語彙力のなさよ)
「ジェンダーバイアスのかかった漫画は滅びればいい」
何もわからない幼い時期に間違った影響を刷り込まれる怖さ。
「少女漫画はもっと少女の考え方や生き方を自由にするものであるべきで、そうでないならそれは少女に対する裏切りだと思います。」あっぱれ!!!
ジェンダー教育を漫画に丸投げすること前提で話が進められてるけど、こんなんでバイアスがかかるならそれは単に親の教育不足だよね
創作物と現実をごっちゃにしてはいけないって、親から習わなかったの?
いや己がそういう作品作りたくて作るんならまだしも「禁止ガイドライン」は頭おかしいわ。
日本のリベラルは選択の自由の幅を増やすのではなく、逆に狭めてるいい例だ
この件に関して、ジェンダーバイアスとセクシャリティを混同している人が多すぎると思います。

巨乳や妹属性などの性的記号をなくせとういう話はされてないのでは
記事中「作品がヒットしたことで、私は描きたいことを自由に描けるようになった」
ここ重要で、殆どの漫画家(作家)は自分が好きなものなんて描けない。ジェンダーバイアスのかかった漫画を生み出させてるのは他ならない読者であるかもしれない。
理念としては分からなくは無いんだけど「ジェンダーバイアスを完全に排除する」となると「理想的な恋人が欲しい」とか「お金持ちと結婚したい」みたいな方向性の少女漫画が全滅して業界としては保たないんじゃ無いかと言う…
↓記事内でインタビューを受けた漫画家は少女漫画雑誌と絶縁してから、へのへのもへじ調の絵で
「ジェンダーバイアス(女性・男性とはこうあるべき)のかかった漫画は滅びればいい」
というセリフを書くべきだったんだな。
デキる女子の絵で言わせること自体、矛盾だし。
楠本まきさんのインタビューかっこよかった…「え だってジェンダーバイアスに『よいジェンダーバイアス』とか『許容範囲のジェンダーバイアス』なんてないんですからなくなった方がいいですよね?」ってコマ強すぎる 赤白つるばみ読もう
まあ不用意な記事だなとは思うが百歩譲って「作家も編集も省エネにジェンダーバイアス使うような怠惰はもうよせ、そんな時代じゃねえんだ頭を使え、お前の撒いた毒が読者や次世代の作家の血肉になってしまう可能性を忘れるな」という話なら多少分かる。
このコマ、悪い捉え方で盛り上がってたけも、楠本先生の話はすごく納得感ある。意識的より無意識的な方が質悪い、気をつけよう。/
「女の子はピンクが好きなものだ」というのはジェンダーバイアスだろう。では、「ピンクが好きな女の子キャラ」はジェンダーバイアスだろうか? 女性キャラが全員ピンクを好きでない作品がジェンダーフリーなのか? / “「ジェンダーバイアスのかかった漫画は滅びればいい…”
記事の方が柔らかく思える。>>

ジェンダーバイアスのかかった漫画は滅びればいい」。漫画家・楠本まきはなぜ登場人物にこう語らせたのか
すごく読み解くのが難しい。意図のあるものではなく、「不作為な」バイアスを消したいと言っているのは大事だけど…。/
「ジェンダーバイアスのかかった漫画は滅びればいい」
「少年漫画誌に出てくる女性のキャラクターには性格や意志がないというか、人格がないというか。そうじゃない作品もあるんですが、少ないですよね。読んでいてしんどいので。今は変わっているといいな、と思います」
あ、なんか希望あるな、この漫画家──
「女子大学で哲学科に行った…」でピンときて調べたらお茶ノ水大OG(末尾にも記載あり)。素晴らしいな…。
楠本まきさんのこのインタビューについて、現役の編集者があまりまともなことを言ってないように見えるので、俺でいいのかという思いもありつつ、以下、ちょっとダラダラとツイートさせていただきます。→
やっぱ楠本さんの絵好きやなぁ。
読んでて涙出そうになった。
前回は全然読めてなかったんで、もう一回本腰を入れて読みました。「間違っちゃいないけど、それが正解というわけではない……」としか言えない記事だ
話題のジェンダーバイアス撲滅論、眺めてみましたが、正直さっぱりわからない。ゼロトレランスで、いったい具体的にどういう作品を目指してる漫画論なのこれ…。
「ジェンダーバイアス禁止のガイドラインを」とか言ってるけど逆に「そう言うものしか描けなくなる縛り」が発生するけど、そんな事も理解出来ないのか。
シンデレラも眠り姫も、桃太郎もギリシャ神話も滅びろ(意訳
?

ncid=other_twitter_cooo9wqtham&utm_campaign=share_twitter

私は古い人間でジェンダーバイアスに固められて琥珀の中の虫みたいになってる。後の人は気づいて!
「弱虫ペダル」は、寒咲幹ちゃんがマネージャーではなく「寒咲サイクル」の視点からレースを見てくれればいいのになーと思う。
これを引用ツイートすると、下に漫画のコマが見えますよね? ここで、女性がジェンダーバイアスのある漫画について語ってるじゃないですか?
「KISS××××」大好きで全巻揃えてた。
楠本先生が言ってること、よく分かる。そういう自分の中にもバイアスはまだまだあるから、意識しないと。
オロチ丸が出てくる話面白かったよ
オロチマルみたいなのに面倒みてもらいたい
おやすみなさいと言った後に、大好きな作家さんの素晴らしいインタビューを見付けてしまう。
明日ちゃんと読も。

楠本まきさんの漫画は、完璧な人間が出てこないの。
皆どこかが優れていて、大きく欠けている部分がある。

今度実家から楠本まきさんの漫画持ってこよう。
本人は「私はジェンダーバイアスフリーだお前らも見習え」とは言ってないのに、お前の漫画もジェンダーバイアスまみれだろ、とか指摘するの不毛すぎ
あくまでも斜め読みをした感想だけど、「じゃあ、どういう漫画がジェンダーバイアスがかかってないの?」と思った。
恋愛はダメ。「オシャレしたい」「恰好良くなりたい」もダメ。
ジェンダーバイアスのかかってない漫画って結局、感情表現を押さえ付けてるだけでは?
タバコも、飲み過ぎも、ジェンダーバイアスも、ヘイトスピーチも、過度の糖質も、倒錯した過度の性欲も、体に悪いから規制があっていいし、紙面掲載のガイドラインはあってもいい。

「ジェンダーバイアスのかかった漫画は滅びればいい」。
ただ、ステレオタイプ(よくある→当たり前のように女性・男性らしく振る舞う)の人物描写はキャラを掘り下げていないからダメというご指摘は、というのは面白かった。ごもっともですねw
フルフェイスのヘルメット被ったヤツがドングリを拾うだけの漫画くらいしか思いつかない
そのルールは自分だけでやってもらいたい、みんな真似したら貴女の勝ちだ!
何を基準としてジェンダーバイアスとするのかは問題だなと。

たとえば、スーパーマリオは、ピーチ姫を「助けられるだけの無力な存在」として扱うから女性蔑視?
ごく当たり前のことしか話してないし、絶対に描くななんて微塵もないやんけ。アンチフェミが人体発火してただけじゃん……
「性的に異様に誇張」といいこの「ジェンダーバイアス」といい、曖昧な言葉でなんかそれっぽいことを言う人が定期的に出てくるな。
いつか読み返す日のために②
「あれ…?」って思いながら読み進めると最高の種明かしが待ってた。
いつか会いにゆきたい。
「なかよし」懐かしいね。昔に比べて、漫画の量は、増えてる気がする。書店の漫画コーナーが凄く広くなっているので。
というかKISSxxxxのかめのがジェンダーバイアスからフリーかっつうとそんなことないよね。むしろ彼女は極めて「女の子らしい」存在だった。でも、だからこそ、"当時少女だった読者の方たちが「私はかめのちゃんになりたかった」と言ってくれ"たはずなんだ。多分男の子も。
?
この人の漫画読んだこと無いが面白い。
なぜにこれが炎上するのか。漫画のコマに反応する人は創作と現実を分離できていない人だな。
TLに流れてきたので読んでみたけど、これ、思い込みに流されてないかちゃんと検証してから表現しようと言ってるだけでしょう。何が問題なのかよくわからんです。
「女性がお洒落したり化粧するのを否定するのか!」なジェンダーバイアスを女性にかけてくる差別的なミソJJIがTwitterには多いな😒しかも定番のリベチン野郎だ😂
偏見や主張のない創作なんて誰が有り難がるねん
なぜ表現の世界まできっちり線引きをしたがるのか。ステレオタイプも否定しない、胸くそ悪きゃみない。雑誌で済み分けがされてれば良い。と私は思うけど、違うからこそ女子力高い二次元に憧れる。表現の世界は書き手の押し付けじゃなく読み手が選びとるものだと思うんだが。
少女漫画ほぼ全否定じゃん
よくぞ言うた!という文章。『Kissxxxx』は私にとっても特別な作品。→
楠本まきさんは何も間違ったことは言っていないと思った。なんで炎上しているのかわからん…。
なぜ他人を縛る方向のことばっかり考えるんだろうか。自分の考えた「正義」で世界を染めたいという欲望だろうか。
これではただのネトフェミみたいに見えるタイトルの付け方がくそさん
集英社の少女漫画雑誌とか女の子らしさの刷り込みそのものだろ。

楠本まきも厄介だなぁ。ジェンダーバイアスのかかった少女漫画を批判するなら、せめて秋田書店か白泉社あたりが良いのでは?

(白泉社は男性向けはひどいケドね。)
その当時は、「なぜだ、この場面でこの人は絶対にタバコを吸っているはずだ、描かせろ」と、編集部と戦ったものです。負けましたが...だったら同じように、ジェンダーバイアスにも何らかのルールを作ればいいと思うんですよ
私が少女漫画苦手だった理由は今思うと結構このあたりにあって、紋切り型のキャラクターがよくある流れでドタバタラブコメするのなんて何が面白いんだって思ってた
読みました。
「だいたいオタマって持って歩かないですよね。しずくが滴るから。 」
ジェンダー関係ないけど、リアリティをもう一回ちゃんと描くべきだよねって話かな
ステレオタイプはあくまで平均であってあなたではないよねって
1990年頃の江原由美子というと、『女性解放という思想』『フェミニズムと権力作用』を書いていた時期か。江原は主体と権力の関わりから性別を考える面白い議論をしていて、その成果が『ジェンダー秩序』(2001)に結実している。
めっちゃわかる……ジェンダーに限らず、無意識のバイアスがかかった作品ってほんと多い……
自分が読んできた少女漫画って「女の子は自分を磨いて、結婚して、幸せになるんだ」よりも「己の信じる道を行け」「自分らしく生きたもん勝ち」タイプの話が多かったから、少女漫画によってジェンダーバイアスを植え付けられるなんてことは無かったけど少数派なのかな。
“かめのちゃん”というキャラクターは、自分の容姿にうじうじ悩むこともないし、ややトロくても全く卑下しない。誰にも尽くさないし、男の子がいてもいなくても楽しくやっていけます。もちろん女子力アップも目指しません。
自分が良いと感じた価値観の押しつけにしかなってない気がする。
今現在あらゆる場面で見られること
「もう100年前みたいな話には、夢も希望も感じられないからじゃないでしょうか」 | ハフポスト
@ellitic 〈バイアスのかかった表現については「なぜこれを描かなくてはいけないのか」と作家に説明を求めて、(編集部が)納得させられたら載せるし、納得できないものは載せない。そういうガイドラインを、他の差別的な表現に対してと同様にジェンダーに関しても作ればいい〉
@iibesha そこは否定しませんし、件の作家さんもそういった考え方だと思います。ただ「出版社はすべての創作物からそれに反する表現を排除しなければならない、その為のガイドラインを設けなければならない」というのは違うと思います。
「〇〇はあってはならない」という「意見の押し付け」は、身勝手なジェンダーバイアスよりずっと悪質だし、そもそも人の創作物に編みかけてケチつける馬鹿の戯言は批判されて当然。
少女漫画とジェンダーバイアスについての問題提起
でも今話題のこれ読むと、うーーーん今後の身の振り方…ってなる。性癖というか萌え的なこともあるしな…でもわたし女児育ててるしな…みたいな。
昭和のTVアニメは、可愛い従順な両親の揃った中流家庭のお嬢様でないと主人公の男に選ばれない、というすり込みを与えた。俗に言うお嫁さんにしたい女性。別名つまんない女性の典型。

サザエさんにおける、かおりちゃん。ドラえもんにおける、しずかちゃん。
友人からこの記事が送られて来た。友人いわく「たなとさんの作品の設定の細かさは、バイアスのかかってない個人主義の漫画に通じる」
そうなんす。王道展開とか予定調和とかセオリーから作られてないんです。
娯楽なのか思想なのか /
問題意識自体はわかるが、それは作家各々が作品の無意識に押し付ける価値観に責任持とうねって話になるべきで、ガイドラインははっきり行き過ぎ
「「なぜこれを描かなくてはいけないのか」と作家に説明を求めて、(編集部が)納得させられたら載せるし、納得できないものは載せない」

納得、という言葉を使ってはいるけど、売れてる作家とそうでもない作家で、書けるものに差が出そう。
ジェンダーバイアスに「いいジェンダーバイアス」も「許容範囲のジェンダー」もへったくれもねぇわ。ほんとその通りだわ。
単純にキャラクターが完全に作者の意見を言わせる為だけのアバターと化してる漫画は大抵ロクな漫画じゃない。あと背景くらい描け。下書き同然の時の冨樫だって、もう少し描き込んでるぞ
ジェンダーとそれ以外のバイアスを差別するの?
HUFFPOST 「作家さんたちがとても若くしてデビュー……わずかな人生経験の中で無意識に刷り込まれた頭で作ったものを、作品として発表するという構造になっている」
これは完全に似非フェミの言い分。
結局言いたいのは
「私の気に入らない表現は消えてなくなれ」でしかない。
てめえの歪んだ思想を押し付けるな。
@wakaisaikawa あの、議論なら歓迎ですが個人攻撃はおやめください。
私のフォロワーが何人だろうとあんたには関係ない。

なお「ジェンダーバイアスのかかった漫画は滅びればいい」「ジェンダーバイアス禁止のガイドラインを」と言ってるのだから藁人形でもなんでもない。
何かある単語中心に論を立てるときには、その語の定義、範囲の線引きをきちんとしてからにして欲しい。例えば、下のセリフを喋っているキャラを私は女性と認識できるが、それはジェンダーバイアスではないのか。
?
楠本氏は「性的偏見は根強いしその再生産に漫画も荷担している。充分考えない作家が手癖で人物造形してしまうせいもあろうし編集も指摘し切れない。だったら注意するポイントは予め示しておけばいい。その先は議論で」(要約引責瀬川)ということ言ってるんじゃないですかね。
「ジェンダーバイアスのかかった漫画は滅びればいい」というのは同意できるが、その実現方法が「ジェンダーバイアスのない面白い作品を作る」ではなく「ガイドラインを作る」というのは、表現の敗北だと思う。 / “「ジェンダーバイアスのかかった漫画は滅びればいい」。漫…”
この際この記事をきっかけにみんなで世間に潜んでいるバイアスを炙り出して見ようよ!メディアの方々がいかに日頃からバイアスをかけているか明らかになるよ。…
本人がそういう作品を作りたいなら作ればいいと思うけど、そこに外部からの『こうあるべき』って思想が入ってしまうのはどうなんだろ。
……ただコレは、そういうことを言ってるんじゃなくて、つまるところ「不用意に不必要にソコに乗っかった表現」を表現者は各々気をつけようってのが趣旨でしょう

赤白つるばみ・裏の、このコマが、どういう経緯で発生してるのか、作品の背景をもっと編集側で紹介して欲しかった……そうじゃないと判断しきれない部分が多い
この記事に怒って反論を試みた人は漫画のキャラの発言に怒ってるわけでブーメランだよね……れいわ新撰組の「今の権力者って誰だと思ってるの?」と似た感じを受ける
遅ればせながら読んだみたけど、とにかく線引きがすげえ微妙そうでつらそう。やっぱ滅びろとか考えてる人のアイデアだと思うと身構えてしまう / “ | ハフポスト”
少年漫画の女性には性格や意志がない、とのことだけど、『あしたのジョー』のけなげな少女・紀ちゃんがジョーをあきらめて結婚する日の表情に意志を感じたな。
んー、ジェンダーバイアスを”全て”取り除こうって事かな?それは男女の概念が失われた世界しか描けないのではなかろうか。けもフレとか、宝石の国もそうかな?
「ジェンダーバイアスのかかった漫画は規制すべき」とあるけれど、バイアスがかかっているかはどうやって判断するんだろう。婚活と女子力ネタばかりだから、作家も作品もバイアスがかかっている!との主張だけど、それだけだと根拠にはならんし、表現の自由はどーなるのか。
@koalacat6 @akebono518 なるほど。この漫画家さんの意見、実現するといいですね。
誰かと思ったら楠本先生か。
あの細い線、真似したけど出せなかったなー。
ざっと読んだが理解できなかった。
単行本になった時に煙草が書き込める話は面白かった。
「ジェンダーバイアスのかかった漫画は滅びればいい」。漫画家・楠本まき
なつかしい漫画家さん。ジェンダーバイアスはそこここで見るし嫌だと思う。私こどもに女子力という言葉は絶対使わない。でもメディアで見るからこどもが口にしてくるの。イヤ。
少女漫画はもっと少女の考え方や生き方を自由にするものであるべきで、そうでないならそれは少女に対する裏切りだと思います。
胸焼けがするほど甘ったるいロマンス本やハーレクインの漫画本が大好きなので、ジェンダーバイアスのない漫画が滅んだら純粋に寂しい。
この話に限ったことではないが、こういうのを錦の御旗にして、自分が嫌いというだけで無制限に禁止範囲を拡大する輩がいる内は、これはただの危険思想でしかない。
話題のコレ 「ジェンダーに限らず、バイアスなんてない方がいいに決まってます」の辺りで多重に誤認だと思う。男女平等すら、
男性側「本当にいいの?(二枚舌じゃね?)」
女性側「(ガラスの地下室などをよく考えると)少しは差別して欲しい」
てな事例が多い。
メモ あとでちゃんと読む
「嘘つきは泥棒の始まり」なら、「ジェンダーバイアスは宅間守や木嶋佳苗の始まり」だな。あの二人は悪い意味での「男らしさ」や「女らしさ」のパロディだから。
「それは表現の自由を侵害することにはならないと思います。だいたいジェンダーに限らず、バイアスなんてない方がいいに決まってますから(略)」
「少年漫画誌に出てくる女性のキャラクターには性格や意志がないというか、人格がないというか。」
そうかな?作品名は何だろう?
思い出してもそういうキャラクターがわからないのだが?
きっついなー /
…別にそれほど非難されるようなことは言ってないように見えるが…しかしまあ、フェミに敵意がある人だと激おこになっちゃうのかもしれん。
すいません、真剣な話なのに最後の「来年個展で関西は初めて」で全部吹っ飛んだ。
御大の個展とは!下手すりゃ皆勤賞取るかも…嬉し泣きしそう。
女の子らしさとは。
ようやく読んだけど、納得の内容だった。既存のバイアスから脱する方が、そもそも読んでて面白いじゃん、って俺は思う
考え方としては面白いが、さてね。「ガイドラインで補正を掛けて表現を規定する」というところの難しさ。なんとなくだけど、次世代の女性漫画編集者を育てた方が早い気もする。 / “「ジェンダーバイアスのかかった漫画は滅びればいい」。漫画家・楠本まきはなぜ登場人物に…”
数日前からジェンダーバイアスって単語をTLでよく見かけるなぁと思ってたけど、大元の記事をやっと理解した
「私、一度だけ、エプロン姿にオタマを手に持った『お母さん』を描いたことがあるんですね。(中略)ただ記号としての『お母さん』を使ったわけです。(中略)ステレオタイプを描いちゃうのは、キャラクターの設定を詰めきれていないということでもあるんですよ」
業界内の自主的な規制のガイドラインは、公規制に利用されることは過去の事例から明らかであり、明確な表現規制の扇動です。ジェンダーバイアスとは表現者の内面の投影であり、そこに善も悪もありません。
?
ncid=other_twitter_cooo9wqtham&utm_campaign=share_twitter
そういえば、女性が好きな男性に気に入られるように頑張るということをずっと知らなかった。つまり…
なんかいろいろ考えてしまった。私すごくこのバイアスに染まっていた。今はすこしましになったと思うけどもたぶんまだ。
極論かもしれない。でもこのご時世作者の思いは不特定多数の人の目に届く。そして拡散される。現状がベストかどうかの議論がいると思う
記号的な要素として扱ってる面が多い現状でこれを完遂するのは大変だろうけど頑張って欲しい
見出しは過激だけど内容はすごく柔らかくてこれなら多くの人が納得するはず。
ずっと少女漫画が読めずにいたけどこの楠本まきさんのだったら読みたい!!
女の敵は女、みたいな印象だけども少女漫画に詳しくないからこの人の言ってることが理解できないし、誰も求めてないガイドラインなんぞいらんのでは
単純に、女性作家がジェンダーバイアスを前提とした作品を描いたらどうするんだろ。「洗脳されているから矯正施設に送れ」か「いるはずない」か、はたまた・・・→
これにオタク連中がやたら反発してる理由はわかりすぎるくらいわかる。何でってあの人らは完全にテンプレ化されたキャラクターやストーリーでないと「面白いと思えない」感性の持ち主でさ。「表現の自由」とは何の関係もない(嘲)
もっと見る (残り約393件)

記事本文: 「ジェンダーバイアスのかかった漫画は滅びればいい」。漫画家・楠本まきはなぜ登場人物にこう語らせたのか | ハフポスト

関連記事