TOP > その他のニュース > 安倍首相、天皇陛下に謝意 「国民に明日への勇気と希望を与えてくださいました」 【国民代表の辞全文】 | ハフポスト

安倍首相、天皇陛下に謝意 「国民に明日への勇気と希望を与えてくださいました」 【国民代表の辞全文】 | ハフポスト

「天皇陛下は皇后陛下とご一緒に国民に寄り添い、被災者の身近で励まされ、国民に明日への勇気と希望を与えてくださいました」

ツイッターのコメント(11)

肝心の場面で漢字も読めないこんな馬鹿が国民の代表だなんて情けないやら腹が立つやら。しかも練習や準備すらした形跡がない。このクズは代表どころか国民ナメきっている。
昭和天皇への最後の言葉を安倍首相が述べましたが、大事な儀式で漢字が読めず大失敗をしました。天皇陛下へ「末長くお健やかにあらせられますことを願って已みません」を「願っていません」と、素養教養がないのは前から分かっていたが一番大事な儀式で漢字が読めないとは。
嘘です。安倍晋三はこのようには言ってなかった。声は誤魔化せない。
陛下への謝意を言う安倍。この場面で後半にやらかす
「お健やかにあらせられることを願ってやみません」を「お健やかにあらせられることを願っていません」
歴史的失言!
☛ 【 弥栄イヤサカ 】が〔 繁栄 〕と翻訳されてる。( ̄~ ̄;) 原文そのままでは不都合?
「 国民に明日への勇気と希望を与えてくださいました 」 【 国民代表の辞全文 】
今朝の新聞を読みながらつらつらと思ったのだけど国民を代表するなら総理大臣じゃなく衆参議長じゃなかろうか、国会は国権の最高機関なのだし。総理は行政府の長に過ぎない。
下村ただしが気になるニュース→安倍首相、天皇陛下に謝意 / #小さいものの偉大さ。幸せとはココロの平和
オリジナルはこちら↓(安部さんごめんなさい)
その通りです。あなたとはちがって。
まさにこの30年間、国民に勇気と希望を与えてくださった。

自然災害なども多くあった中で積極的に現場へ向かわれ、被災者の方々に元気を与えてくださっていたお姿はテレビを通しても元気をいただけるものでした。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR