TOP > その他のニュース > 長男殺害した容疑の元農水次官が供述。川崎殺傷事件を念頭に「長男が子どもたちに危害を加えてはいけないと思った」 | ハフポスト

長男殺害した容疑の元農水次官が供述。川崎殺傷事件を念頭に「長男が子どもたちに危害を加えてはいけないと思った」 | ハフポスト

17コメント 登録日時:2019-06-03 13:23 | ハフィントン・ポストキャッシュ

「殺すしかない」との趣旨のメモ書きが見つかっていたことも判明。警視庁は、容疑者が精神的に追い詰められていたとみている。...

ツイッターのコメント(17)

引きこもりの息子と息子を殺した親父、どちらが狂っているかは明らかです。
狂った親父の勝手の妄想です。
勝手に生み出されて失敗作に育ったら殺害。

子供がひきこもりになる親は教育が下手。

こいつは自分の罪を出来るだけ軽くしようとしてる。

長男殺害した容疑の元農水次官が供述。

川崎殺傷事件を念頭に「長男が子どもたちに危害を加えてはいけないと思った」 | ハフポスト
皆様への質問:息子は他人を攻撃することが心配だったら、彼を殺す以外に対策はいくらでもあったはずでしたが、具体的に日本の場合それは何でしょうか?そして、何故マスコミはそれをこんな報道を伴って紹介しないでしょうか?
がその日起こったことも悲劇だが、セットで考えなければならないのか。どうしてひきこもりになるのか、、
、を教育関係者だけでなく、政治家がない頭、働かせて向かい合い、もっと相談する場がないといけない。
川崎の事件の報道の仕方も振り返る必要があると思いました。
引き篭もりは、引き篭もるだけの財力(親含む)に余裕があれば特に問題ないと思うけど、暴力的な奴は本当に良くない。
ファンタジーの域で子が親を殺せずにいると、現実世界で親が子を殺めてしまう悲劇。ここまで到達せずとも、その数本手前で苦悶する親子は、世にそれなりの数在る。
マジか。。切なすぎる →
長男殺害した容疑の元農水次官が供述。 “非常に難しい問題。何が正義なのか?何が正しいと言われる選択なのか。刑には当然服すべきだけど本人はその場では「正しい事」として悩みに悩んで選択した。責められない。二次災害だよ。マスコミ達よ。”
「他人に危害加えそうだから殺した」のなら、容疑者も他人に危害を加える人間と大差ない。
「引き篭もり報道」や「一人で死ね」の影響は。それらが「危害を加える前に息子一人を殺そう、それが最小限の被害」という発想を後押ししてしまったかもと懸念する。
元農水事務次官の息子殺傷事件で、確かに被害者なのだが、報道でこのドラ息子を英一郎さんと”さん付けで”いう事に違和感がある!
年老いた親に殺害を決意させた苦悩は計り知れない。
この父親を無条件に叩いているアカウントって、よっぽど完璧な人格者なんだろうなぁ
この現実を我が身の事として受け止められるか。

» | ハフポスト
だからといって実の息子に手をあげていいということにはならない。
中学までどうやって子供と関わってきたんだろう>>
以上

記事本文: 長男殺害した容疑の元農水次官が供述。川崎殺傷事件を念頭に「長男が子どもたちに危害を加えてはいけないと思った」 | ハフポスト