TOP > その他のニュース > ブラックフライデーを「放棄する」企業、何が起きているのか?その皮肉な現実 | ハフポスト

ブラックフライデーを「放棄する」企業、何が起きているのか?その皮肉な現実 | ハフポスト

37コメント 登録日時:2019-11-27 13:35 | ハフィントン・ポストキャッシュ

1年で最も買い物客が多い日、自らそのチャンスを放棄する企業がある。しかし実際は......

ツイッターのコメント(37)

ブラックフライデーどころか1年中、使いもしないものを誇大な宣伝で売り付けてる業界があるよね(笑)

「私たちはブラックフライデーが地球や消費者に優しいイベントだとはもはや感じません」
ブラックフライデーだからっつって、なんも安くなかったけど?→
こういうの読むと、いま日本で定着させようとしている『ブラックフライデー』とやらが、本家のショボい劣化コピーに過ぎず、しかも売り手の環境意識においては周回遅れなのがよくわかる。
消費者が喜ぶ事は…全て企業や従業員が喜ぶ事じゃないよね
ほんとうに欲しかった物が買えたらいいけど
ブラックフライデーかあ…未だ日本はあんまり浸透してないから大丈夫な気はするけど
従業員への負担も大きいブラックフライデー

足るを知る
割引する位なら休業。なんかマイクロプラスチック問題をストローに矮小化したのと同じ闇を感じるのだが。かたや環境問題を盾に割引を拒絶。かたや環境問題より経済活動が大事。う~ん('A`)
セールなど問題ではなく、それが今必要かどうかと、適正価格であるかで購買の可否を決めた方が合理的。
そう思わんか。
もちろん、ブラックフライデーをボイコットすれば万事解決というものでもなく。この記事にあるとおり、ジレンマだらけなんですよね。でも、大量消費がいろんな意味で問題なのは、直視するべき現実だと思います
オクガフカイネ
ポトラッチが変形して全米を蝕んでいるだけと思ったのはオレだけか? 笑
日本はいろんな分野で半周遅れになってる気がするなぁ。
REIだとかパタゴニアだとか、逆張りすんのが支持者にウケそうなとこばっかりやね。それもまたザ・資本主義。
シンプルを追求するThe Ordinary、さすが
「消費社会をひっくり返す深い文化的および経済的変化でもない限り、「倫理的消費」は幻想だ」
なんでマネしたがる・・・ マネされるように頑張らない日本の負け組企業たち。
"フラッシュセールでは、売り切れのおそれに駆られて急いで購入を決断することがよくあります。私たちはブラックフライデーが地球や消費者に優しいイベントだとはもはや感じません"

を放棄する企業が出てきている、という話。
>“「必要な消費があり、それから人生と贅沢を楽しむための消費があります。そして、私たちのような消費社会でかなり蔓延している衝動的な消費があります。 それらはすべて環境に有害ですが、一部には正当化しやすいものもあります」“
そもそもたいして安くない
買おうと思ってたものが安いんならいいけどちゃんと通常の値段見て比較して買ってる人なんているのかね
独身の日とかブラックフライデーとか

1年の売上の50%を占めるとか

平均的に売上あったほうがいいに決まってる

アホやろ

放棄は正解

今更取り入れるイオンとかアホの極み
物をを増やさない、その為にゴミも減る。テイクアウト等も食物を小分けにしてビニール袋や食品トレー等、食べ方によってゴミが出るから考えた方がいいと思う。
デジエム「「過剰な大量消費は地球にとって最大の脅威の一つです」


DTMのソフトは関係ないから遠慮せず買いましょうw Buy before Try!
中間搾取も何も欲しい物が無いし、買っても消費する時間が無い。
記事にあるように海外では、ブラックフライデーと逆の動きがあるけど、日本は今年ブラックフライデーのセールが目立ってる気がする。

PR的な逆張りで言えば、日本でもブラックフライデーからグリーンフライデーへと言う企業が出てくるでしょうね。
( ..)φ→「1年で最も買い物客が多い日、自らそのチャンスを放棄する企業がある。しかし実際は...」【 | ハフポスト】
豊かさとは何か、この問いへの価値観のシフトこそがの本丸だと思っています。
時差でちょい早ですが、Happy Thanksgiving!

ちなみに日本では先週末のAmazonセールでBlack Fridayが終わったかのような雰囲気ですが、本当は明日です。

近年日本でも取り入れる企業が増えてるけど、海外ではボイコットする動きも広まっているみたい。
シンプルに考えすぎだと思うな🤔
ブラックフライデーとプレミアムフライデーを勘違いした人がここにいます。
ブラックマンデーにしよう
「従業員にはその日も給料が支払われるという。」…という表現に日本の企業じゃない感がにじみ出ます
ハフポストUSの記事は面白いな…
要するに、ブラックフライデーだとライバル多いから、避けたってだけでしょ( ゚Д゚)y─┛~~ それを綺麗事でラッピングしてるだけじゃん。
最近のネットやリアル店舗の過剰なセールは皆が疲弊するだけの感がある。
フランスでは「金曜日を再びグリーンに 」という理念の下に組織された200のブランドの集まりが、ブラックフライデーの一切の割引を避け、売上の10%を非営利団体に寄付することに同意。
「目的はブラックフライデーとその背後にあるものを非難することです」と
"アメリカのサンクスギビングデーの翌日に開催される大セール、「ブラックフライデー」。2019年では11月29日に"。日本では amazon @AmazonJP などが(その意味を理解せずに?)先週金曜に行なった "ブラックフライデー"。今週金曜も amazon はシレッとやるのかな?
そんなバカなマン~
以上

記事本文: ブラックフライデーを「放棄する」企業、何が起きているのか?その皮肉な現実 | ハフポスト

いま話題の記事