TOP > その他のニュース > 「私は性的嗜好で人を差別しない」バレット氏が同性婚について聞かれ発言、LGBTQ当事者らが反発 | ハフポスト

「私は性的嗜好で人を差別しない」バレット氏が同性婚について聞かれ発言、LGBTQ当事者らが反発 | ハフポスト

トランプ大統領が最高裁判事に指名したエイミー・コーニー・バレット氏が、公聴会で発言。性的マイノリティを侮辱する誤った表現だとして、批判が上がっています。

ツイッターのコメント(22)

ギンズバーグ氏も空の上でがっかりしてるのでは?
この件に影響を受けたとしか思えない

「私は性的嗜好で人を差別しない」(米最高裁判事候補)バレット氏が同性婚について聞かれ発言、LGBTQ当事者らが反発
アメリカは「反LGBTQ」への動きが加速?
確かに、今の時代に "性的嗜好" は、ちょっとないな。すでに謝罪しているようだけれど。
同性婚を認めないことがすなわち差別だとは思わない。LGBTの支援団体の言動を見てると、まるで共産主義の活動家のように思える。
海外のLGBTの問題ってほんとにシビアだなぁ
タイトルではどこが炎上要素なのか分からなかった
これは社会情勢によって言葉のニュアンスや意味が変化する一つの例ですね。日本語においても気をつけないといけないかもしれない。
めんどくせーなー。
コイツら、何て言って欲しいんだ?判らない。
一般的な性的嗜好を持つ多数派にも言わせろ。
差別はしない(好きにやってろ)が近寄ってくるな!
「私は“性的嗜好”で人を差別しない」――トランプ大統領が最高裁判事に指名したエイミー・コーニー・バレット氏の発言が、LGBTQ当事者や権利支持者たちから強い反発を招いた。
英語版の記事が見つけられなかったので正確なことは分からないが

性的指向(sexual orientation)でなく
性的嗜好(sexual preference)という言葉を使ったのなら
言葉に対する認識の甘さ
差別に対する鈍感さ
脳みそアップデートしてなさは
批判されて然るべき。
性的指向⭕️
→「私は性的嗜好で人を差別しない」バレット氏が同性婚について聞かれ発言、LGBTQ当事者らが反発(ハフポスト日本版)
‼️

「性的嗜好」という言葉は間違っており、侮辱的‼️セクシュアルアイデンティティと言え‼️

SmartNews
日本語で読み上げると訳わからんくなる系
残念ながら我々にはこのニュアンスの差はわからない

「私は性的嗜好で人を差別しない」バレット氏が同性婚について聞かれ発言、LGBTQ当事者らが反発(ハフポスト日本版)
性的嗜好という言葉は時代遅れで差別的なのね
「私は性的嗜好で人を差別しない」と言ったら、「性的嗜好」という言葉自体が差別的と批判されたって。内容あるはずの議論が単なる表現の問題に矮小化される。これがポリティカル・コレクトネス大国の病。
「どの性別が恋愛対象となるか」は「性的指向」であり,先天的で意志による変更が不可能なものです。
これに対し性的嗜好という言葉を使うことは差別であり無理解です。
この発言が侮辱?彼女が嫌いだから言葉尻を捉えて屁理屈で言いがかりを付けているだけ。日本の反日糞マスゴミの手法と同じだ。
言葉狩りは日本特有のものじゃない / | ハフポスト
LGBTQとは「性的嗜好」では無く『アイデンティティ』では無いのだろうか。
ちゃんと勉強しなくてはと思います。私もぼんやりとしか理解していないんだろうとも思うから。
この地球に共に生きる仲間のことを理解しなくては。互いに理解し尊重しあえる社会にしたい。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR