TOP > その他のニュース > 上司に「生理」を相談しても消えなかった"痛み"を、宋美玄先生に話してみた

上司に「生理」を相談しても消えなかった"痛み"を、宋美玄先生に話してみた

「私たちが、カラダのことで、コントロールしやすいのが生理」。あなたはそれを聞いて、どう思うだろうか。生理のたびに下着が汚れていないか気になる、イライラして集中できない、とにかくお腹や頭が痛い...。それをコントロールすることは、本当にできるのだろうか。著書『女のカラダ、悩みの9割は眉唾』で、産婦人科医の宋美玄(そんみひょん)さんは、現代の医療技術で生理の辛さを緩和することは可能だと述べ...

ツイッターのコメント(22)

低用量ピルについては、わたしは宋美玄さんのヨミドクターの記事で知りました。下記はヨミドクターではなくハフポストですが、参考になると思います。
ヽ(ヽ゚ロ゚)低用量ピルの認可が北朝鮮よりも遅かった日本
良かったからツイート
生理痛が辛いという話は、痛みを我慢しないで、早く病院に行くべきという話
#

出産後生理開始してまた生理痛酷いようならまた低用量ピル飲む😭
血栓症のリスクがあるものはヤバいですね。
個人差があるから詳細には語られていないけど
若年性脳梗塞が増えるかも(笑)
いいことばかりが並べられているけど、もっと副作用について考えてほしい。実際に、副作用と思われる症状も、報告がないと無視されているのでは?
婦人科は怖くないですよ!
#
前の上司に相談って記事読んだ時病院に行ったらええのにと思ってからよかったわ。
婦人科に相談しに行って漢方もピルもいろいろ試した後に上司に相談という話と思ってたら違ったのか。私も含めて周囲にたくさんいるので、そういうものだと思ってたけど……。
…これは女性必見ね(´-ω-`)b

#
MtFも使ってる低容量ピルの話。
みんなもっと普通にピルを使うようになってもいいと思うよ。もちろんちゃんと婦人科で処方してもらってね◆
私は飲み始めてそろそろ1か月。
低用量ピルを飲めば不調を抑えられる人が、周囲の無理解や偏見によって飲むことができない例もあると聞く。そういうのはよくない。あと、宋先生の記事で、現代の社会状況が女性の身体にどんな影響を及ぼしている...
そうか~、妊娠って、子宮を休ませてるというとり方も出来るのかー。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR