TOP > その他のニュース > コロナイゼーションの進展としての東京電力福島第一原子力発電所事故対応

コロナイゼーションの進展としての東京電力福島第一原子力発電所事故対応

12コメント 登録日時:2015-07-13 01:20 | ハフィントン・ポストキャッシュ

現代の日本社会で一番深刻化している病理は、プライドとつまみ食いです。プライドも、オモテに出ている実績や何らかの能力や所有物についてのプライドであれば、そこには見るべきものがあります。しかし実際にはプライドが高いのに、オモテではまるで謙虚であるかのようにほとんど自虐的に振る舞い、ウラで自分がつまみ食いできるパイの確保と拡大に徹底的にこだわるようなプライドの高さが、次第に高じてしまっています。オモテで......

Twitterのコメント(12)

」  … 何年か前に読んで見失い、以来ずっと探していた記事。
"攻撃性と支配欲を向ける市場としての外部を失った優秀な企業戦士が、攻撃性を内向させてうつ病になった時の心的風景は殺伐としています。"
⇒ ❝帰還を目指すように」という方針を受け入れてその方向で努力する人には多くの賞賛と応援…
自主的に避難を行っている人への支援は、はるかに少なくその差が顕著❞
堀有伸  精神科医(精神病理学)、NPO法人みんなのとなり組代表理事、雲雀ヶ丘病院(福島県南相馬市)  メモ
- Pressoからシェア
実に秀逸、一理あり。↓
「 」
| 堀有伸 なるほどなぁ〜。
全てのお金が実質国が出しているなぁ〜。
東京電力は払う意思はないからなぁ〜。
(堀有伸) ー現代の日本社会で一番深刻化している病理は、プライドとつまみ食い
コロナイゼーション。確かに。
だそうですよ、あづませんせい。
以上

記事本文: コロナイゼーションの進展としての東京電力福島第一原子力発電所事故対応

関連記事