TOP > その他のニュース > 日本の「国際競争力」は世界5位 世界経済フォーラムが発表 | HuffPost Japan

日本の「国際競争力」は世界5位 世界経済フォーラムが発表 | HuffPost Japan

15コメント 登録日時:2018-10-17 09:28 | ハフィントン・ポストキャッシュ

「ヘルス」と「イノベーション力」で上位に。...

Twitterのコメント(15)

>世界経済フォーラム(WEF)が10月17日に発表した「国際競争力レポート」で、日本の総合順位は前年より3つ上がり、5位になったことがわかった。
昨年8月の記事。
@saori0721_h @masaru_kaneko 「国際競争力も信用も無い国?」←一体何処の「西方浄土」か「エデンの園」みたいな「天上の世界」の話をしてるの?( ・∇・)
国際競争力ランキング。日本が過去最高の5位 
米国、シンガポール、ドイツ、スイスの順。
もはや別物

"今年のレポートに使用された指標の60%以上は、前年までのものから刷新された"
>「制度」(20位)「労働市場」(18位)
他の国ってどんだけ働きやすいんだろう?どっちかってと客の要求が日本は厳しいだけではないのか。外資が働きやすいと思ったことは一度もないけどな。
<日本の総合順位は前年より3つ上がり、5位になった>
いいね!やっぱヘルスケアは成長産業なんやなあ。
もっと
起業しやすい環境を
新開発しやすい環境を
そうすれば新たな先の進んだ
市場を手にし、
日本が舵を握ることができる
経済が潤う、日本の社会問題解決に
投資できる❗️
「高い評価を受けている分野は「ヘルス」。一方で、「制度」(20位)や「労働市場」(18位)などは低い順位に付けている。」
野党、メディアはアベノミクスは失敗だと騒いできたが、これをどう説明するんだろう。これは見もの。
日本はトップ10カ国の中で、最も顕著な改善。。→
以上

記事本文: 日本の「国際競争力」は世界5位 世界経済フォーラムが発表 | HuffPost Japan

関連記事