TOP > その他のニュース > 女性差別は「必要悪」なのか? 村木厚子さんが語る、日本型組織の病

女性差別は「必要悪」なのか? 村木厚子さんが語る、日本型組織の病

財務省の公文書改ざん、東京医科大の女性差別...どうしてこうなってしまったのか?

ツイッターのコメント(80)

励まされる大先輩
あれだけの事があったのに。真の強さを示している方。
ジェンダーギャップ指数について担当部署へ問合せた際のエピソード→"事務局の方から言われたのは、「日本は良くなっています。でも他の国はもっと早いスピードで良くなっています」でした。忘れられない答えでしたね。"
今年は153か国中、121位。昨年は114位から過去最低へ。
「以前私は、あまりにも日本のランキングが下がるので、担当部署へ問い合わせをしたことがあったんですね。そのときに事務局の方から言われたのは、「日本は良くなっています。でも他の国はもっと早いスピードで良くなっています」でした。忘れられない答えでしたね。」
去年の記事。「必要悪」とは、医学部不正入試で出てきた言い訳。そう、言い訳なんだよ。改善しようとしない、現状維持のための。可視化は進んだけど、問題解決にはまだまだ遠いね……
「必要悪」って、赤信号は見えてたけど急ぐ理由があってあえて渡った、的な、悪いとわかってたけど仕方なかったんだ、というエクスキューズに過ぎないのだけど、何となくまともなことを言った気になってしまう言葉なんだよね。
ダイバーシティで同質性を壊すってのはなるほどみがあった
やっぱめんどくさいけどいろんな人間がいた方がいいよ、絶対めんどくさいけど、めんどくさいのを計算に入れて動けば行けるよ
「日本は良くなっています。でも他の国はもっと早いスピードで良くなっています」ってとこが秀逸。
言わせておいて差別を逆に利用するだけよ。2番手3番手が気楽でオイシイし。
働いてください、子供産んでください、でも保育所ありませんって、そんなのないですよね
“目先だけ見れば損するように感じるのかもしれませんが、子育て世代を大事にするとか、社会で女性が活躍できるようにするといったことは、男性にとっても高齢者にとっても、大変有意義で、短い時間でちゃんとお釣りが来ることです。”
「必要悪」は、おごりと正当化の言葉。
同質性が問題だとよく分かってらっしゃる。これ変えるには、特定の試験でいい点とった人みたいな選抜法を変えるしかないと思うな。
“その時その時の100%をちゃんとやる。”“今は子どもがいるからここまでしかできないとか、今は体を壊しているからちゃんと休む、とか”ここから「そういう言い訳をするな」と続かないのが素敵。 / “ 村木…”
「〔一連の不祥事の〕背景には、同じような人間ばかりが集まった『同質性』の高さと、『僕らは日本の治安を担っている』『政権を支えている』といった、甘えやおごりがあると思っています」
ジェンダーギャップ指数が悪すぎる、と、問い合わせたことがあった「日本は良くなってきています。けれど他の国は、すごいスピードで良くなっています」
「同質性」
役所だけではない
同じようなものの中にいて安心する傾向。

文中の「五合目以降が大変」は当にその通りで我が国はそこで足踏み中……か、下手すると下山してる……?
必要悪で正論にするのはおごり→
この記事の英語版はありませんか? @
まー「必要悪はおごりと正当化の言葉」なのは労働における残業にも言えるのではないかな?
当事者無視の障害者自立支援法を作ったお前が言うなクソが。
【組織のおごりと正当化】女性差別は「必要悪」なのか? 「仕方ない・日本を支えている・間違い・組織全体が隠ぺいする方向・同質性・社会の常識との乖離」日本は良くなっているが、他の国はもっと早いスピードで良くなっている
…「日本を支えている」というおごりから、自分たちの行為を正当化…
冤罪事件に至る流れが「検察側の罪人」かと思ったよ。同質性を打破するには外の世界との他流試合が大事ってところを含め共感するポイント多数。読んでよかった。
@女性差別は「必要悪」なのか?
「人と比べずにしっかりと自分のペースで、その時その時の100%をちゃんとやる。
あきらめずに、ただ前に進んでいれば、いつの間にか遥かなところまで行けますよ。」村木厚子さん。

この方の言葉は分かりやすく前向きだ。
の被後見人と介護家族は明らかに差別されている。
<その背景には、…「同質性」の高さと、「僕らは日本の治安を担っている」「政権を支えている」といった、甘えやおごりがある>

東京医科大の件と、自身が受けた検察の取り調べの件につてい。
日本のジェンダーギャップ指数が下がる理由。「日本は良くなっています。でも他の国はもっと早いスピードで良くなっています」|
〈――日本の「女性活躍」は、実際のところどこまできているのでしょうか?……

今どこまできたか。私は「富士山の5合目までです」と答えています。半分まで来ているのですけれど、実は5合目までは車で登れるんです。つまり、この先がもっと大変。〉
久々に読んだ良記事。
同調性、既得権のあるものの変化は遅い。グッとくる言葉です。でも民間企業もコンプライ(遵守)orエクスプレイン(説明)はうまくできてないと思う。
わかり味が強すぎる。
官公庁に行ってた時、何度かお見かけした事があり懐かしく...稀有な存在ですね
「人と比べずにしっかりと自分のペースで、その時その時の100%をちゃんとやる。今は子どもがいるからここまでしかできないとか、今は体を壊しているからちゃんと休む、とか、その時その時で100%は違います」
>>「同質性」の高い組織の中では、お互いに「このぐらい、いいよな」と目配せするだけで、不正がなかったことにできたり、忖度しあったりすることができますよね。そこで、社会の常識との乖離が生まれやすいんです。
話題に出すだけで気が引けてしまう。
主張をすると反発もある。
それを原動力すると、誤りも出る。
男性差別にもなる。
あまりにも酷いのに、黙してはいられない。難しいけれど必要な事。
長期で見たら確実にプラスが大きいはずなのにね。
『ダイバーシティがなぜ進まないのか。日本は、みんなが得することに対しての変化は早いのですが、既得権のある物事に対しては変化が遅いんです』
疲れてしまい座ってはふぽすと読んで
「村木さんが著書で『組織にこの言葉が出てきたら要注意』として挙げていたのが『必要悪』という言葉だった。」
「日本は良くなっています。でも他の国はもっと早いスピードで良くなっています」
「なぜ、雇用率の水増しをする前に「このままでは障害者雇用は難しい、仕組みを変えてくれ」と言えなかったのだろう、と思っています。」
この記事に出てくる『同質性』というものを、よくよく考えてみてほしい。多くの人が多様性を必要とする理由のひとつである。
私が逮捕された郵便不正事件での不当な取り調べの経験からも感じました。検察や官公庁など権威のある組織は、自分たちは完璧であると…もしも間違いがあった場合、組織全体が隠ぺいする方向に行ってしまう
人と比べずにしっかりと自分のペースで、その時その時の100%をちゃんとやる。その時その時で100%は違います。無理することは全然ない。あきらめずに、ただ前に進んでいれば、いつの間にか遥かなところまで行けますよ。
女性

必要悪な筈がない。
日本は戦前から何もかも
変わっていないから、
グローバル化や
少子高齢化を背景に
今になって
日本人至上主義者が
ただ慌てているだけだ。
なんか、凄い考えさせられたな…… のトップにある記事だけど、女性だけじゃなくて男性にも読んで欲しいと思いました!
女性差別は詰め込み教育世代がこの世を去らないと緩和されないのでは?刷り込みというか。人それぞれ性別関係なく得意分野、長けているものかあるのに「男は外女は内」50歳以上の意識が変わらないと…
『一人のリーダーに変革をゆだねるのではなく、組織の一人一人があるべき方向性を主体的に考えることのできる組織を作ること』
"今どこまできたか。私は「富士山の5合目までです」と答えています。半分まで来ているのですけれど、実は5合目までは車で登れるんです。つまり、この先がもっと大変"

昔に比べれば確かにいろんなことが良くなってるとは思う。でも反動・反発・バックラッシュも大きい。
村木さん 尊敬してます。
「必要悪」という言葉の傲慢さ
納得です。
もっと見る (残り約30件)
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR