TOP > その他のニュース > 教室のエアコンの有無が、子どもの将来の年収にも影響する?アメリカの研究機関が調査

教室のエアコンの有無が、子どもの将来の年収にも影響する?アメリカの研究機関が調査

「室温が0.6℃上がると年間学習量が1%減る」という結果も...

ツイッターのコメント(31)

数日前にもニュースになってた「 」みたいな話。ただ、この手の漫画は何故TSさせる必要があったのかと常々思っている
・小中学校のエアコン設置率。17年41%。教室にエアコンが無い場合年間の平均気温が0.6℃上がると年間学習量が1%失われる。全米経済研究所
エアコンを導入した学校は、問題の正解率が上がっている
この研究機関のデータは本当なのかな?
いや絶対にそうでしょ。昔から、空調が快適で勉強はかどるから図書館とか行ってたわけだし。ここ近年異常に暑く多湿で、生徒には酷すぎるよ。
こういう調査があるそうです。
リアル:インフォメーション
これって本当本当ですか❓❗
エアコンってそんなに重要なの
日本の公立小中学校設置率は如何でしょうか?(個人的な意見です)
エアコンをつけると耐性が弱くなると声高に叫ぶ馬鹿な教育学者に見せてやりたい。
まだ子供の熱中症について根性論を振りかざす人達は、既に生命の危機やら安全管理のロジックが理解出来なくなっているので、別ベクトルで説得した方が良いね。
”東京都では小中学校の普通教室での空調設置率は99.9%”

.........まじ?
むかし。むかし。
通っていた小学校は、
木造校舎の騒音対策?(国道1号線に面していた)で二重窓にクーラーが設置されていましたよ。
当たり前だけど想像力のない人を黙らせるにはデータとるのが大事。>
極端な何かが起きないと動こうとしない。考えない。
この間のエアコン設置可否とかホントにいらないよね。
予算配分、ある程度までは保険会社の保険料算定みたいに、期待値とコストのバランスから考えればいいのに。
教室にエアコン付けてあげてほしいな
教室のエアコンの影響か。 ……
「室温が0.6℃上がると年間学習量が1%減る」という結果も
どこでその記事を読んだかなぁ……と調べてたらハフィントンポストが出てきたんだけど、  「生涯年収」って何だよw、一生なのか一年なのか。「お腹が頭痛」「黒い白馬」「黄金の鉄の塊」並みに矛盾してるぞw。
ぼーっと読んだ記事に
茨木市の子どもたちの学力が載っててビックリした!
エアコンの有無による学習効率の変化関係の話を横断的に紹介した記事。
::
ちなみに。教室の気温が偏差値、ひいては将来の年収(⁉️)にも影響するんだってよ。
猛暑の中、大人でも「絶好調で仕事に集中!」なんか至難の技。
お願いだから、教育現場の暑さ対策もしてあげて。
そりゃ「学校」っていうのは

子どもの学力を伸ばすより「文句を言わない利口な労働者」がほしいんだから
エアコンをつけるより我慢させる方向にいくんだ。
6割もエアコン無いの? 贅沢とか言う人って軍国主義?
今すぐ補正予算で全国の公立小中学校高校にエアコンを!→
エアコン導入で学力向上。
これは面白い。もちろん「エアコン有りの学校に通学させるだけ教育費に余裕のある家庭の子は、他より年収高くなる」って考えもあるだろうけど。
ちゃんとつけましょうって。
小中クーラーなかった世代だけどさ。
こういう推計面白い。教育の機会均等には、まず室温を均等にしないといけないですね。 / (HuffPost Japan)
夏のエアコンは一番手っ取り早い教育の投資なのではないか
年収は関係ないから大至急全国の学校にエアコン入れろっっ!
必要ないって言うなら職員室のエアコンも外せ!
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR