TOP > その他のニュース > スノーピークはなぜ「野良着」を作ったのか。デザイナーが見つめる「働き方改革」と地場産業への思い

スノーピークはなぜ「野良着」を作ったのか。デザイナーが見つめる「働き方改革」と地場産業への思い

「遊びながら仕事をしよう」

ツイッターのコメント(12)

次代の技術の受け継ぎ手がいない。どこに若者がいるかというと、コンビニで働いている。消え行く技術と文化をどうやって繋いでいくのか。
@MasanPrado @shibakonoko @atasan41 社長の娘の迷走な気がします…
サントリーとスノーピークとの共同開発と聞いて検索してみたら「アウトドア用品、ナチュラルライフスタイルプロダクツ製造販売 」新潟の会社なんやね
(ハフポスト日本版)



Google マイフィードから共有しました シンプルだなあ
ワークウェアもかっこよさとか大事だと思うんですよねー /
理念ある行動に携わる、あらゆる物事を惹きつけるチカラ。 /
素晴らしい。

日中の農作業を終えて待ち合わせ時間までギリギリだったので作業着、長靴のまま電車に乗り、新宿の...
琴線に触れました。
偉い人は女性だったのか。
言っちゃいけないかもなんだけど服のデザインにどこか優しい可愛いものを感じていたが影響あるのかな。
あとは「日本の田舎」の「ムラ社会」の意識改革が必要、実際問題農家をやりたい人は大勢いるが「ムラ社会」の弊害で離農する人が後を絶たない。
せっかく「ファッショナブル」なウエアを作ってもこれじゃ・・・
かっこいい!このワークウェアを使い込んだ古着がまたイイんだろうなぁ。 /
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR