TOP > その他のニュース > 感情的と非難されるミコト、小賢しいと叩かれるみくり。「アンナチュラル」と「逃げ恥」の女性像

感情的と非難されるミコト、小賢しいと叩かれるみくり。「アンナチュラル」と「逃げ恥」の女性像

「アンナチュラル」と「逃げ恥」を振り返る

ツイッターのコメント(29)

これに集約されるんじゃないかな。

| ハフポスト
| ハフポスト
うおー!良い記事!!!!
うわー。わー。わー。ほんまやー。
女として産まれたら、カッコで括られる「女性的」に実はかなり翻弄されてる。多分、同じくらい「母親像」も…。
都合よくカッコで括られたイメージでフィルターで見ないで。
今でも時々こういう記事を読んでしまう。やっぱり「女性的」にまとわりつく無意識の偏見がつきまとってて、世の中生きにくいところはあるよなー。
この記事おもしろかったな
ホントだ。並べると対比がわかりやすい。
古い記事ですが~
作家さんは違うけど、これに を加えて、女性とは❓な議論もおもしろそう👌😉
「女性的というものに実態はあるのだろうか?」という問いに深く賛同しちゃう。
分かりやすく面白かった、、
この対比とつながり、おもしろい。
野木亜紀子さんの次回作、とっても楽しみ!
読んでたら涙出てきた。モヤモヤが言語化されるとある種の救いがあるなー。癒しでも良い。「小賢しい」女性には是非ドラマとこの記事を読んで欲しい。
あ「わゎわほ(´; ω ;`)
どっちも観てないけど、なるほどね
逃げ恥作者だと知ってれば、見てたのに残念
職場だろうが家庭だろうが、どっちのパターンもみんな経験するような気がするなあ
そうだ、そうだよね。どちらのドラマも見てたけど、求められる女性像が真反対ってのは気にしてなかったわ。うわー、また逃げ恥見たい
論理的で宜しい
Google マイフィードから共有しました
いつだって、頑張る女は、男に甘えられて損なのだ。でも、そうやってしか、生きられない人いるんだよ。
かたやオリジナル、かたや漫画原作のドラマという違いはあるけど、脚本家は同じ野木亜紀子だったね
両方とかいいドラマだった。
もやもやしてることをうまく言語化してくれた感じで。 / (HuffPost Japan)
野木先生評📖
まだ読んでません!笑
でもシェアー!!
話題になるだけいいよなw きみ棲みとか悲惨なだけだったしwww
すごくわかる。
これはいい比較
次回作が楽しみ❤
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR