TOP > その他のニュース > 「夏休みの宿題はいらない」 公立小学校の現役校長が変えたい“昭和的な”教育

「夏休みの宿題はいらない」 公立小学校の現役校長が変えたい“昭和的な”教育

読書感想文も自由研究も、もういらない――。夏休み最終日に考えておきたいこと。

ツイッターのコメント(122)

読書感想文だの、ポスターだの、コンクール系の宿題を強制してる教育委員会の委員の方々は、10ぺんぐらい読んで、考えを改めてほしい。
あ、うちもマイクラ大好きです。
宿題より体験。

「将来、いろいろな国や宗教の人と交わる時代になる。」
→異文化を肌で感じる場所へ。
コリアンタウン、横田基地周辺、群馬県太田市、代々木上原のモスク

「裁判所での裁判傍聴(中略)税金がこういうところにも使われている」
ほんとに宿泊はいらないと思う。
夏休みの短縮とか、大量の宿題とか

長時間労働と過重なノルマ

でも生産性は上がらない

ブラックだな
この記事すごくいい✨

個人的に宿題を出すことって教員のエゴの部分があるよなって思って

この校長先生が言うように宿題なんて本当は必要ないかもしれない。

もっと既成の概念に囚われずに
自分で思考して色々やっていかなきゃ
宿題がないと文句を言う親って結構いるんですよね…明かに時間の無駄でしかない内容がほとんどなのに。
なんなら普段の宿題もいらない、学校で6時間も勉強して、さらに宿題なんて、子供は遊んだりぼーっとするのも大事!
宿題、マジでいらんと思う。必要と思えば自然と勉強するはず。
素晴らしい記事を読んだ
昨年の同時期、長期の休みに宿題を出す学校側にも問題があることを提起した記事を改めて紹介する。
いろんなことを考えさせてくれる良記事だなと思いながら読みました。特に、前例踏襲という極めて保守的な学校現場・教師の姿勢。自省を込めつつ、考えさせられました。
やはり「マイクラ」は思考させるのに効果あるのか。個人的にはビルダーズなんだが、ビルダーズでもいいのかな?
とりあえずうちも子供ら連れて夜の山手線一周やってみるか
>やめてしまうと文句を言われてしまうようだったら、「黙ってやっておこう」と思ってしまうでしょう。そのほうが楽ですからね
…と現役校長が言っているのだから、学校というところはさぞやたくさんの「黙ってやっておこう」に満ちた場所なのだろうなあと拝察する。
古い記事ですが。
基礎的な読み書きができれば、自分の好きなことをどんどん学ぶ助けになりますよ。こうやってひとつひとつの意味を考えて、何が必要か、何に意味があるのかを、考えて宿題や教育について考えないといけないです。
そもそも夏休みに限らず「宿題」という概念そのものがいらない
平成の夏も最後
何のための学びか
ただ賞賛のために
穴埋めすることは簡単だ

それ以上に経験が本来の学びではないのか
めっちゃいいこと書いてる
「せっかくだから、長い休みのどこかで、お家の人と一緒に異文化に触れ合うのは良いと思います」。

従来の夏休みの宿題に対し、異論を唱え、これからの子どもにとって有意義な夏休みのあり方について、現役の先生が画期的な提案をしています。勇気がありますねえ。
「紙に問題を解く宿題」じゃなくて「体験した事を書く宿題」にして欲しいね。書く力、表現する力が欲しい。
「夏休みの宿題、を死語にしたい」
賛成🙋‍♀️🙋‍♂️

夏休みの宿題はいらない」
@nikkeishakai そもそも「」という概念そのものがいらないです(笑)
by 東京都小金井市立前原小学校 松田孝校長
ほうほう、と思って読んでいたら最後にずっこけた。「タックスペイヤーとしての自覚」って。「教育」って実は「養殖」なのか?/
「宿題」というよりは「体験」ですよね。
良いも悪いも含めて、多様性にいっぱいふれてほしい。東京地裁はタダだし、山手線を回るのだって電車代だけ。保護者が少し意識するだけで学べる機会は十分あると思います
賛否両論あるだろう。全てを真似するというわけでなく、ここは良くて真似して、ここはもっとこうした方がいいのではと考えさせられる記事だった。
これからの教育を考えるきっかてになる。
これは賛成。夏休みに限らず通常から内容より物量が凄いうちの小学校。でもいちばんつまらないのが学校って言うから、他のが減らせない。
小金井市立前原小学校の校長先生、ずいぶん先進的だな>
こんなのも単なる怠慢だと思うな。
この記事めっちゃすこ
そう、夏休みというか宿題自体いるのか?学力向上というより、提出課題がある時にどう対処するかの能力対策な気がする。
共感共感やな。何のため、誰のための教育なのか?を再考しないとね。

>
宿題は、家庭学習を考えられない親の怠慢、もしくは余裕のない家庭への支援、でしかないと思うので、自由学習で代替可にしてほしい。
教員求められるものも変わっているけど、教員の意識や制度といったものがまだまだ足りていない。余裕がないのか、文部省がしたくないのか /
下の妹にプログラミングデバイス与えてみようかな……
そもそも休みを無しにすれば解決する。
大人だから言える(笑)

そもそも冷暖房があるなら、そういうことかなーって、少し本気で思うとこもあり。
宿題より体験。これ面白いかも。/
現実的にはそんな意識高い子供など少数だし、経済的・文化的な家庭環境も必要だろう。子供時代の私なら、課題のない休みなど無益に浪費するだけである。但し為にする課題はやめるべきで、個別の吟味は必要である。
自分が夏休みに体験した事が新学期の最初の友達との話題。宿題よりそっちが大事。そして友達の体験談が楽しみだったし羨ましかった。
長期休暇くらいは生徒も教員も学校から完全に離れるべき。学校が全てではない。学校以外の世界にも首を突っ込んでみるべき。:
ICT教育を取り入れる、社会で生きていくための時代に合わせた教育が必要という、至極当たり前なことをおっしゃる校長が、希少らしい。1万人ぐらいいてほしい!
プログラミングを教える意味って、つまり段取り能力の育成なんだよなぁ。
教えられたことを上手にやるだけの人間を育てたい人には不要に見える。
面白い校長先生。「自由工作や読書感想文や日記などの「夏休みの宿題」が果たして現代において「意味があるのか」と考えないといけない時に来ていると思います。」
よい記事だ。

>夏休みの宿題はいらない」
読書感想文も自由研究も、もういらない――。夏休み最終日に考えておきたいこと。
夏休みの宿題が『子供達に勉強の習慣をつけさせる』ためのものなら、まずは子供達が興味を持つようなものがないとね。

知識ばっか先行してたら、子供もやらされてる感しかなくてやる気なんて出ないよな~🐱

自由研究と工作は好きだった。
もっと見る (残り約72件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR