TOP > その他のニュース > 「ワンオペ育児」の現状、社会学者が分析したら...? 共働きも専業主婦もつらい、本当の理由

「ワンオペ育児」の現状、社会学者が分析したら...? 共働きも専業主婦もつらい、本当の理由

「職場では男性よりも低い賃金の仕事、家では誰かのためにタダの仕事という二重の労働を担って、毎日十数時間働いている。まるでブラック労働です」 社会学を専門とする明治大学の藤田結子教授は、ワンオペ育児——...

ツイッターのコメント(39)

社会人になって8年、出産して2年、職場復帰して半年。モヤってた内容がここに集約されてる。
男性はワンオペ育児の実情を進んで知ろうとしないんですよね。だからこそまずは妻が読んで、夫に伝えてもらえればと思いました。
日本の現状をすごくクリアに分かりやすく読みといてくれている良記事です。
「家では誰かのためにタダの仕事」

誰かが代わりに金を稼いでくるから生きていけるのに、これを言うから「誰のおかげで飯が食えると思ってんだ」と言われてしまうことにそろそろ気付きなよ。
仕事と家事を足した既婚女性総労働時間は正社員が最も多く「しかも夫よりも妻の総労働時間のほうが長い。」
こういう記事を見ると、そこまでして子供が欲しいのか?と疑問に思う。パートナー選びは慎重に。
わが家、わたしが働き始めてからやっと初めて家事手伝いはじめたよな?

いやいやこどもが赤ちゃん~未就園の時期のが大変だったんだけど?
「共働き夫婦のつらさは不平等感」
「妻が正社員、パート、専業主婦を比較し、正社員の妻の総労働時間が一番長い」
「"フルタイム共働きの妻"が一番つらい。仕事も家事も育児もワンオペで回さなきゃいけなくて、実質的に一日中「働き詰め」」
ほんとコレ怒→"なぜ時短勤務をとるのは女性ばかりなのか ――時短勤務やパートタイムなど「柔軟な働きかた」を選ぶのも、圧倒的に女性"
これが原因なのか?しかし鬱屈した男尊女卑インフラは、自律できない母親が毒親になるという亜種を生む危険性をはらんでいる。>「母親の愛情は子どもの成長に役立つ」日本に根付く価値観
まさに正社員同士で私の方がいろいろ長い…(^^;実証されていたとは。
”「それまで当たり前とされてきたことが実は問題なんだ」”
そうなんだよねー。大変さの種類が違う。働くのは大変だけど、収入を抜きにしても今更専業主婦なんて私には無理です…専業主婦の方々はホントすごいよ。
こういう記事はいいよなぁ。
「だから男は」という話は出てないし、そういうニュアンスもないんで、男も安心して読むとイイヨ。
「父親が仕事で帰りが遅い家庭」が多数派。それを仕方がないことだとは、私は思えないけど。。 #
妻はパートがベストって、フィンランドでもそう考える女性がいるんだけど、パートの仕事が圧倒的に少ない☞
これこれ『 仕事も家事も育児もワンオペで回さなきゃいけないから、実質的に一日中「働き詰め」になっている。』
私朝5時半から弁当と最低限の食事用意して、夜洗濯物干し終わるの23時過ぎだもの。
夫が育児を積極的にやっている家庭もあるから、一概には言えないと思うんだけど。共働きでしんどいなら仕事辞めればいいし、生活できないなら実家に世話なればいいじゃん。選択の自由があるのに不満言ってもさあ。
育児における役割と時間のバランスは夫婦間でどこまでちゃんとコミュニケーションを取り、納得度を相互に高いところに置けるかがひとつ。

役割分担は平時の話で、それぞれに緊急的な状況が生まれたとき、相手...
「職場では男性よりも低い賃金の仕事、家では誰かのためにタダの仕事という二重の労働を担って、毎日十数時間働いている。まるでブラック労働です」「ワンオペ育児」の現状 #
「仕事と家事子育てって、みんなやってることじゃん」てよく言われますが、実際みんな苦しみながらやってるっちゅう話。
?
「「それまで当たり前とされてきたことが実は問題なんだ」、という認識がようやく社会に広がってきた、ということだと思います」/
家事・育児を平等にやらない男性とは結婚するな、という教育を進めるくらいのことした方がいい/
家事も育児も、夫がやって当たり前。当事者意識がないなんてもってのほか。どうしても夫が変われないなら、こっちが変わるしかない。すなわち離婚!
ワンオペ育児や子育てシェアハウスの記事!これは多分ママ達が声を上げだしたことの兆候だと思う。欧米ではキッチンにランドリーがあるし共働き家庭では子どもの送り迎えは夫やシッターは普通!当事者が声を上げることで変えれる現実があると思う。
共働きも専業主婦もつらい、本当の理由。
実質ひとりで家事・育児の大半をこなさざるをえない働く女性たち。今の日本で働きながら子育てをすることは、なぜこんなにも過酷なのか?
わたしも妻に「ワンオペ育児」を強いている……。
#

ホントに、ただごとじゃないな。
<子育てにおいては母親の愛情が重要である。その意識が女性当事者に相当“効いて”いるのだと思います>
固定観念から抜け出せていないかんじ…
「職場では男性よりも低い賃金の仕事、家では誰かのためにタダの仕事という二重の労働を担って、毎日十数時間働いている。まるでブラック労働です」
なぜ辛いかって?協力しない男が多いからだろ、未だに収入を得る事だけが仕事だと思って家事や子育てを馬鹿にしている馬鹿が多いからだよ。
『#ワンオペ育児 わかってほしい休めない日常』の著者、明治大学教授・藤田結子先生のインタビューが掲載→「ワンオペ育児」の現状、社会学者が分析したら...?
「ワンオペ育児」の現状=ハフィントンポスト=

ー共働きも専業主婦もつらいー
「母親の愛情は子どもの成長に役立つ」日本に根付く価値観
最初から男性に聞いて欲しいと正直に言っても誰もケチをつけません--「」の現状、社会学者が分析したら...?
恨みつらみが綴られているのかと思ったら,労働時間のデータに基づく分析だった.私は一番割りを食ってるカテゴリーに分類されているようだぞ.
(ハフィントンポスト) 「職場では男性よりも低い賃金の仕事、家では誰かのためにタダの仕事という二重の労働を担って、毎日十数時間働いている…
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR