野生動物を鎖でつなぎ、猟犬にかませる訓練サービスがロシアで横行 「虐待だ」動物愛護団体が反発

野生動物たちを鎖でつなぐなどして、一方的に猟犬にかませる施設がロシアで横行し、問題になっている。 狩猟を控えた犬の訓練が目的だが、動物は大怪我をしたり、死んだりすることがある。動物愛護団体は「虐待だ」...

ツイッターのコメント(13)

ロシアで猟犬に、闘犬のかませ犬のような役割の野生動物がいるという記事が2017年出ました
この翌年2018年動物虐待に関係する法改正がありましたが…

↓〈2017年の記事より〉

⚠️噛まれている動物の画像あり
動物ものだと、以前こんな取材をしました。ロシアの出来事です。
@TGbuGw7FEcrPAFC @jojoba0712 @gon1128hana ロシアは他にも野生動物を鎖でつなぐなどして一方的に猟犬にかませる施設が横行して問題になっていました。狩猟を控えた犬の訓練が目的で、かまれた動物は大怪我や死んでしまうこともあり、動物愛護団体は「虐待だ」と規制を訴えていたので、法改正されて本当に良かったです😃
最悪!絶対許せない!→ #
| HuffPost Japan
うえええええん・゚・(。>д<。)・゚・
「動物たちは、犬を傷つけないよう棒をかませられ、鎖につながれたり、センター職員に抑え込まれたりした状態で、ほぼ一方的に犬にかみつかれる」
ひどすぎる
@HuffPostJapan 捕獲した野生のウサギやキツネ、アライグマ、テン、アナグマ、オオカミ、クマなど
猟犬も野生動物も可愛そうだな...(´;ω;`)
これはちょっと…。まぁロシア人は頭がおかしいのは分かってるけど…。
閲覧注意:

よくそんなこと考えつくなー。
社長自らが咬まれろよ。(怒)
猟犬が森の中で準備もないまま野生動物に遭遇したらより深刻な結果を招く」とも
以上
 
PR