TOP > その他のニュース > なぜ沖縄では小学生が飲酒するのか? 「裸足で逃げる」著者・上間陽子さんに聞いた暴力と虐待の連鎖

なぜ沖縄では小学生が飲酒するのか? 「裸足で逃げる」著者・上間陽子さんに聞いた暴力と虐待の連鎖

沖縄県恩納村で2017年2月、小中学生3人が乗ったバイクが転倒する事故があった。そのうち、1人の中学生は死亡。無免許運転していた那覇市の小学6年男子は、飲酒もしていた。さらに、3月にも那覇市で中学生3年生女子が飲酒運転で現行犯逮捕。ネットでは「沖縄ではこれが当たり前なのか」「親は何をしている」と非難の声が上がった。 では、こうした子どもたちの親は、何をしているのか。なぜ、我が子を放置...

ツイッターのコメント(61)

沖縄での虐待は多いと聞いたが、暴力性と自己責任論が強く残っているからかなぁ。
それ程基地には経済効果があるって事で今更基地と沖縄を切り離す事は出来ない。10年オフリミッツをすれば解る。
沖縄と大阪のNoFutureはまったくちがいそう。沖縄はどれだけ勉強を頑張っても大学進学でまず大きな地理的障壁がある。沖縄かそうでないか。沖縄に残っても仕事の先は役所と観光以外ほとんどない。出るには経済的基盤がない。だから勉強したって仕方ないって割り切ってしまう。
様々なケースがあるとは思う。

大いに感情的になっていいと思う。しかしそうであるのならば同時に黒澤明的な複眼の視点も必要だと思う。

*
リア垢の方で沖縄在住の妊娠した高校生の女の子が「旦那が浮気した」と怒ってるツイートが流れてきたので 改めて本当に現状として沖縄には貧困があるんだと実感した
"助けられた経験がないと、次に何かが起こった時に助けを求めてくれない。どんどんあきらめていくという形にしかならない。"
これは先日のポリタスの「沖縄から貧困がなくならない、本当の、本当の理由」と繋がっている。→
私は何度でも訪れたい好きな場所だけれど、米軍基地があるためか、未だに戦争直後のような社会的思想があるとも感じる。虐待から救われなかった子が親になり繰り返す。動物への愛情まで育つわけがない。

暴力と虐待の連鎖
ハフポ★
本土とは違い、沖縄にはまだ地域コミュニティが残っている、などと安易に褒めそやすことがあるけど、真逆に想像を越える厳しさがある。基地の島ならではの弊害からだ
何度読んでも愛知県に生まれたことを感謝する記事
沖縄に限った話ではない。日本中にある話。互助が希薄になりつつある我が国が内包する問題。
- HuffPost ※2017年5月3日の記事です。
"特に男の子たちが日常的に軍隊との付き合いがあります。...そこで、身体的なものが優位になってしまうマッチョイズムの文化がクロスする。"
”鈴乃さんは命の危険を感じて、何回も警察に駆け込んでいる。しかし「入籍していないカップルの暴行は保護の対象ではない」と、追い返されてしまう。帰ったら殺されるから今夜だけ警察署の待合室に置かせてくれと頼んでも、聞き入れてくれなかった”
DVする恋人のインタビューがない。また米軍と話を絡めるのは一つの要因かもしれないが他にないのか?
「暴力が起こるかもしれないという予見自体が、暴力性を帯びているにも関わらず、助けてもらえない」>
これはどうかな? /
琉球大学教授、か……。納得感はあるがしかし。 |
「裸足で逃げる 沖縄の夜の街の少女たち」
の著者 上間陽子インタビュー
こういう人たちを相手に我が国の政府は「言うことを聞けば沖縄にUSJがやってくる」などとホラを吹いていたのか /
本土と同じ水準“であるべき”を /
米軍統治下で割高な通貨であるドルを使わされたことが、沖縄の貧困に大きな影響を与えていると思う。復帰のタイミングがニクソンショックによる円の上昇と一致してしまい、復帰後も通貨は割高だったのでしょう。 / “なぜ沖縄では小学生が飲酒…”
“子どもの問題は、親の育ち方とも密接に関係するのだ。” /
池上永一の小説でも若い女の子が飲酒をしていて文化の違いを感じました。良い悪いと言っているわけではありません。 /
こないだ沖縄行ったとき感じたのは、たとえ本島でも、島だなぁということ。すんでいる人たちから感じる、逃げ場のなさ、みたいなのが凄かった。
30年前ならともかく、今米軍とそんなに接点あるかなぁ。個人のエピソードとしては理解できるけど、理由として一般化できるサンプル数とは思えない。 / 「裸足で逃げる」著者・上間陽子さんに聞いた暴…”
基地関係ないだろ…。

| The Huffington Post
米軍が関係あるかもしれないし関係ないかもしれない。他の基地のある街はどうなのかも知りたいところ。 /
ヤンキー(原義)との交流がヤンキー(和製英語)をセックス&バイオレンスの道に駆り立てる。ヤンキーを消費層として囲い込めなどと呑気な事を言ってる本土との隔絶感 / 「裸足で逃げる」著者・上間陽…”
これは特殊な事例じゃないよ。日本のあちこちがどんどん貧困化してこうなりつつある。これがアベノミクスだよ。金持ち優遇の格差社会こそ安倍第一書記の目指す美しい国だから仕方ない。なぜ貧困層は自民に入れるのか / “なぜ沖縄では小学生が…”
「基地の近くで育っていて、特に男の子たちが日常的に軍隊との付き合いがあります」→あー。八戸出身の会社の上司もなんていうか垢抜けたところあったもんなあ。処女喪失早いようなこともいってたし。 / “なぜ沖縄では小学生が飲酒するのか?…”
後進国琉球は先進国日本ではない。日本の民度を基準にするから間違う。東南アジアと同じ問題が琉球にあるだけの当たり前の話。→
子育てしていて、親により「子供観」に差があるなと思うことは多かった。でも地域差は今まであまり意識してなかったな。

#
一言で沖縄といっても地域差が激しくて、記事にある沖縄とは縁が薄いとこに住んでるってのを感じさせる…。 /
小学生飲酒とかやべぇな
#

どうやっても基地問題と結びつけたいんだな、辟易するわ(´・_・`)
「共同体的なもの」in沖縄 /
"共同体的なものが残っているところは、基本的にどこでも言葉を介さないコミュニケーションがあります。そして、そういうものが残存しているコミュニティは、社会的暴力性が内包されている" / 「裸足…”
読むのが苦痛になる記事。しかし厳然とした事実_
10代半ばで飲酒・タトゥー・出産・DV・風俗だの「オトナ」になって、彼・彼女ら自身が「自己責任」を口にするのは深刻だな
ふぁっ…
「なぜ沖縄では小学生が飲酒するのか?」

うーん、確かに飲酒はしていたけど、実感がわかない内容に、現実の問題に想いを馳せる記事。。
沖縄だけじゃないと思うけど久米島でもたまによく聞く話。親が「(飲酒)止めても聞かないのよー」なんて笑いながら言うから親世代の教育が必要だろうと思うけどそういう「風土」なのかな…
暴力うんぬんは久米島じゃよくわからん
“子たちの多くは、基地の近くで育っていて、特に男の子たちが日常的に軍隊との付き合いがあります。例えば、男の子たちはタトゥーのスタジオに出入りをしていますが、そこで基地の海兵隊の子たちと接触” / “なぜ沖縄では小学生が飲酒するの…”
HuffPostJapanさんから
「共同体的なものが残っているところは、基本的に言葉を介さないコミュニケーションがあります。そういうものが残存しているコミュニティは、社会的暴力性が内包されている」

@HuffPostJapan
うん、沖縄の子見ていると想像つく。飲み方もこちらの人達とは違うしね。
警察が動いてくれない時は本部に言うかマスコミに言うと動いてくれる
これは沖縄に限らず起こっていることだけれど、この記事に登場する本やエピソードがとても示唆に富んだいいものなので、後編をリツイします。

沖縄:暴力と虐待の連鎖
全記事の続き。|
@HuffPostJapan "中学生になるともう大人という意識が強く" わかるー。
基地反対運動よりも必要なことがあるよな
この島。
あと、沖縄が地政学的にどれだけ有用なのかをわかってない人が多すぎ。
オール沖縄!
「女の子たちは助けられた経験がないと、次に何かが起こった時に助けを求めてくれない。」「裸足で逃げる」著者・上間陽子さんに聞く(後編) (猪谷千香)
?

まーた基地にもってこうと…
原因の一つではあるかもしれないが、本質ではないのでは?
- ハフィントンポスト日本版
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR