いじめ自殺の小6女児、遺族の裁判終結まで6年。母は「私がガイジンだから」と唇を嚙んだ

2010年の秋、群馬県に住む小学校6年生の女児が、いじめを苦に自ら命を絶った。 教育委員会の対応などを巡って、遺族は裁判を起こし、すべて終えるのに6年以上を要した。なぜ、これほど長い年月がかかってしま...

ツイッターのコメント(76)

遺族が訴訟などしなくて住むように、学校や教育委員会は真摯に対処してほしい。訴訟は時間もかかるし、地域では周囲から白い目で見られることもある。
憤りを感じる。悲しい。
ようやく。。ご冥福をお祈りします。
子どものいじめや、いじめによる自殺を止められるのは大人しかいない。学校内にいる大人は先生だけだってことを、考えてもらいたい。
田舎の小さな場所で目鼻立ちがめだっとすぐにいじめられる
都内ではおそらくちやほやされる美人になったと思う
外国人とちごててもなんか知能ひっくいこと言う奴、どこにもいてますのや。アベレージで群れるん好みますもんなぁ。社会人んなったら強みどすのに。みんなちがってみんないい て金子みすず言うてますのになぁ。
昨日は8年前いじめを苦に自らの命を絶った、上村さんの命日でした。私の出会う海外ルーツの子どもたちの多くが、いじめを経験しています。「外国人受入」の前にすべきことがあるのでは。
【昨年の今日】「いじめ自殺の小6女児、遺族の裁判終結まで6年。母は“私がガイジンだから”と唇を嚙んだ」 「母親はフィリピン出身で、同級生から“お前の母さんはゴリラみたいだ”“きもい”“くさい”などと言われ、班ごとの給食も一人で食べる…」
いじめ自殺の小6女児、遺族の裁判終結まで6年。母は「私がガイジン ...
桐生市…(´・ω・`)
 ---
HuffPostJapanさんから
 
PR
PR