TOP > その他のニュース > 将棋不正疑惑、公開された報告書とは別の報告書が存在 連盟広報「お答えできることはない」

将棋不正疑惑、公開された報告書とは別の報告書が存在 連盟広報「お答えできることはない」

19コメント 登録日時:2017-01-18 19:49 | ハフィントン・ポストキャッシュ

将棋ソフト不正使用疑惑について、日本将棋連盟は1月16日に第三者調査委員会の「調査報告書(概要版)」を公式サイトで公開した(公開版)が、それとは異なる「ドラフト版」が別途存在していることが分かったと、インターネットメディアの「ねとらぼ」が報じた。 ドラフト版は将棋連盟の公式サイトで17日深夜まで閲覧できる状態だったが、現在は非公開となっている。作成日についてはドラフト版は2017年1月13日...

ツイッターのコメント(19)

@murase_yodan ドラフト版 連盟書き換え 「読売」消す
@bmyoshida だからなんだということは論評しませんが、こうした記事があることもお伝えしておきます→
訂正、将棋連盟の公開版はドラフト版から”守衛室に行って体を休めていた等不合理な弁解に終始した”等の印象操作が疑える様な変更が一部にあったが正解でした

公開された報告書とは別の報告書が存在
@amneris84 おはようございます。三浦九段に関する記事、とても良かったのですが、一般に公開された報告書は将棋連盟が改ざんした疑いがあることをご存知でしょうか。
ほんとさ将棋ムラだよなぁ、次のトップは外部の人間にしなきゃいかんわ
随分攻めてる記事だな。
底なしの泥沼。姑息な印象操作の意図まで明らかに。

[将棋不正疑惑、公開された報告書とは別の報告書が存在]
どういう事なんだろうか?明確にした方が良い〜<
「読売新聞社と協議した後」が削除されてますよ。#三浦九段
見てる: 。「存在を認めた上で、「手違いでドラフト版を公開状態にしてしまった」と説明」。あちらがドラフト版であるのは確定か。
本当なら死亡やろ、これ。悲しいなあ
プロは肌で感じるものがあるのだと。
しかし、それを法律は解釈できないと言う事だと。どちらが悪いではなく。

#
(非常に興味深い記事)「 連盟広報「お答えできることはない」」 特に「3:疑惑発生の経緯について」を読んでほしい
改ざんしてまで三浦九段が悪いことにしようとする将棋連盟。
引くわ。
えっ!例の報告書草稿(ドラフト)版の件がハフィントンポストの記事になってる!
確かに第三者委の報告書を連盟が勝手に改変したのだとしたら問題なのだが、一部の将棋ファンだけが騒いで終わってしまうネタかと思ってたよ💦
ハフポスト。公開された報告書とは別の報告書(ドラフト版)が存在した件。

連盟の渉外部広報課の担当者「手違いでドラフト版を公開状態にしてしまった」経緯について広報担当者は「こちらからお答えできることはありません」。
主な差分一覧も
- ハフィントンポスト日本版
以上

記事本文: 将棋不正疑惑、公開された報告書とは別の報告書が存在 連盟広報「お答えできることはない」

いま話題の記事