TOP > その他のニュース > 宮崎駿監督、ドワンゴ川上量生会長を一喝「生命に対する侮辱」

宮崎駿監督、ドワンゴ川上量生会長を一喝「生命に対する侮辱」

11月13日に放送されたNHKスペシャル「終わらない人 宮崎駿」で、「スタジオジブリ」の宮崎駿監督が、ドワンゴの川上量生会長が持ち込んだCGを「生命に対する侮辱」と一喝する場面があった。 これは「スタ...

ツイッターのコメント(289)

2016年のNHKで『終わらない人・宮崎駿』という番組があった。その中でドワンゴの川上会長が人体の動きをCGで表現すると、宮崎氏が激怒する場面があった。当時はドワンゴ会長が唐突に出て来るのか分からなかったが、ジブリに入社していたという関係があったのだ。
これもNHKの特集で見てたわ~~懐かしい…😇
あったこれこれwwwこのくだりめちゃくちゃアツい
おはようございます
宮崎駿さんがドワンゴ川上が持ち込んだ悪趣味なCGを生命に対する侮辱と一喝したことを突然思い出しました
平和を希求し世の中に訴える宮崎駿さんとニコニコ動画のヘイト規定を削除にコリアン差別に加担する川上氏、こういうところでも差がついてるんですね
経営のことはわからないけれど、川上氏といえばこのエピソードを思い出す。「極めて何か生命に対する侮辱を感じます」と宮崎監督は言った。川上氏は自分が何を指摘されたのか直ぐには理解できない様子だった

➡️
カワンゴが色々言われているけどやはり宮崎駿は神。角川さんも残念でした・・・。
体験の延長にあるエンタメと
体験を逸脱したエンタメの違いに過ぎんだろうよ
どっちが良い悪いの話しじゃないよ
引退詐欺の当て馬にされて可愛そうにw
どうせパヤオは死ぬまでコレを
繰り返すだろうしな
今回の和牛のネタ、特に一本目のゾンビの方、笑えねーなぁと思ってたけど、感覚としてこの宮崎駿監督とドワンゴ会長の一件に近い感じがした。深ーいところの優生思想みたいなものを拒絶せずにはいられなかった。
川上ってこう言う人間だからね…信用してはいけない類いの人間よ…
宮崎駿に
命に対する侮辱というド真ん中の指摘されてたわけで
陰キャ向け商売してるからこそそのあたりは人一倍
気をつけないといけないのだ
今のカドカワの社長ってニコニコの人だったのか。ドキュメンタリー見たことあって、やり手っぽかったけど、弱者や非権力者に冷酷そう。
#

ガチで川上ってBB劇場で出てくる様なUNEIの像の典型そのままだよな。人の心なさそう
ドワンゴなんて、ニコニコ動画や2ちゃんねるしかないアニオタネトウヨの巣。世界の宮崎監督の足元にも及ばない。そもそもネトウヨたちは生命に敬意なんてありませんよw
先日、再放送されたものの最後の方だけちょこっと観ました。ちょうどこの気色悪いCGを紹介されていたシーン。私の感想も宮崎監督や鈴木プロデューサーと同じでした。
3.それはそうと、これまた古い話だけど、これにはちょっとびっくりした→
これが角川の社長ですか。。表に見せる見せないの問題じゃない。最近のオタクの論理感の欠落具合を代表してしまっている。
@noonobo この辺りの一件が御大の心に火をつけたのではと推測
@folliesan ドワンゴの川上会長です!こんな伏線がありました…
しかし、自分には彼の映画が理解できない。
川上さんは賢いからこれを学びの機会として成長すると思うな
#
ドワンゴの会長ってこんなんだったのか…なかなかにサイコパス
これリアルタイムで見た。にしても酷い記事だなぁ。勝手な想像を書かれてる。
こういう記事を一般人はそのまま信じるのが悲しい。
わからないではないんだけど、それを言うとゾンビというかホラー系ジャンルが…。いや、そういう気持ちも大事だってわかった上で。
| The Huffington Post

もののけ姫の銀山の包帯の人たちを描いたよね。戦争直後は負傷した人もたくさんいただろう。面白いだけで受け入れ難いだろうな…
今録画をやっとみた。ジブリ美術館足を運んだなら、アニメというのが生命の全肯定だと知るはず。確かにこれはそれと正反対だったなあ
#
NHKで見たばっかり。すごい、宮崎。   宮崎、ドワンゴ川上量生会長を一喝「生命に対する侮辱」
人工知能も使いようだよなー。僕は人工知能にある種の希望も感じているんだけど。宮崎駿先生の怒りもわかる気がする。
| The Huffington Post
宮崎駿に見せたらどう反応するか見たい
このシーン観て非常に心に残るものがあった。的外れな批判と取ることもできるせど、たぶん一歩先の視点からの言葉だった気がする。
#
手前の価値観を宮崎駿が捲し立てただけ。だから「老害」なんて言葉が生まれたんだろう。
#
倫理観がないな。と思うと同時に、自分にもそういう所が そういう瞬間が ないか考える、、
徳間書店創業者にせよ日テレ元会長にせよ、かのスタジオがつき合ってきた財界人は左翼あがりであり、いろいろ話が通じた面も多かったはずである。その人々が姿を消したとき台頭した政商が入ってきた結果がこれ( )だった、と先般の一件は読むべきかと。
特集を観た。生き様を感じ、生かされている残りの時間をどう生き、なにを残すのかを真剣に考えなければ、と思わされた。やはりこのひとはすごい。 #
実際に観てたけど、非常な感銘を受けた。こうした憤りは表現の原動力にもなり得るなぁ...温もりから乖離したものづくりには心は宿らない。
備忘録として。 /
おもろいね。まぁ人を怒らせるくらい表現力があったということだろうし。
そんな事があったのかと慌てて見てみたが、非常に良い番組だった。彼が何を想って(考えてというより、想って)作品を作っているのか、言葉の端々から伝わる。
あードの人なんか無神経そうだもんなー
宮崎アニメの根底にあるのは深い「生命讃歌」だと思うな…奇矯さを面白がるのは一時的なものでしかないし浅い。そもそもゾンビゲームって生命軽視ゲーでしょ
目的が金儲けとか名誉とかになるとおかしくなる経営者の例-
ここに出ている会話を見る限り、宮崎氏はただ感想を述べただけで、別に一喝などしてないと思う。
録画番組観た。ああ、これはダメだと。
IT長者が問題を起こすとはよく言ったものだ。
【 】
苦労することなく成り上がった人たちは気付かないだろうね。会社ではこの画像見てハシャいでいたのだろう。宮崎さんも喜ぶと思っていたのだろう。
ニコニコ動画は腐ってる・・・・川上はクビにした方がニコ動の為になる。 ヾ(`◇´)ノ彡☆コノ!バカチンガァ!!
ちょっと斜に構えて見ると「あぁ、宮さん的には【気持ち悪い人工生命の動き】が障害者とダブっちゃったのね」っていう/
宮崎が世間から喝采を浴びているみたいだけど、この人はヘイトスピーチには一切無視を決め込んだだけでは無く、レイシストを雇って弟子にまでした人だと言う事を世間はお忘れかな。
もっと見る (残り約239件)
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR