TOP > その他のニュース > 「東京ゲームショウの主役はコンパニオンではない」 ゲーム会社社長が怒りをぶつける理由とは

「東京ゲームショウの主役はコンパニオンではない」 ゲーム会社社長が怒りをぶつける理由とは

34コメント 登録日時:2016-09-27 19:10 | ハフィントン・ポストキャッシュ

日本最大級のTVゲーム展示会「東京ゲームショウ」のあり方について、ゲーム業界内部から苦言を呈する声が出て大きな話題になっている。 東京ゲームショウ2016のコンパニオンを撮影する人(Bloomberg via Getty Images) 福岡市のゲーム会社「サイバーコネクトツー」の松山洋(まつやま・ひろし)社長(45)が「“キャバクラゲームショウ”やめませんか?」と題したブログを9月19...

Twitterのコメント(34)

@borsch_pelmeni ゲームショウでも議論があるみたいですね。
出展側にとっては有効な集客手段かもしれませんが、来場側にとっては、コンパニオンの魅力とその企業の製品・サービスの良さには相関がないので、見極めの邪魔になると思います。
キャバクラインターロップも辞めてみんなでshownetで萌えよう! ー
ハード性能が向上してるのに糞ゲーが多いらしいって理由はここにあるのでは・・・
キャバクラゲームショウ問題、続編出てたのか。。。
まあなんといいますかね…後述。
もっと言ったれぴろし
すごくよくわかる。しかし、「人の注目を集る」目的でやり出すとそれを越えるコンテンツはかなり少ないとおもう。
詐欺PV作った奴が言ってもなぁ……
ゲームに興味あって行く人はコンパニオンに興味がないし逆もそうなので不要だと思う
本件に関しては、松山さんを全面支持だわ。
『 』
誰かと思ったらピロシかよ
GU以降まともなゲーム作ってないじゃん(震え
そういうのはやってからい…ry
なるほどねー。ふむふむ。
別にいいじゃねえか。どうせ人がごった返して、ろくに試遊なんてできないんだし。→
ああいう言葉を使ったらどう捉えられるか分かった上で書かれてるものに「職業差別はない」と言われてもなあ。
これはキツいなぁ…最もだしゲームショウのコンパニオンって今はそうなってるんだね
読んでてじわじわ情けなくなってくるな…脳みそチンコか…ピロシ社長に拍手
#
たしかにゲームショウに10年ぶりに行きましたが、ゲームは1時間待ちで全然できないし、ゲーム機持っていってもサービスがないし、配布物は少ないし…
正論だけど改まらないと思うね。企画する側が打ち上げでオネェちゃん達と飲みたいだけだしオネェちゃん達の給料出すのは彼らの会社なんだし。
「露出の高い美女でお客様を釣るのはやめようぜ」とかかけ声上げるよりも、そうしなくても済むようなゲームを作ればいいだけのこと。
ほんと芸者東京みたいな馬鹿なところがいるから…稼いだお金をPの趣味に投下したりってのも、こういう問題の遠因になるとおもったりする。行ってもつまらないのよねー //
ふりふりひらひらもこもこ布担当のキャラばかりのゲームを作ればいいんじゃね
何言ってんだコイツ……(呆然
- ハフィントンポスト
女性の露出というアイキャッチに頼りすぎて、コンテンツの本質にフォーカスできないものが多すぎるよ最近は
二次元や3Dの美しさを理解しない層に媚びる必要は無いな、少なくともゲームショウはというイベントは。

#
「賛否両論ありますが?」との問いに「否の部分は関係ありませんよね?」とバッサリいく姿勢は見習いたい。
この記事を見て、いかに日本のゲーム業界が世間知らずか痛感する。ゲーム「ショウ」なのにゲームがろくすっぽ体験できない現状についてはまるで無頓着。>
じゃあ、言いだしっぺの御社からコンパニオン展示をやめたらいいんじゃないですかね。
でもねー、モーターショーに代表される他の展示会とかS耐みたいに観客席よりパドックのが人多いとかそういうもんだと思うしかないかと。
#
本当にゲームショウなのにコンパニオン目当てで来る奴が居るらしいからなぁ……
以上

記事本文: 「東京ゲームショウの主役はコンパニオンではない」 ゲーム会社社長が怒りをぶつける理由とは

関連記事