TOP > その他のニュース > 「スリムすぎる体はNG」ロンドンの公共交通機関で広告が禁止に 市長の思いとは

「スリムすぎる体はNG」ロンドンの公共交通機関で広告が禁止に 市長の思いとは

18コメント 登録日時:2016-06-16 18:50 | ハフィントン・ポストキャッシュ

ロンドンの地下鉄では、「“身体への自信”に問題を生じさせるような広告を禁止する」とロンドン市長のサディク・カーン氏が6月13日に発表した。 7月以降、ロンドン交通局は、とりわけ若者向けの、非現実的な、もしくは不健康なボディ・イメージを助長する広告を許可しないという。 カーン氏には10代の娘が2人いるが「女性たちに“自分の身体を恥じる”ように感じさせてしまう広告を懸念している」と語った。そして、「今.....

ツイッターのコメント(18)

(2016年:イスラム×フェミニズム)ロンドンの地下鉄では「“身体への自信”に問題を生じさせるような広告を禁止する」とロンドン市長のサディク・カーン氏が発表した/この姿勢が、世界中に広まることを期待したい / “「スリムすぎる体…”
その後。2016年06月16日  「2015年にイギリスで大きな論争になった「ビーチボディの準備は整っていますか?」広告キャンペーンの反響を受けたもの」
#

>>「女性たちに“自分の身体を恥じる”ように感じさせてしまう広告を懸念している」
「今やこれを終わらせる時です」
規制のし過ぎではない?(KBS World Radio)
確かにやり過ぎだな~ これの広告を見て不快に思う人、そんなにいないのでは… 
ハフポ★
女性達の健康美のためにも「モデルはスリムが必須条件」というドグマを卒業しなきゃ。
少しグラマーな程度が好きさ ^_^#)
ロンドン交通局「人々を魅了し、輸送ネットワークを強化する、素晴らしい広告を奨励したいと考えています」
スリムがダメと言うのはデブがダメと言うことと同等
不安やコンプレックスに訴える広告は好きになれぬ。
不快なら見なきゃ良いだけ。英国さえも、バカの圧力に負けて言葉を狩る国になってしまった。
「(公共の交通機関では)広告を不快と感じたり、広告によって気が動転したりしても、乗客はスイッチを切ったり、ページをめくったりできません。」
囚われの聴衆か
日本ではこの身体はスリムすぎではないと思うけど?

#
日本でもこういう人が都知事になれるようになればいいのに。
-

モデルさん全否定かよ
痩せ過ぎは不健康で不健全ってのはその通りだし、果たして誰のためにそんなに痩せる事に躍起になっているのかと思うけれども、これに警鐘を鳴らしたのが、かのイギリスとは若干滑稽ではないか。君たちは全体的に"痩せろ"だろう。
「“身体への自信”に問題を生じさせるような広告を禁止する」ロンドン市長のサディク・カーン氏

人体ってものすごくよくできてるし自然が作るものは基本的に美しい。痩せてもそのことに気づくことはできない。もっと痩せなきゃと思うだけだろう
女性(男性も)の美貌を褒めたり、みずからの美貌に自信を持ったりすることが禁止されるのか。それって、運動会の徒競走で全員一等賞とか桃太郎やシンデレラが何人も配役するのとかと変わらんな。
細身が好みでない自分に朗報。
この風が日本にも吹いたら
美の転換期だね
これは興味深い。
女性擁護の政策の実行をムスリムの市長が行う…イスラム教の誤解と偏見が解ければ…
以上

記事本文: 「スリムすぎる体はNG」ロンドンの公共交通機関で広告が禁止に 市長の思いとは

いま話題の記事