「DVは地獄絵図」決して表面化しない家庭内暴力のリアルを撮り続けた女性写真家

妻の顔を殴り、脅す男性。1982年、ニュージャージー州サドル・リバー。 1981年、写真家ドナ・フェラットは愛し合う人々の写真を撮りたいと思っていた。もっと正確に言うと、フェラットはニューヨークのセ...

ツイッターのコメント(36)

たくさんの人に知ってほしい
DVは被害者や子どもにとって
忘れたくても忘れられない
死に向かい合う事件なのだ

⇒⇒ | ハフポスト
〈父親が逮捕されるところを目撃する少年。「お母さんを殴るお父さんなんて嫌いだ!」「もうこの家に帰ってこないで!」〉
女性の人権などが保障されず、DVが違法にならない国もあります。かつての日本もそうでしたが、声をあげられない人も多い。
DVとは「私を怒らせたお前のせい(と理解する)」という独善であって、「私とあなたは絶対的に違う(がゆえに “理解とは違う仕方で” 愛する)」といった他者認識についての欠如にほかならない。
知らない人に実感してもらうのにいい取り組み。それよりDVが違法じゃない国家がまだこんなにたくさんあることが問題。
#
『女性は結婚した時に人間として生きる権利を剥奪されているように思えたのです。』
@HuffPostJapan 感情とか本能のままに生きたいなら人間で生きることは煩わしいと思う。酔ってるから思うから、明日にはこのツイート消すかも。 ?
ユージンスミス賞 @EugeneSmithFund をとったDonna Ferratのインタビュー記事
「 は地獄絵図」決して表面化しない家庭内暴力のリアルを撮り続けた女性写真家
すごい感動した。初めてDVを社会に広めた人の話。 "@HuffPostJapan: 「 は地獄絵図」決して表面化しない家庭内暴力のリアルを撮り続けた女性写真家 "
 
PR