「卍」の変更見送り 「ナチス連想」の声もあった外国人向け地図記号

国土地理院は3月30日、訪日外国人向けの地図に使える15種類の地図記号を決定、発表した。同院は寺院を示す記号「卍」について「ナチス・ドイツを想起させる」とし、デザインの変更を検討していたが、今回は見送...

ツイッターのコメント(62)

| ハフポスト

これ思い出した
@nikora060 これ、逆でも日本のお寺さんの地図を見て海外からの観光客が驚くって池上さんのTVでやっていて、もしかしたらなくなるかもって言っていましたが、変更されなかったようですね
国土交通省の下にある国土地理院が検討。細やか過ぎて「やりすぎ」とすら言われた配慮をした同じ政権が、五輪で旭日旗。右翼なんかじゃないもっとおぞましいものを感じる。
な?これ。アホかマジでっちゅうんよ。
サンスクリット語、マンジ、幸福を意味する
オリジナルがパクリに遠慮するって、どうなんだろう?やっぱり無いよね(´Д` )。
外国人来訪者に配慮して地図上のお寺のマークを変更すべきだとも思いません。まじ卍で。
卍は、実際に地図記号から消されそうになって異論が殺到して見送られた経緯がある( )ので、どうしてもデマに踊らされやすい土壌が作られてますよね。
@Seto_Zyunin おはようございます。実際オリンピックに向けて見直し論もあったのですが一旦見送りになってます>地図のお寺マーク(卍)
 
PR
PR