TOP > その他のニュース > 「2030年代、サイボーグとなった人類は"神"に近づく」未来学者レイ・カーツワイル氏が"来るべき世界"を語る

「2030年代、サイボーグとなった人類は"神"に近づく」未来学者レイ・カーツワイル氏が"来るべき世界"を語る

77コメント 登録日時:2015-10-16 20:36 | ハフィントン・ポストキャッシュ

ナノテクノロジーの概念で人工的に脳神経を接続するイメージを描画した3Dレンダリング 世界的な未来学者、発明家のレイ・カーツワイル氏の予想によれば、人間は脳をコンピュータに接続することによって、さらに複雑な感情や特質を発達させるという。 「人間は、もっとユーモラスで、魅力的に、そして愛情表現が豊かになるでしょう」。シリコンバレーにあ...

Twitterのコメント(77)

なんやかんやで、自分の亡くなったお父さんをレプリカントで生き返らせるって話になるのが、この分野の技術開発の罪深い?奥深い?ところだよなぁ。。
| ハフポスト
cc @jaguring1 まあ大雑把な未来学者やし 🤔
ナノボットを虫や動物に入れた結果は?「栽培された食料を3Dプリンターで複製できるように」「2020年代に、3Dプリントデザインはオープンソース化・無料化」ワクワク!
脳の限界値を上げると、世界の認知度も上がりそう。
赤外線紫外線も20Hz以下20,000Hz以上の周波数も認知し、感情面でも。
これが後数十年で実現しそうやからすごい。

「2030年代、サイボーグとなった人類は"神"に近づく」
レイ・カーツワイル「私たちは、生計を立てる必要がある社会を形成してきました。今後15年から20年以内に、非常に高い水準の生活をすべての人々に簡単に供給する方法が確立されるでしょう」
興味深いので。
阿頼耶識はサイボーグという当たり前の何かを再認識した。
この手の話で義脳化した人間は果たして人間なのかって議論を全く目にしないのはそこに考えが至ってないからなのか?
農内ナノボットが電脳化のメインとなるだろうけど、100年は無理なんじゃなかろうか。プリント基板のシート化したものをインプラントする方法は、医療目的で早くの実用化が有るだろうけど、電脳化には程遠い。 →
ロマンとして好き
最近ユートピア的な考えもすきになってきた
2015年の記事なんですねーレプリカントって言葉これからもっと聞くことになるのかな。
ナノボット凄いよね。
レイカーツワイル氏の話しは本当に面白い。 / (ハフィントンポスト日本版)
これ思い出して思ったのが、「神に近づく」と「神になる」では意味が全然違う。限りなく近づくとは思うけど、なれるかどうかと言ったら俺はなれないと思う。「なる」と表現をしなかったあたりの事も考えてみるとちょっと興味深い。
電脳化をしてユーモアセンスを向上させた人は、同じ電脳化をして笑いのレベルが高くなった人を笑わせることができるのか? 『 』
カーツワイルの言う「神」はギリシャ神話のそれに近い印象かな> @HuffPostJapan
これって脳を拡張しまくってサイボーグ部分を含めた全体の脳のうち自前の脳が1%とかになったら攻殻機動隊みたいに私ってなんぞや?ってなりそうなもんだけどな
HuffPostJapanより究極のマシン 本当に楽しみ テクノロジーが暴走を始めるw
ものすごい話ですね。
「サイボーグとなった人間は、もっとユーモラスで魅力的な、そして愛情深い存在になるとカーツワイル氏は語る」 # HuffPostJapanより
-

攻殻で描かれた「電脳硬化症」とかも現実になりそうだ。
作品世界を2030年頃に設定した士郎正宗さんの先見性に唸る朝。
「現在すでに、人間は誰もが、脳をインターネットに接続した場合と非常によく似た思考様式を手に入れているわけです」 (HPJ)
# HuffPostJapan
脳をインターネットに繋ぐって。
Googleの技術責任者が言うとただの予測には聞こえないぞ。
「人間はさらに人間らしく、ユニークな存在になり、神にさえ近づくという」 @HuffPostJapan
「人工知能によって起こる可能性のある失業については、消えていく職業について、これまで私たちが予測してきたことと同じことが言えます」
# HuffPostJapanより
脳にチップ埋め込んでる人はもういるって関くん言ってた
以下の記事をどういう意味で捉えるか

> # HuffPostJapanより
言い過ぎやけど、時代が変わって来てるってのはわかった。脳内チップにプログラミングして俺の生活習慣を正してくれ。笑
さすがに飛躍があり過ぎるし、能天気な予測に過ぎると思いますが…………
トンデモだけど面白い
カーツワイルの予測。脳とネットの接続と人間の高機能化/ナノボット実用化/記憶の外部化、など。
2030年代、サイボーグとなった人類は"神"に近づく」未来学者レイ・カーツワイル氏が"来るべき世界"を語る⇒進化し損ねた人間がサイボーグ化していくんじゃなかなと思っているんだが。
「人間は、職業能力の一番低い職業をなくし、その頂点に新たな職業を生み出しています」➤
それは既に攻殻機動隊の原作と押井守のアニメ(イノセンス含む)で語られているぜ。今更じゃねーの? / “「2030年代、サイボーグとなった人類は"神"に近づく」未来学者レイ・カーツワイル氏が"来るべき世界"を語る”
発達障害とか治せるようになるのかなあ?
インターネットは人が登録した情報の集合体だから、それをいくら積み重ねても人は人じゃない?
なんか怖いな
本当にセンスとネイチャーと呼ばれるかもしれない世界が十数年後に…
"脳のインターネット接続"、"他人の記憶のダウンロード"ってこの人俺と全く同じ事考えてる!!
さんから ちょっと難しいし怖さ感じるけど漫画みたいな話だな…
ナノマシンで脳を強化できるようになったら、発達障害なんて気にしなくなるのか?だけど、画一的で個性のないロボット人間になりそう。 / “「2030年代、サイボーグとなった人類は"神"に近づく」未来学者レイ・カーツワイル氏が"来るべき…”
脳内ナノボット、未知の脳内探求 とな
"脳を刺激することで、数学の学習スピードが速くなった。また、アメリカ政府による最近の研究では、数十人の被験者の脳に、目標とするショックを伝える脳インプラントを埋め込んだ結果、記憶力テストの得点が上がった。"
「2030年代、サイボー…
人間の脳はクラウドに接続可能になりメールや写真を直接脳に送信したり、思考や記憶のバックアップを行ったりできるようになるという
早く記憶関連の能力を外部化できるようになってほしい
サイボーグとなった人間は、もっとユーモラスで魅力的な、そして愛情深い存在に&
つい最近EVAっていうスペインの映画を見たけど、アンドロイドのユーモアは人間のそれとちょっと違うような気がした。
3030年の間違いだろう
さて、人間が直接クラウドに接続できたらとりあえずハッカーが人の思考ごと奪える時代が来てしまうのだろうか
俺達は入れ替わりの時期を生きるのか。なかなかやっかいなことになりそうだ(;´Д`)
最終的にアミ 小さな宇宙人の中で描かれてることに近づいてく。
「今後15年から20年以内に、非常に高い水準の生活をすべての人々に簡単に供給する方法が確立されるでしょう」早く実現してほしいもんだ。|
みんな素子になれるのか
仮想空間上で珊瑚みたいな群体生物になるんじゃないかなあ
デバイスなしで直接クラウドにアクセス(^-^)/
“コンピュータに接続することで、さらに人間らしくユニークな存在になり、神にさえ近づくという”恐い世界でもあるなコレは →
神たぁ、随分と大きく出たな。
容量増やしたいのはある
「脳の新皮質を拡張することによって、人間はさらに神に近づく」面白い。
いや、ヤバい。いきすぎてる気がする。
身体改造、もっと身近になるのかな。楽しみだ。
ingressでいうと
Enlightenedかな( •̀ .̫ •́ )✧
“人々は、現在よりもはるかに高いレベルで、特定の種類の音楽を深く楽しむことができるようになるでしょう。” >> 「2030年代、サイボーグとなった人類は"神"に近づく」 Huffington Post
- ハフィントンポスト
「人間が神に近づく」……ねえ。ぶっちゃけ、俺は人間のままでいいわw
パーキンソン病のようなケースでは良い結果が得られるかもしれない。忘れる事で心が平穏を保つのに過剰な情報注入では心がパンクするのでは
能動知性とはインターネットだった…?
以上

記事本文: 「2030年代、サイボーグとなった人類は"神"に近づく」未来学者レイ・カーツワイル氏が"来るべき世界"を語る

関連記事