TOP > その他のニュース > 鬼怒川氾濫、ソーラーパネル業者「河川事務所は何も心配ないとの話だった」

鬼怒川氾濫、ソーラーパネル業者「河川事務所は何も心配ないとの話だった」

記録的な豪雨により鬼怒川の水が溢れた茨城県常総市若宮戸地区について、土手付近の掘削工事が水害の原因ではないかと専門家が指摘した。9月14日、NHKニュースニュースが報じた。 水があふれた付近には堤防のない区間が約1キロあり、自然の土手が堤防の役割を担ってきた。しかし、民間の太陽光発電事業者がソーラーパネルを設置するために、この自然堤防の一部を掘削。それが、水害の要因になったのではないかという。防災......

ツイッターのコメント(74)

平成27年関東豪雨が良い例でしょう。
河川の溢水の原因に発電設備の開発による堤防の掘削が挙げられています(参考: )。

この点をあげつらってどうのこうの言うつもりはありませんが、新興住宅地で発生した広島市安佐北区の土砂災害等にも当てはまります。
この災害について、地元住民が国に対して「人災」を訴える訴訟を起こしましたよね。
水害の訴訟は厳しい結果に終わることが多いそうなので、今回はどうなるのでひょうか。
@ihonau @john_snowwww @komoriku_n 朝日記者「鬼怒川堤防決壊をもう一度」
@5K9MSx1vXK0duGj とにかく作っちゃえ的でひどいですよね。
ソーラーパネル設置業者って個人事業者とかもあるようなので法で整備するべきですよね。
↓ こんなこともありましたしねぇ。(´・ω・`)
@KotaroOhashi @alpza518 今後も日本各地で被害が広がるかもしれませんな。
2015年09月16日の記事。 Reading:
ソースあった
@shinma24 こういう事例はかなり特殊だろうけど,頭に入れといてもいいかもです.
堤防から水があふれた個所は二つ。A社は堤防を削らず、B社は削った。当時の民主党政権がソーラーパネル設置を推し進めた結果、悪質業者に仕事が行っちまったんだな。
↓↑ 常総市で大規模太陽光パネル設置の為自然堤防を破壊し、水害を悪化させた例もあったよなー
太陽光発電に対してやたらと批判がましい露骨な批判をした理由として、安易な開発が巻き起こした悲劇の事例を。
#

この業者と許可したクズが全部負担しろよ
ミンスがスーパー堤防の代わりの残したもの
スーパー氾濫・スーパー洪水
コンクリートから水へ
鬼怒川詳細

全てが彼らのせいとも言えないがまぁ問題あるのは間違いない
災害は忘れた頃に忘れられて行く。この災害割と近くなので気になる所である。原因は相変わらずのこの国同様の無責任で終始している。被災民は心苦しい毎日を送っている。
「自然堤防という──認識がなかった」時点でお察し
森を伐採してソーラーパネル,本末転倒。自然堤防を削ってソーラパネル,犯罪行為。民主党の置き土産だな。 >
@osakanataro


こっちもよむとアレなきぶんに……
国を守るって言っておきながらこれ、菅さんの言葉がむなしく響くわけです、自民党ってすごいよ
官房長官:法令上制限できない。
市議会:無断で削りとられた。
市:通報があったので土嚢を積んだ。
B社:河川事務所と協議した。市から求められて正式な手続きをした。
『ソーラーパネルの工事が始まって、自然堤防を削っている』
国土交通省、常総市、パネル設置業者の責任逃れの連鎖😡
こうなると、何が真実だか分からないけど、安倍総理お得意の「国民の生命と安全を守る」のお題目はいったい何処へ
堤防の決壊ではなかったけど越流して水害被害を大きくする要因にはなったと…そりゃなるわ。これは河川事務所が良いと言ったのも大問題だが一義的に企業の責任。社会的責任。→
鬼怒川氾濫のその後の話(ソラーパネル業者が関係している越水箇所):
この論旨はむちゃくちゃ。地元住民から懸念が出ていたことが現に発生している。「行政に確認を取れば何をしても良い」は不誠実。
菅官房長官「土地の形状が変更された場所は私有地。河川管理者は法令上、開発を制限できない」それで業者の行為が越水の原因なら、やはり国の責任になると思うが。今なお氾濫の原因となる私有地が各地にあるの? / “鬼怒川氾濫、ソーラーパネル…”
原因だったか、そうじゃないかハッキリすべき。同じ事起きるで。/
鬼怒川ソーラーパネル、自然堤防を削っても責任は問われないのかな。だとしたら、自然堤防の安い土地を買って、削って平地にして売り出して、高く買わせる商売が可能? ……
B社の社長「打ち合わせもして、正式な手続きを踏んだ。それなのに市の人間がテレビで、砂丘の掘削が越水の原因だと言っていた。このままでは訴訟も辞さない」と憤った。
腫れ物的扱いになってきたな。
訴訟すれば?その方が責任の所在がハッキリするわ。
その前に近隣住民からの提訴で、行政と一緒に被告側になりそうだけど。
『ソーラー発電は建築基準法除外』をやめよ?
大きな問題になっていますね。しかも経産省と国交省の間での問題ってのが厄介。。これがPV導入拡大の阻害要因にならなきゃいいですが。。/
写真分かりやすい。そして誰も責任を取らない。
これを民主党にせいにするのはデマもいいところだよね(笑)。
さすが石下町…
なんと無知なのだろう。私たちは自分で考える力を最大限使い、危険を予知する力を養わなければいけない。役所や専門家頼みで知恵を忘れた結果だ。
森林を潰してまでソーラーパネルを設置する理由がわからん。本末顛倒じゃないのか。工場の屋根に設置したらいいのにな。
/
あ~、河川事務所が許可出してるのか。マンションなら日照権とか以外で揉める事は無いけど、ここは水が出たからなあ。どこの責任にされるかは気になるわけで…
責任の擦り付け合い /
ソーラー事業者には法的責任も道義的責任もなく、市の怠慢だな。訴訟やったれ>>
読んでる。:
無堤地帯の私有地に水防機能を勝手に期待して破れたら批判とかあんまりだわな。だったら普段その守りに対する対価を払ってたのかよと。国の問題だろう。 /
適当か。 → | HuffPost
やっと情報が出てきつつあるな。掘るほどに碌でもない事実が出てきて、結局余計に混沌とする可能性もあるが……その頃には社会全体は興味を失っていて、抜本的な解決がされないパターンかも……。 / “鬼怒川氾濫、ソーラーパネル業者「河川事務…”
【100RT】 - ハフィントンポスト
どうも責任転嫁の可能性大。とすれば、騒いだネット民も加害の一端。繰り返すメディアスクラム。
自然堤防を掘り下げれば氾濫しやすくなるのは当然。しかし現在の法令では、自然堤防の場合、治水計画上の上限である計画高水位をクリアしていれば、「問題なし」の扱いになる。
◆鬼怒川氾濫、ソーラーパネル業者「河川事務所は何も心配ないと」
最終的には行政がアホだったという話ですかね。 --
人災ですね。
さぁお約束の尻尾の斬り合いの始まりです -
ふむ、やっぱ行政(国土交通省)のせいな予感 /
この話に関連して原発稼働賛成派が「ソーラーざまぁみろ」みたいな流れに持っていくのは論外です。被害の規模が違いすぎます→
東日本大震災の時の津波被害も住宅の火災保険では範囲外で保証されなかったそうだけど、今回の水害でも同じかな。大変だな。五輪で浮かれてる場合でないぞ。
こんなん当たり前だよ。絶対に国交省が認可下ろしてるはず。一級河川の堤体を150mに渡って2mの掘削なんて、認可なしじゃ絶対にできない。
Googleスゲー。で、答えは行政が馬鹿ということかな?:
真偽のほどは、よーく聞いてからでないとわからない。だが、今までないから大丈夫というのは一番危ないパターンだ。
どの道人災だ。
"(不動産業者が)下館の河川事務所に聞いたところ、『ここまで水が来たことはないから、何も心配ない』って話だったみたいだったんですよ。ここまで水が来たことはないと断言していましたんで" / “鬼怒川氾濫、ソーラーパネル業者「河川事務…”
これは揉める
国交省や市役所にいる連中で責任取るまともな人間はいないって。B社もハズレクジ引いたわけだ。
B社の主張を鵜呑みにすると,河川事務所の担当者が馬鹿すぎたって話だが./広大な面積必要なメガソーラーは日本では森林伐採したり今回のように河川敷の自然堤防削ったりで災害の原因になるケースが多そう. B!
自然を甘く見過ぎ?それとも自然災害が起きても自分には危険は及ばないから?
うわぁ…/:
なんか複雑なことになってんな
本当の経緯はわからないけど、「何も心配ない」なんて言い方をするものかね。またそう言われて業者が鵜呑みにするものかね。「絶対損しません」「元本保証」みたいな話。
11の名のつく山、十一面山、十一面観音に縁するのか?そんな山を削りメガソーラーなどつくるのは災いを呼び込むようなものだ。
国立競技場にエンブレム、そして堤防。問題の責任を他人に押し付けようとするエラい人がやたらと増えてないか、この国。
業者が悪いみたいな雰囲気だったけど、ずいぶん話が違うね
そりゃあ業者も役所も「オレのせいじゃない」というだろうなぁ.被害を受けるのは一般住民だけだ.●
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR