TOP > その他のニュース > 17歳のアルバイトは、中絶された胎児の処置だった――漫画家・沖田×華さんが描く、産婦人科の光と影

17歳のアルバイトは、中絶された胎児の処置だった――漫画家・沖田×華さんが描く、産婦人科の光と影

87コメント 登録日時:2015-07-10 19:12 | ハフィントン・ポストキャッシュ

祝福されて生まれてくる命と、ひっそりと葬られる命。それらを分け隔てるものは何だろう――。 産婦人科医院を舞台にした『透明なゆりかご』という漫画が注目を集めている。FacebookやTwitterでは「夫婦で泣いた」「出産経験があるなしに関係なく心にくるものがある漫画」「男性にこそ読んでほしい」といったさまざまな感想がアップされ、男女を問わず大きな反響を呼んでいる。 作者の沖田&ti...

ツイッターのコメント(87)

強烈すぎる / “17歳のアルバイトは、中絶された胎児の処置だった――漫画家・沖田×華さんが描く、産婦人科の光と影”
「今のパパなの」って広告ヤバそう…
# HuffPostJapanより

この漫画、ネット購読?しようかと思ったケドなんかツラくてやめた
安倍さんなら『なんとなく中絶を規制』して、一気に人口を増やしちゃうじゃないか。医者に圧…

『90年代の日本の死因は1位がガンだが、実質の1位が人口妊娠中絶(1997年当時)だった。ガンで死ぬ人よりも、中絶で消える命の方が多かった』
自伝的な漫画は読んでたけど、こんなことも体験されてたのか、→
少子化に悩む中絶大国か…。
これはねぇ…衝撃的ではあるけど、知らないで済ますことは許されない現実。女性の側にだけ負担がかかるこの非対称性を男はよく考えないといけない→
透明なゆりかご_φ(。。)メモメモ
「母性は天気のように常に変化するもの」なるほど。現場から出発した力強い言葉だ。
17歳のアルバイトは、中絶された胎児の処置だった―漫画家・沖田×華さんが描く、産婦人科の光と影
宿った命を、生かすこと、死なすこと。
色んな事を、考えさせられますね…。
ショッキングな内容。)
"そんなのもう人間じゃないですよ。母性ってある意味で神話みたいになっちゃっていますけど、母性が何かっていうのは本当に難しい問題だと思っていて。母性についてはこの先も描いていくつもりです"
閲覧注意。しかし、夏休みだからこそ読んでほしいかも…
@HuffPostJapan
母性は天気のように常に変化するもの。
そうなんだけど、それでいい?
許してくれれると、母をやりやすい。
「そんな単純な問題じゃない、これは女だけの問題じゃないんだ、って気づくようになりましたね」
気持ち悪い

好き勝手セックスしておいて堕胎とかすんなよクズ
〝「夫婦で泣いた」「出産経験があるなしに関係なく心にくるものがある漫画」「男性にこそ読んでほしい」…〟
読んでみた。マジ泣いた
90年代の日本の3大死亡原因は、1位がガンとされていますが、実質の1位が人口妊娠中絶(1997年当時)―漫画家・沖田×華さんが描く、産婦人科の光と影
看護師をしていた方の作品。

漫画家・沖田×華さんが描く、産婦人科の光と影
現在私が受診している産婦人科医院は、葬儀社と提携して、きちんと供養してるそうです。(希望すれば遺骨を受け取ることも可能)
(胎児当人は勿論)関わる人いずれにも災難だと思うので、(廃止論者ではありませんが)減るように願っています。
久しぶりに少し真剣に読んだ記事です。
とても気になる漫画。
私も17歳で似たような現実に立っていた。
…当時知り合いの大人には、
なぜ現実をあなたに見せるんだと憤慨していた。
両方の気持ちが解る
試し読みしてきた :
日本人の本当の死因第一位に驚愕
90年代の日本の3大死亡原因は、1位がガンとされていますが、実質の1位が人口妊娠中絶だったとは
私がやってたのはまさにこれ。
産婦人科の実態もまさにこれ。
これ読みたい。知っておきたい。
「命」って何だろう?と考えさせてくれる。若い子にこそ読んでほしいな。
おお、これは気になる!当時と今とでは、また違うものもあるとは思うけど。
>気になる(゜-゜)
「90年代の日本の3大死亡原因は、1位がガンとされていますが、実質の1位が人口妊娠中絶(1997年当時)だったことも衝撃でした。」…。
これ…凄く…いい作品だと思う…
⇦18年前と今とでは随分いろいろ変わってるんだけどな
無料1話読んだけど鬱い……こういう読むとワンピの女だけでできた社会ってのに憧れるわな。
/
是非読んでみてください。
『透明なゆりかご~産婦人科院 看護師見習い日記』
かつて…というか十数年前の話、つい最近だね
- ハフィントンポスト - ハフィントンポスト
これはすごい。「表に出ない数字」という言葉に打たれました。。
”かつて日本の死因1位は中絶だった”   一概に中絶はいかんとは思わないけど、子供が生まれる、というシンプルな営みに落とされる影、深い。
胸が締めつけられるけど、ぜひ共有したい貴重な体験。。→
この記事にモヤモヤしてます。かなり時代が前というのもありますが、今は看護学生のバイトは看護助手だけなので、普通は中絶に立ち会わせることはない。かなり現実とかけ離れてる可能性がある。誤解を生みそう。コウノドリのように今の産婦人科を描いて。
何だか言葉が見つからない。。。/
「たとえ昔、中絶したことがあったとしても子供は産めるし、その子を介して幸せになる権利はもちろんある」→17歳のアルバイトは、中絶された胎児の処置だった―漫画家・沖田×華さんが描く、産婦人科の光と影
自分は幸いにして幸せな出産経験しかないけど、世の中には様々な事情を抱えている人が溢れてる。
17歳のアルバイトは、中絶された胎児の処置だった


これに関しては「ありえない」と現場のプロからの意見が出ているのだが、だからと言って作者が虚偽を描いているとも決めつけられず。違法で非倫理的なことが行われていた可能性だってある。
買います!!
同意一昔前の話が混入していると"@chquita_: 17歳のアルバイトは中絶された胎児の処置だった―漫画家・沖田×華さんが描く産婦人科の光と影 そんな現場にバイトの子を使うかなぁ?死産した経験者としてはこの話はあまりいい印象はない。
少し考えただけでも恐ろしい内容です。息子達にもキチンと伝える必要があると思いました。
いろんな人生、経験があるのだなぁ。。: @HuffPostJapan
中絶は女性だけの問題ではないよな…。
中絶件数がガンで亡くなる人より多い方が衝撃的だわ。
“(初めは軽率だという目で見ていたけど)いろんな患者さんのいろんな事情を知るうちに、そんな単純な問題じゃない、これは女だけの問題じゃないんだ、って気づくようになりましたね。”17歳の頃のバイト体験(中絶された胎児の処置)を漫画に
透明なゆりかご、読んでみたい。中絶、産婦人科の闇に光をあてた漫画_φ(・_・
写真と関係ないTweetだけど思い出したので
少し書かせて下さい
堕胎される時 胎児は逃げるんです
そして声のない叫び声をあげるのです
【200RT】 - ハフィントンポスト
「90年代の日本の3大死亡原因は、1位がガンとされていますが、実質の1位が人口妊娠中絶(1997年当時)」 / “17歳のアルバイトは、中絶された胎児の処置だった――漫画家・沖田×華さんが描く、産婦人科の光と影”
これは読みたい。
17 歳のアルバイトは、中絶された胎児の処置だった――漫画家・沖田×華さんが描く、産婦人科の光と影
「かつて日本の死因1位は中絶だった/ガンで死ぬ人よりも、中絶で消える命の方が多かった」
気になる本。
ポチったよ /
この漫画 読んでみたい📕メモ。
強烈な経験だなぁ(ーー;)
こういうの興味あるなぁ。
実は死因の1位は人工中絶だった…。衝撃。

“ ”
これ、試し読みだけでもした方がいい
この人ハートネットTVに出てた人じゃん.
凄いタブーに切り込んでる
"ずっと不妊治療してやっとできた赤ちゃんを「これは私が産みたかった子じゃない!」と言って他人の子と取り替えようとしたり、障害を持って生まれてきた我が子を「要らない」という親がいたり。"…重い。 / “17歳のアルバイトは、中絶され…”
どうなんだろうこれ、そんな現場にバイトの子を使うかなぁ?死産した経験者としては、この話はあまりいい印象はない。私の事はネタにすんなよ、と
@HuffPostJapan へえ。見てみたい
ハフポスト日本版の今晩のスプラッシュは、「17歳のアルバイトは、中絶された胎児の処置だった――漫画家・沖田×華さんが描く、産婦人科の光と影」
衝撃的なアルバイト経験です。
ちょっと読みたい ♢17歳のアルバイトは、中絶された胎児の処置だった
90年代の日本の死亡率1位はがんでは無く中絶
(ハフィントンポスト) 祝福されて生まれてくる命と、ひっそりと
以上

記事本文: 17歳のアルバイトは、中絶された胎児の処置だった――漫画家・沖田×華さんが描く、産婦人科の光と影

いま話題の記事