TOP > その他のニュース > 午後4時に退社? フィンランド人が徹底的に効率よく働く理由とは

午後4時に退社? フィンランド人が徹底的に効率よく働く理由とは

教育や福祉に手厚く、日本のように待機児童問題で悩むこともない男女平等の国、フィンランド。フィンランド人男性と結婚後、現地に移住し2人の子供を育てるフリーライター・靴家さちこさんが見た、その理想と現実とは? ■駆け足で退社するフィンランド人 夕方6時。――それは、多くの日本の勤め人にとってそろそろ帰りの電車の込み具合が気になる頃、あるいは「今日も残業か……」とため息をつく時刻――であろうか。 その6......

ツイッターのコメント(373)

@Koh_in_india 単純に仕事が長いからだと思う。幸福度ランキング一位はこんな感じらしいし。
@johnsakurasaku 経済がどんどん伸びていく時期をとうに過ぎた日本が目指すべきことは労働効率の向上で、バブル期のようなモーレツな働き方を復活させれば日本の競争力が高まるとは思えないのです。
従業員を“会社の歯車”ではなく、“人”として扱うヨーロッパの企業人らしい振る舞いだと感心;
というか、日本人は会社へ集い(クラス会や家族の集まり、仲間の集まりなどの延長)に出掛けている風で、オフイスを一定の給与を与えられた職務行使だけの場という感覚ないようだ。
フィンランドっていうか欧州ってこんな感じで、もしかすると日本よりも幸せカモ🦆

景観からして美が文化のフランス🇫🇷が良いカモ🦆
定時で帰ります。再放送の今日-
フィンランド人の働き方について良い面だけでなく、課題にも言及していて、すごく良い記事(アーカイブですが)
「日本人はだらだら遅くまで働いていて効率が悪い」「そんなに長時間働いて、頭が冴えるのか?」
ヨーロッパと一括りに言っても、国によって全く異なる世界の中で、フィンランドはダントツで幸福度を高める政策をとってる国だと思う。
そりゃあ暮らしやすい訳だ。
日本人の非効率な働き方vsフィンランド離婚率50% 色んな角度から見ないといけない典型だな
北欧の働き方ってすげーって思ったけど、大事なのは残業しなくなった分の時間をどう使うかって意見には感銘を受けました😊
フィンランドの社会にも問題あるよ、という記事だが日本はそれ以前の問題だと思う…。------
「フィンランドでは相手が上司であろうと、現場を一番よく知っている人間が無駄な課題やプロセスには『NO』といって、より効率の良いやり方を提案する」といい放った。
→日本だと「良いから黙ってやれ」と上司の怒りを買うのがオチ
北欧は日本人が目指したらいけない国でおじゃるかね。。( ´ω`)
考えさせられる。
企業によっては十分な給料を払えないから早く帰れとなっているケースもあるかもね。良い悪いの話ではなくて。

効率的な働き方とは何かを考え予定通りに働けない、能力が低く頭が悪い国民性か、残業代稼がなければ生活が成り立たない構想的に疲弊した社会か、どちらなのか

男女平等や働き方をする国で、離婚率が高いとは残念だし意外ですね。
留学中に住んでたアパート近くのビルのオフィスは22時くらいまで明かりが点いてたけど、ほとんどのフィンランド人が早く帰るのは確かだと思う。
フィンランドではフィンランドの問題があるようですね。人生は生きるだけで大変。||
出典がhuffingtonpostだけど。私がこの情報見たのはNHKだった気がする。
「北欧は「男女平等」の国とはいえ、女性が男性化することが平等とは捉えられていない」っていうの、すき
いや欠点見てもうらやましいよ。
フィンランド人が徹底的に効率よく働く理由
「フィンランドでは相手が上司であろうと、現場を一番よく知っている人間が無駄な課題やプロセスには『NO』といって、より効率の良いやり方を提案する」
『午後4時に退社? フィンランド人が徹底的に効率よく働く理由』
ハフポスにしては珍しくまともな記事。あと一歩ツッコミが足りないけど。ハフポスではそこまで書けないか。 | The Huffington Post
とてつもなく合理的で効率的な働き方。何につけ無駄がないというのは美しい。
伊勢和紙は午後四時半終業で定時退社を促進しているので、ある意味フィンランド式と言えそうです。残業は3年に1日くらいあるかどうか。
色々考えさせられる。「自由な時間をどう使うか」のうまい人が得する社会になっていくのかねぇ
実践を通して、平均1日5時間働くのがバランス良い気がしてる。 /
効率的に働き、残業をすることなく退社するというフィンランド人。彼らはプライベートな時間をどのように使っているのでしょうか。
/「
上司よ、ごもっともな意見。
#
アフター4のメリットとデメリット。時間のマネタイズですべてが決まる。
「夫婦になっても他人」の言葉がリプレイ
隣国だけどIKEAがどうして「ああ」なってるかわかったきがする。
時間にゆとりがあるだけではダメで、自分にとって"良い"時間の使い方を知ってこそ豊かさがもたらされる
若いころは昼も夜もなく仕事に熱中することが善だと思っていた。
基本今もその考えが悪いとは思っていない。
自分の好きな仕事を謳歌することは人生の栄養剤だから。
ただ年齢を重ねるとそれだけではやっていけない諸事情が生まれる。
日本の…
うぬぬ。
?
これが全て素晴らしいとは言わない。筆者もそう言っている。
だが、日本が「人」を歯車として扱っている現実は改められてしかるべきだ。
こういう記事よくあるけど、あ?ナメてんの?バカなの?と思う。

日本のGDP 約4.6兆USD
フィンランド 約2600億USD

雑魚国と一緒にしないでほしい。>>>
The Huffington Post
投稿: 2014/08/30(土) 09:09
更新: 2016/12/03(土) 16:29

@HuffPostJapan
良いな。子どもと居る時間がちゃんと確保されるし。長時間労働で長時間子どもを預けたら子どもの負担大きいのよ。→
確かにダラダラ残業は効率が悪いよね。今日は17:00に帰ると宣言したら、意外にも出来てしまうもの。

#
「だから欧米は素晴らしい」ではなく、長短バランスが取れた視点が素晴らしい。この人をクビにしてまで看板番組を消す理由がどこにあったのか。

いい記事。リソースの無いくには効率的にやらざるを得ないとか、夫婦でいる時間が長いと……とか。記事全体がとにかくたのしい。
@tech119  お国柄じゃね?
ちょっと古い記事だったけどおもしろかったよ/ フィンランド人が徹底的に効率よく働く理由とは:
ここ最近の目標はこれ!
もっと見る (残り約323件)
 

いま話題のニュース

PR