TOP > その他のニュース > 「町に帰らないのは放射線量が理由ではない」 避難を続ける福島県民の本音【東日本大震災】

「町に帰らないのは放射線量が理由ではない」 避難を続ける福島県民の本音【東日本大震災】

福島第一原子力発電所の事故によって一時は全町民に避難が指示された福島県の広野町で6月15日、「幸せな帰町とは何か」を考える国際シンポジウムが開かれた。 福島第一原発から南に20km離れた場所に位置する広野町は、2012年3月31日に避難指示が解除され、約3割の住民が町に戻った。しかし、20~30代の帰町率が低く、さらにこの世代の女性は、男性の半分ほどしか戻っていない。 町に人が戻るためには...

ツイッターのコメント(98)

"では何が理由で、住民は町に帰らず避難を続けるのか。この生徒は続ける。"

子どもめっちゃ正直、いい人すぎる。(^^)
これからはこういう込み入った事情に対して根気強く向き合う必要がありますね。/
こういう事情もあったのか。マスメディアはどうして報道しないのか。私は過疎地域で育ったので、言われてみれば分かるような気がする。 →
「放射線量は、理由付けでしかない」・・・なのだろうと思う
コレが真実、じゃない。ただコレも事実。何かをする際の理由てのは大抵の場合変わり増えていく◆ 「なぜ町民が(本音を)言わないのかというと、白い目でみられるからです」
更新: 2014年07月14日
避難先の利便性を理由に戻らないってそれって結局何も学習していないっていうこと? "@tw_news_jp: - ハフィントンポスト "
- ハフィントンポスト 最強のアンテナサイトができました!
より良い環境に定住できるならそうするよな…生き物なんて。そのほうが子育てにメリットがあるなら尚更。
住民にとっては、復興じゃなくて、新興の方がホントは良いのかもしれませんね。
“一番の理由は、『便利か否か』ということだと思います。”
まあ、考えさせられるところですね。
ただこれを帰町しない人たちの意見の総体とは言えませんが。
確かに一度便利だと思うとそれを手放しするのはすごく難しいし依存ではないけど維持したくなるな。
こういう見方もあるのか…

〜 【東日本大震災】
「シンポジウムの前日、仮設住宅で避難者のヒアリングを行った専門家によると、家族と帰町について話し合いを行ったかとの質問に、住民は一斉に口をつぐんでしまったという。家の中でも難しい話題を、外で語ることは余計に難しい。」
過疎地は確かに何かの理由で一旦出たら、戻ることはなさそう。日本が縮小していく中で、過疎地に住む贅沢が許容できなくなってきているということでもあるんだろうな / 避難を続ける福島県民の本…”
「夫は早く戻りたがっているけれど、原発作業員が増えて、怖い。娘もいるし。ここなら買い物も近い。」
街明かりのない広野町。
ゼロスタートから発展を目指すしかないのに、時間をかけて「復興」を始めたから、そのかけた時間分だけ周りから遅れてしまった。今後10年かけたら10年遅れ、20年かけたら20年遅れる。...
容易に予想できたことだし、理解もできる。忌むべきはそれをはっきり言えない空気と、これを喧伝に使おうとする放射脳の連中だよな
色々な意見がある。しかし、復興計画が進んでいないことが、多様化に拍車をかけ、ややこしくなる。→
広野町の中学生の発言は意味深いものがある。環境や価値観は人それぞれ、意見が違うと攻撃と取る人もいる...
事故関係なく、か。
「親は戻りたいというけれど、町には何もない。広野には高校もないし」
難しい話題だよなぁと思う。
オトナしっかりしれ。
コドモに言わせんな。
これも現実
言い方は悪いけど都会に骨抜きにされてしまったってことなのかな。生活保護と同じ匂いがすると言ったら変な導火線に火をつけてしまうかな。 /
結婚しない理由とか子供作らない理由を聞かれたとき、「経済的理由」を挙げる人って多いよね。>
それは、まあ、そうだろうねぇ…。 /
まぁそう言う人もいるよね。賠償金だって、嬉しいと思っている人は多いんじゃないだろうか。ー
"「神奈川に居れば、子供たちにとって、将来の選択肢が広がる」と考え、避難先の利便性にしがみついていた"つーか住めば都はるみですものね。引越しは面倒よ:
複雑化するのも当然の事実→
色々な事情があるんでしょうね。
外野の人間にはわからない。
田舎あるあるやね。外の世界を知ったらそうなるよ。うちも東京に出る前にバイト先のオバチャン連中に「東京は怖いでー」言われまくってました。
そりゃあ放射線量だけでなく、様々な理由があって当然。賠償金額が他人より低ければ怒ってもいいんだ。だって、あの原発事故さえなければ、平穏に暮らしていけたのだから。
重要な記事。言いにくいことだが、「便利」が理由で帰還しないことを正当化できるだろうか。/
問題は、不便さを苦にして自ら移住したのではなく、避難を余儀無くされたこと。その経緯を無視して、今の「本音」をどうこう言うのは、避難者に帰還を強いることと同じ。 / 避難を続ける福島県民…”
放射能は口実で元々出て行きたかった、というのはあったんだろうね、ハッキリ言えない事情もあろうよね >
取材者が相手だと伝わる自身がなくて言いにくいだけでは?かなり普通に聞く話ですが。RT @nagano_t @denhide 口にしずらい本音とは→「町に帰らないのは放射線量が理由ではない」 避難を続ける福島県民の本音【東日本大震災】
「帰らないのは、放射線量が理由ではない」
利便性、子どもにとっての可能性。地方が抱える問題…。
//ひときわ注目を集めたのは、広野中学の3年生による「町に人が戻らないのは、原発事故による放射線量が理由ではない」という発言//
……中学生は本当のことを話す。主張する。大人は黙りこみ、周囲の様子をうかがう。...
生活基盤が出来上がっていたり、社会インフラが充実していなくて戻る事による損失があるなら無理に戻らなくたっていいんだよね。出来上がった安定を無理に壊す事はないよ。 / 避難を続ける福島県…”
町に帰らないのは放射線量が理由ではない場合があるらしい。福島からのある避難者。
誰だってどこに住んだっていいのに。でも補助金もらったり放射能名目じゃメリットしか見えないかも?→
「「神奈川に居れば、子供たちにとって、将来の選択肢が広がる」と考え、避難先の利便性にしがみついていたと、当時を振り返る」
(ひとそれぞれの選択)
もっと見る (残り約48件)
 

いま話題のニュース

PR