TOP > 社会 > 「人が入っていた」ロシア国営テレビ訂正 最先端ロボがまさか!? | ホウドウキョク

「人が入っていた」ロシア国営テレビ訂正 最先端ロボがまさか!? | ホウドウキョク

21コメント 登録日時:2018-12-15 01:09 | www.houdoukyoku.jpキャッシュ

最先端と紹介されたロシアのロボット。実は、まさか...。これぞ、まさしく正真正銘のロボットダンス。マイケル・ジャクソンばりの“ムーン・ウォーク”も、この通り。目を見張る進化を見せるロボット。ところが、今回、ロシア国営テレビが報じた最新型ロボット。その“秘密”には、世界中がビックリ。人工知能(AI)の進化により、2025年には、5兆2,500億円にのぼるとみられるロボット市場。開発はロシアでも盛ん...

Twitterのコメント(21)

中の人などいない( ゚д゚)
番組の最後にヘルメットとって ふぅ暑い暑いってやれば何の問題もなかったのに。
・・・所詮、技術の無い国。日本の近くにもそんな国がありますよね。しかし、パクらないだけでも将来は望めるんじゃないか?
最後のアナウンサーとの握手をしたりのシーンは動きが人間っぽいね。

【 - 】
何でこんな事を?と思うだろうが、これがロシアなのだ。
さすがに嘘はだめだけど、こういう着ぐるみはちょっと着てみたいなぁと思ったわ…w→
人間を材料に使ったロボットという定義にすれば、ある意味最先端だったかもしれません→
アニメ「 天才バカボン 」の、バカボンが作った ロボット に バカボンのパパ が入っていたお話を思い出しました。脚本は「 宇宙戦艦ヤマト 」等を手がけ、後に作家となる 藤川桂介 さんだった記憶があります。
まさか #着ぐるみ ()があるとは。
それにしても42万円は安いような高いような、いっそうのことパワードスーツならいいのにね。
流石ロシア
フェイクニュースのお粗末さも恐ロシア
そこまでして、目立ちたいのか!!
ロシアー!頑張れー。あほくさ
2012年の日本映画🇯🇵『ロボジー』(ROBO-G)は架空の話だが、2018年のロシア🇷🇺でそれが現実化したとは。
【 最先端ロボがまさか!?】
まさかのロボジー?中に入ってたのミッキー・カーチスじゃないよね?
「余計なものが入ってた」とはまさにこのことか。。。
最先端ロボは「着ぐるみ」です!
実はロボコップみたいなサイボーグかも知れませんで
リアルロボジー
両津勘吉か / (ホウドウキョク)
最初の動きで分かったわ。
国営テレビでこれ、許されるのでしょうか。着ぐるみが最先端ということなのでしょうかね。ガッツリ首が見えていたのはさすがに笑っちゃいました。
以上

記事本文: 「人が入っていた」ロシア国営テレビ訂正 最先端ロボがまさか!? | ホウドウキョク

関連記事