TOP > ネタ・話題・トピック > メシ通 > 忍者はナニを食べ...

忍者はナニを食べていたのか ~歴史研究でわかったシノビの驚くべき真実~ - メシ通 | ホットペッパーグルメ

31コメント 登録日時:2018-11-26 10:01 | メシ通キャッシュ

『メシ通』をご覧のみなさん、はじめまして。 2018年8月中旬発売の書籍『そろそろ本当の忍者の話をしよう』を作った編集者の佐藤と申します。 そろそろ本当の忍者の話をしよう (最新版忍者ビジュアルガイドブック) 作者: 佐藤強志,山田雄司,ふるかはひでたか,清川繁人深川直也伊藤誠之 出版社/メーカー: ギャンビット 発売日: 2018/08/25 メディア: 単行本 とこ...

Twitterのコメント(31)

兵糧丸を再現とは!!これ一つ何キロカロリーくらいなんだろう…?
諜報から他国での工作活動までやる、まるで「CIA」ですよね、忍者。
あ、そうかこれ飯メディアかと最後の最後で気付いた😅 文章表現の妙やね🎵
谷崎の祖父も、米相場という「情報」で商売をしていたのですよね。
で、始める商売が皆当たるのも、情報との繋がりがあるからですね。
説明してくださってる三重大の山田先生って、大学院でも忍者学教えてて、名実ともにニンジャマスターになれるって話題になった覚えが
江戸時代に氷砂糖か。
へー。
兵糧丸商品化されたら買ってみたい。原材料費だけでもちょっと高そうだけど。
忍者は、殆ど戦いに加わらず、手裏剣なんてもってのほか、あの山伏のような格好もしなかったとなると、山田風太郎のあの世界は何だったのだろう。。。>
これおもしろかった
兵糧丸のレシピ載ってて吹きましたw
なんでも知りたがりは大事。これも面白い話だなあ。
兵糧丸の作り方が書いてある…(゜_゜;)
#忍者飯 #兵糧丸 #レシピ
「『本能寺の変』直後に家康を救ったのは伊賀でなく甲賀忍者」という衝撃的な一文が
よく考えたら、逃げる時にマキビシ撒くってやり方、超Coolだなあ。子供の時にも憧れた。
この記事は面白い。忍者って、今で言う「CIA」のようなものだったのね。
兵糧丸ってもっと黒いと思ってたがなんかの和菓子みたいだ -
たまにいいコンテンツあるよね!忍者は何を食べていたか
山田教授「諜報活動だけだなく、他にも幕末、早道之者が朝廷よりの密書を弘前藩へ届けたりと、忍者の任務は多岐に渡ったようですね」
兵糧丸食べてみたい:
も楽しいょ(╹◡╹)
おもしろかった
読み物としてめっちゃ面白い。
戦国時代に国産の砂糖はない
朝鮮人参の栽培は18世紀から
ハトムギも江戸時代からの可能性が高い
「そろそろ本当の忍者の話をしよう」の編集の佐藤さんによるコラムが掲載されておりました。
忍者食とは一体?
このコラムを読めばわかる!



#忍者
#忍者食
#そろそろ忍者の話をしよう
#山田雄二
#肥前夢街道
今では「真実の忍」は、かなり認知されてきたかと思っていましたが、そうでもないのですね。
私は、在野の優秀な科学者と諜報役の集団だったと、思っています。
国際忍者学会推薦図書「そろそろ本当の忍者の話をしよう」の編集者である佐藤氏の「忍者はナニを食べていたのか〜歴史研究でわかったシノビの驚くべき真実〜」の記事が、「メシ通」にて掲載されています。
のホントのところ…!?(*_*)
以上

記事本文: 忍者はナニを食べていたのか ~歴史研究でわかったシノビの驚くべき真実~ - メシ通 | ホットペッパーグルメ

関連記事