15歳のコーヒー焙煎士・岩野響さんに聞いた「僕が学校をやめて焙煎士になった理由」 - メシ通

150コメント 2018-03-02 12:16 メシ通

岩野響さん、15歳。職業は、コーヒー焙煎士 中学2年生の時にコーヒーの焙煎を始め、卒業後は高校に進むことなく、群馬県桐生市の自宅に焙煎所を兼ねたお店をオープン。 持ち前の鋭い嗅覚と味覚をいかして焙煎さ...

ツイッターのコメント(150)

焙煎に関しての記事を読むのも好き。
踏み込むことで、その前工程や前提を知ることができるのだな。
かかかかっこいい…!✨
そうなんよな、働くきっかけって就活だけじゃない。こんな風に、もっと自分の価値観に向き合える人が増えるといいな。
群馬行ってみたい。

- メシ通
学校へ行けなくても…子供たちの可能性は無限大💞
小学生の頃からお小遣い握り締め喫茶店に通っていた15歳の焙煎士✨
ほぉ〜こんな少年焙煎士がいるとは🤗✨ 本読んでみよう。
すごいですね!
是非とも飲んでみたいです☕️
感動🤗
今日のLINE LIVEの際に使った豆はホライズンラボさんのコーヒー豆です!
僕が1番好きなコーヒー豆ですが、理由は話した通り、味はもちろんのこと、焙煎士がとても魅力的な方だからです!
リンクはその焙煎士さんの事が書かれた記事なので、良ければ読んでみてください!
う~ん…

味わっている"だけ"だが…

何処と無く…この7.0は解る気がしちゃう…

凄い"嗅覚・味覚"はこの感覚的センスが全てかもね…
@coffee_what
今日、図書館でこの人の本を見つけました。障がいを持ちながらもコーヒーに真剣に向き合う彼の姿を思わずKYOHEIさんの姿を重ねてしまいました(о´∀`о)ぜひ見てみてください!
| ホットペッパーグルメ

ええやん、ここ行ってみたい
15歳という若さで焙煎士になった岩野響さんにロングインタビュー
食事情報サイトなので、コーヒーについて徹底的に掘り下げています

岩野さんはASDの当事者です
 
PR
PR