大好きだった極太の「常滑チャーシュー」に再び会いたい……という切なる願いが完璧にかなった日【愛知】 - メシ通 | ホットペッパーグルメ

21コメント 2018-10-12 12:04 メシ通

常滑にかつて存在した伝説の中華そば店 いきなり長ったらしい前置きから始めよう。 愛知県の常滑市といえば、日本六古窯のひとつで、今も焼き物「常滑焼」の産地として知られるまち。最近はレトロな町並みの風景や...

ツイッターのコメント(21)

ここの修行先で食べた事があるのだが、ここのチャーシューは何かが超えている。肉の量だけなら新宿満来も中々のものなのだが、桁が外れていると言っていい。
一枚食べて一枚お持ち帰りのシステム、良い!!
元々閉じてしまった元祖もラーメンとしての味はただただひたすらに醤油と生姜の味しかしなくて以下略、結果チャーシューがただひたすらに「売り」だったのでいささかの不安はあるが行ってみたい。食べずに文句では、やはり失礼である。
「ラーメン二郎のチャーシュー1本1,000円」みたいなの名古屋でもやってないかなぁと調べたら
常滑八百善の後継を発見。今度行ってみる。
そう遠くないんだよなあ
ここ行ったことあるわーー
あ。あの店そういうことなのか!
@Toshi29791697 常滑チャーシューと言うお店で食べれますのでお近くに寄ったら是非✨☺️
あー事情知らないでこの記事書いた人か
知多半島、醸造文化は知ってたけどこんな爆弾級の肉アイテムがあったとは。>>>
 
PR
PR