長万部―小樽の山線運営は3セクが継承を 存廃問題で交通コンサル阿部さん寄稿:北海道新聞 どうしん電子版

8コメント 2022-01-21 21:21 北海道新聞

ツイッターのコメント(8)

⇒3セクよりも子会社化で存続「新幹線の収益を在来線存続の連結決算で融通資金調達できるように」法改正すればよい! 『北海道西部旅客鉄道㈱=JR道西』
(無料部分のみの閲覧ですが)北海道新幹線の駅数が少なく、その分在来線が補完する地域が広い、距離も長く客単価を高く出来る可能性には言及されただろうか
長万部―小樽の山線運営は3セクが継承を 存廃問題で交通コンサル阿部さん(ライトレール・社長)寄稿|小樽後志|北海道新聞

沿線自治体もJR北海道も財政難なのに3セクって枠組み持ち出してる時点で実現性を感じない。小樽~余市だって中央バスがあるし。
弊チャンネルのオンライン会議で、余市のハブ化など同じような提言をさせていただいたのですが、残念ながら、それらが他の自治体から全く支持されていないのです。
せめて、議論が1年早ければ、もう少し水面下での根回しができたと思うのですが、時間がなさすぎ。
なんか無責任に言ってないだろうなこれ。現実味を感じない。
暴論中の暴論ではあるけど、余市・小樽間だけ路面ディーゼルLRTになればなとも思う。余市蒸留所絡みの汽車・バス混み具合を目の当たりにするとなくは無いと思うけど
じゃあお前が金出せよ
コンサルはカネを出さないどころか金取って口を出して失敗しても責任は取らない悪徳商法だからな
相変わらず雑なこと言ってるなあ。
以上
 
PR
PR