TOP > 社会 > 札幌市3月、児童虐待の通告1.5倍 新型コロナ影響か:北海道新聞 どうしん電子版

札幌市3月、児童虐待の通告1.5倍 新型コロナ影響か:北海道新聞 どうしん電子版

 札幌市児童相談所(市児相)は23日、3月に寄せられた児童虐待通告が前年同月比で1・5倍の約150件だったと明らかにした。通告が増えた理由について、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた休校の長期化や在......

ツイッターのコメント(11)

5/7以降の自粛要請延長には断固反対します。

通告できたり、されたりするケースはまだましで、声もあげられない子供やDVに苦しんでいる大人もたくさんいると思います。
延長され逃れられない時の絶望の深さは察するに余りあります。
この状況下で地域に開かれた場所をつくる事の重要性を痛感している
新型コロナ影響か
札幌市の虐待通告が増えたという報道。内容ももう少し詳しく知りたい
「2月の通告件数は前年同月と同程度の約120件」
「約100件は道警から。面前DVなど、虐待が疑われる事案が数件」
「ゲームに興じた親子のけんかを近隣住民が「泣き声がする」と通報したケースも」
> 「子どもも親も自宅にいる時間が長くなり、ストレスなどが影響している可能性もある」
逆に、近所の人が家にいる時間も長くなった。いずれにしろ孤立状態が起きやすく心配な状況。
「3月に寄せられた児童虐待通告が前年同月比で1・5倍の約150件だった」
市児相によると、通告約150件のうち約100件は道警から。子どもの前で親が配偶者に暴力を振るう「面前ドメスティックバイオレンス(DV)」など、虐待が疑われる事案が数件あった

札幌市、3月の虐待通告1.5倍
上層部は、こういうのを報道よりさらに詳しく掴んでいますよね。児童相談所も本当に大変だと思われます。
以上
 

いま話題のニュース

PR