TOP > 科学・学問 > 【研究成果】120年の謎・がんの「鬼の目」を閉じるには? -がんのエネルギー産生と配分の仕組みを発見- | 広島大学

【研究成果】120年の謎・がんの「鬼の目」を閉じるには? -がんのエネルギー産生と配分の仕組みを発見- | 広島大学

16コメント 登録日時:2019-08-02 11:52 | 教育・学術機関(ac.jp)キャッシュ

Twitterのコメント(16)

素晴らしい成果。この研究が10年後の治療に活かされる事を期待します!
ちょっと貼っておこう。
・がんの長年の謎である核小体の肥大化が、がんで増大するGTPエネルギー産生により起こることを発見
・がんで増大するGTPエネルギー産生の仕組みを解明
・GTPエネルギー産生遮断によるがんの新たな治療への応用に期待

QT『がんのエネルギー産生と配分の仕組みを発見』
​​​悪性度の高い癌では、核小体は「鬼の目」のように恐ろしいほど大きくなる😱癌で著しく増大するGTP(グアノシン3リン酸)エネルギーが核小体肥大を引き起こす事を明らかに!
癌細胞が依存するGTPエネルギーが遮断すると、癌を抑制する事もマウスを用いた実験で示された!
凄い発見だと思う。
広島大学公式ウェブサイト
-がんのエネルギー産生と配分の仕組みを発見
メモ🗒 | 広島大学
あとでよむ
広島大学❣️ ❣️癌のエネルギー
わかりやすいけど、鬼の目だけ余計かも。
研究成果もさることながら、見出しの付け方、一緒に掲載されているイラスト、文体などからも編集経験者が入っていると見た。OGP、このイラストにすればいいのにね。
さぁ…鬼退治が始まるよ~!!
ついにみつけたウィークポイント!
すごーい。

ガン治療に新しいみちが開いたかも。
こちらに日本語のプレスリリースがあります。
〈広島大学〉2019/08/02 | 《情報紹介:計量計測データバンク》
以上

記事本文: 【研究成果】120年の謎・がんの「鬼の目」を閉じるには? -がんのエネルギー産生と配分の仕組みを発見- | 広島大学

関連記事