TOP > スポーツ > 明徳義塾・馬淵史郎監督が 「3年生球児たち」へ語りかけたメッセージ | ニュース 高校野球関連 | 高校野球ドットコム

明徳義塾・馬淵史郎監督が 「3年生球児たち」へ語りかけたメッセージ | ニュース 高校野球関連 | 高校野球ドットコム

【高校野球ニュース】

ツイッターのコメント(36)

明徳義塾高校馬渕監督の言葉はすごい。こんな指導者に教われると言うのは幸せだ。
この人はいい人なんですね。
松井を敬遠した頃はまだ若くて余裕がなかったのかな?と、いつまでも松井敬遠を忘れられない石川県人は思うのです。
鍛錬千日勝負一瞬
読んだだけで、泣いてしまいました。
がんばれ、高校球児!
読売テレビのウェークアップで知った明徳義塾の監督の言葉
「忘れんなよ。世の中に出ていろんな苦しいことがあった時に、耐えていける精神力をつけるというのが高校野球なんや。こういう苦しい時ほど人間は試されるんで。」
忘れんなよ。世の中に出ていろんな苦しいことがあった時に、耐えていける精神力をつけるというのが高校野球なんや
甲子園が無くなったから自暴自棄になったり、目標失ったらあかん。、、

心に響く。
忘れんなよ。世の中に出ていろんな苦しいことがあった時に、耐えていける精神力をつけるというのが高校野球なんや。最後まで同じ仲間とグラウンドでやれたというのが財産やから。


#高校野球
#明徳義塾
中学、高校と部活をやってきたからこそこの辛さが分かる。
誰が悪いとかじゃないよね、だからこそ目標に向かって費やしてきた思いや努力、そしてその為に切り捨ててきたことが無駄だったんじゃないかと思ってしまう。
だからこそ馬淵監督の言葉が刺さる。めっちゃいい監督や。
高校3年生の夏って、一生に一度しかないんだもんな。。本当に言葉が見つからんね。|
何言われたって悔しいよね...

でも甲子園だけが人生じゃない。
今だからこそ未来を見据えて努力を結果に出来る時だ
こちらに本文全て載っております。
球児に限らず目標を失い辛い思いをしている学生が沢山いると思います。でもね、今回のことはみんなの未来に必ず活きる時があるから、腐らずしっかり前に歩み出すんだよ!
ーーーーーーーー
そうなんやけど、甲子園目指す子って小さい時からそれを夢見て、青春の全てを捧げてきた

プロでなく甲子園を目標にしてる子が多いなかで、あまりにも不憫

IHもなくなった、、、
どうにかならんかなぁ
馬淵監督の言葉さすが。
ぜひ球児には目を通して頂きたい。
無念

野球だけじゃなく全ての人が
ここからがスタート
@yuzurun_ito 馬淵監督の言葉…泣けます!
こういうことを言える人間になりたいね。
明徳義塾、馬淵監督👍
馬淵監督に野球教わる事ができるのも宝物だと…
ここまで野球をやってこれた事、親に感謝やな…涙涙
これも高校野球に限ったことじゃないけど、優勝する1チーム以外は、最後の大会を必ず負けて終えることになる。でもだからこそ夢を切り替えられるし、それまでのライバル心が尊敬に変わる。大会が無いということは、負けて終われないということ。切り替えが難しいよな……
我が故郷の常勝チーム。
こんな言葉を送れる監督だから何十年も選手を強くし、チームを一つにできたんでしょうね。
泣ける…

馬淵さんも素晴らしい教育者やね…
これは純粋に今の自分にも響く。感謝。
日本中から袋叩きにあった馬淵監督だからこそ説得力あり。
「忘れんなよ。苦しい時に耐えていける精神力をつけるのが高校野球なんや。苦しい時ほど人間は試されるんで。甲子園が全てやない。最後まで同じ仲間とやれたのが財産。10年20年経ってあの時俺らは予選なかった、試す場所がなかった事がきっと役に立つ時がある」(明徳馬淵監督)
こっからが出発点。
「世の中に出ていろんな苦しいことがあった時に、耐えていける精神力をつけるというのが高校野球なんや」という言葉がとても刺さりました
甲子園中止は残念だが。。

一生懸命にやってきた事実は変わらない!
馬淵監督😭😭😭
選手たちのこれからの未来が明るいことを強く祈っています
そしてどうか3年生のこれまで頑張ってきた力を発揮できる舞台がありますように!
素晴らしい監督さんです。
今更ながらやけど、馬淵監督、ええ指導者やな。
生徒も心に響いたはずや。
長文だけど、みんなに読んで欲しい。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR