TOP > スポーツ > バントは成功率の少ない戦術 星稜vs智辯和歌山から考えるタイブレークの戦い方 (1/2) | 101回大会特集 | 高校野球ドットコム

バントは成功率の少ない戦術 星稜vs智辯和歌山から考えるタイブレークの戦い方 (1/2) | 101回大会特集 | 高校野球ドットコム

星稜対智弁和歌山の延長タイブレークについて迫る!...

ツイッターのコメント(10)

なるほど。深い。難しい。
(高校野球ドットコム) - LINEアカウントメディア

非常にわかる
これはマジで思ってたことだわ
タイブレークにおける『バント』の考え方。これは見ていて自分も感じた。

今秋から東都大学野球でもタイブレークが導入。

各大学がどう戦うのか、一ファンとして、非常に興味があるところ。
バントは失敗したときの精神的ショックも大きいからアウト一つ以上に失うものが大きい気がする。
裏の守りは一塁ランナーを気にせずファーストがチャージできる。
攻撃の戦略も、できれば二点取りたい表の攻撃と、一点でもいい裏の攻撃。戦略が全然違う。
適当な記事書きやがって。
バントは成功率の少ない戦術!?
星稜vs智辯和歌山からタイブレークの戦い方について考えていきます

#高校野球 #甲子園
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR