「テクノロジーは難しいから、若い人がやって」と発言しがちな日本文化はどうすれば変わるのか? 熊本県立大学の教授が教育現場で向き合っていること | ギズモード・ジャパン

ツイッターのコメント(12)

まさにこれ
ITリテラシー高めないと生きにくい世の中がくる
テクノロジーを「理系」に任せる時代は終わった気がします。
他領域を知る努力、交わる努力が大事

「テクノロジーは難しいから、若い人がやって」と発言しがちな日本文化はどうすれば変わるのか?
Too much technology kills mankind.あちらを立てればこちらが立たず。他に優先する事があるのでは?
「日本はテクノロジーが社会に浸透している国だと思っていましたが、そうではないと実感しました。...
スマートフォンをはじめ、新しいテクノロジーに対して"難しいから若い人にやってもらいたい"と発言してしまう雰囲気が強いと言いますか……。」
年齢も文系理系も関係ない。熊本県立大学の飯村教授が語る「テクノロジーとの向き合いかた」 -
文理融合でテクノロジーを使って社会課題を解決するのって、すごい面白そう
「テクノロジーは若い人がやって」という日本の風潮←大勢的にはベテランがマネジメント行ってコーディングの時間が減るのもあるからな。それでも書いてる人は居るので声を大にして誇るべきだよ。
"私自身は、受け身の学びではなく、能動的に学べる場を設計することに注力したい。これを繰り返していくことが、日本が変わっていく一助になるのかなと思っています。"
年齢も文系理系も関係ない。熊本県立大学の飯村教授が語る「テクノロジーとの向き合いかた」
弊社でも40代以下の人は新しい技術に慣れようとしてくれる。50代以上の人をどう取り込むかが課題。
文明の利器を使おうぜ!
老若文理問わず、アイツらは俺たちの味方だからさ!
以上
 
PR
PR