TOP > ネタ・話題 > 蚊が媒介する病気を防ぐために、10億匹の蚊を解き放つ作戦が始まった | ギズモード・ジャパン

蚊が媒介する病気を防ぐために、10億匹の蚊を解き放つ作戦が始まった | ギズモード・ジャパン

人間にたとえたら、身の毛のよだつ話。今、マイアミ南西部のフロリダ諸島に何千何万ものオスの蚊が押し寄せています。ただし、普通の蚊ではありません。遺伝子組み換えされ、この地に故意に放たれた蚊なのです。これ...

ツイッターのコメント(31)

蚊が媒介する病気を防ぐために、10億匹の遺伝子組み換え蚊を解き放つ作戦が始まった |
安楽死計画じゃん。
"遺伝子操作して生成したのが、「成虫になる前に死ぬメス蚊」が生まれるようにプログラムされたオス蚊(OX5034)"
ショッキング過ぎ
蚊を減らすメリットは勿論有るけど
水中からハッチする事による富栄養化の抑制効果は減るもんな??
結果が気になるね^^;
どれだけ人間は、
浅はかで愚かなんだ... と思う。

遺伝子組み換えの蚊を食べた
他の動物たちの影響は考えなかったのか?

こういうのは、今良くても年月をかけて
影響がでてくるんだ。

自然の摂理に反すると、
やがて、大きな仕返しが待ってる。
アメリカは結構エグいことしてる
さすがバイオハザードの国
これは余計な事だと思うんだよなぁ。だってどんな結果が待ち受けているかわからんやんか〜。まあ、ハイブリッドが生まれたとして、またより高度な戦いが起きるのも進化の過程か
“「卵を産む前に死ぬメス」を作り出す” もちろん目的はわかるけれど人間がついにヤバいことを始めちゃった感 →
遺伝子操作で卵を産む前に死ぬメスを作り有害な蚊を絶滅させる実験がアメリカ マイアミ南西部のフロリダ諸島で行われている。記事でも触れられてるけどラボでなくて自然界でこれやるとより有害な新種が出てきた時に抑え込みできなくなりそう。。
病気の媒介を防ぐ為に、「卵を産む前に死ぬ遺伝子を持たせたオスの蚊」をフロリダ諸島にばら撒くそうです
うーんどうなることか
↓遺伝子操作で早死にするらしい 副作用が怖そ
よしみんの『黴』で書いたこと、そのまま現実になりつつある……
地獄の幕開けの予感……
SFなら人類滅ぶ🤮🤮🤮
10億匹の不妊の蚊(遺伝子組み換え済み)を放出する作戦が始まる

昆虫食の動物への影響はどうなるんだろうか🧐
日本でも沖縄で、蠅だったかでやったように記憶があるけど。
だ、大丈夫なの❓
一度、撒いてしまったものは結果がどうであれ、取り返しつかないんじゃ❓

それよりも、一番最悪な部類の陰謀論になりかねないけど、この蚊の話と1つ前に投稿したワクチンの話を続けて読むとゾワゾワするものが💦
多分、気のせいだろうけど…。
これで抗体を作るんだよ。
マラリアの被害がアメリカでは多いから、ワクチンを作るんだよ。
これすごい。ハイブリッドが出るような気がする。やばいやばい。
興味深い。
壮大で恐ろしい作戦だな。うまくいけば良いが。
ついに実行するのか
期待
こんなやり方があるとは、、不安と驚きで感情が整理できない
人間ってやつは。
うまくいけばいいんだけど。
生態系のピラミッドが崩れてしまうだろ。
人間の身勝手な行動で、生態系を破壊することにならなければいいが…
失敗したら取り返しはつかないぞ。
GMOのsuper-weedのように、”Super-mosquito”が誕生しないように監視してね。



遺伝子組み換えオス蚊と交尾したメスが生んだメス幼虫は死にますが、それでも3%から4%が成虫になるまで生き残る…
人間はどこまで生態系のバランスを崩せば気が済むのか…
全く愚か過ぎる。
:ギズモード・ジャパン
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR