TOP > ネタ・話題 > 宇宙人ってみんな地下の海に閉じ込められてるんじゃないかな? という惑星科学者の話 | ギズモード・ジャパン

宇宙人ってみんな地下の海に閉じ込められてるんじゃないかな? という惑星科学者の話 | ギズモード・ジャパン

この広い宇宙には地球よりもさらに生存しやすく、適応しやすい環境が存在していて、もしもそれが分厚い氷の下に閉ざされた海だったとしたら? 木星の衛星エウロパのように凍てついた地表の下に広大な海を隠し持って...

ツイッターのコメント(24)

「なぜなら、どこへいくにも大量の水を携帯しなければ生存できないからです」
→我々もどこへいくにも大量の酸素を携帯しなければいけないので不利さは五十歩百歩では
→ある程度酸素も水も不要で生きられる生物、既に宇宙に進出してるんじゃね
海は広いな大きいな。
月はのぼらないし日も沈まない..
/
生命がいたとして、知性を持つように進化するのかな、と、思ったり。外の世界を知らず、分厚い氷に護られて安全そのものの環境で。
フェルミのパラドクスに一定の解を与えるという意味では面白い考察
地球の深海にも生き物がいるのだから、分厚い氷の下の海になんかよくわらないウネウネしたのがいたとしても確かに不思議じゃない。
興味深いですね。エンケラドスなど表面の分厚い氷の下に広がる海に生物がいたとして、物質循環はどうなっているのか気になりますね。
なる…ほど?w
同じ事思ってた頃あった!
後は、惑星の中に住んでいて、外側が地面で、内側が空になってる
外壁側に重力があったり
穴掘っていくと宇宙みたいな
地下海宇宙人とのコンタクトにStay...しました stayってなんやろ。

wantじゃないです。
お隣の国とすら仲良くできない地球人が、よその惑星人と平和に付き合えるとは思えません。
出会わない方がお互いのためです。
タイタン等の水がある衛星になんらかの生物がいるかも?は話聞いてたけど地球がレアケースだったら興味深い:
このアイデア面白い。地表面を生身でウロウロしている方がレアな可能性があるという。>
凍てついた地表の下に広大な海を隠している天体は、地球のような天体よりずっと多く存在しており、もしそんな海が生命を育むのに最適な環境なら、そういう星にこそ宇宙人のみなさんが住んでいらっしゃるんじゃないか、と惑星科学者のS. Alan Stern氏は考えているそうです。
地表の薄い膜でしかない不安定な大気と隕石の影響を考えるなら、固く守られた地下の方が安定しているのはわかる。
「宇宙はこんなに広いのに、宇宙人はどこにいるのか」というフェルミパラドックスへの答え。
厚い氷の下に海をもつ天体は恒星からの熱や光を必要としないので、けっこう多いはず。こういう星にこそ生命体がいるのでは。しかも彼らは氷の下に引きこもっていて連絡してこない。
何を持って生物とするのかが気になります。
脳?繁殖能力??
案外、地球みたいに表面で生きる生命は少数派かもしれない。
氷の下に広がる世界、もし知的生命体が存在するのなら、危険な宇宙に進出せずに独自の文明を築いてるとしたら、それは彼らのような生物による自己防衛なのかもしれません。
:ギズモード・ジャパン
という惑星科学者の話...
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR