TOP > ネタ・話題 > 新型コロナ禍で見えたデリバリー格差。低所得者層が多く住むエリアを、宅配エリア外に | ギズモード・ジャパン

新型コロナ禍で見えたデリバリー格差。低所得者層が多く住むエリアを、宅配エリア外に | ギズモード・ジャパン

フード宅配しないエリアとは。コロナ禍の中、先日、Uberのお膝元であるサンフランシスコ市は、フード宅配サービスに対して、レストランへ請求する宅配手数料は最大15%までという制限を設けました。これは、多くの個人経営の飲食店を保護、サポートするのが目的。この制限に対して、日本でもおなじみになったフード宅配大手のUber Eatsは、サンフランシスコのトレジャーアイランドを宅配...

ツイッターのコメント(12)

日本やアジアの首都でも次々このような選択と集中が起こりそう。
🛵新型コロナ禍で見えたデリバリー格差。Uber Eatsは、サンフランシスコの低所得者層が多く住むエリアのトレジャーアイランドを宅配エリア外に
こういう振り分け方…ある?酷い話すぎてます。
サンフランシスコ市は、フード宅配サービスに対して、レストランへ請求する宅配手数料は最大15%までという制限を設けました。
Uber Eatsは、トレジャーアイランドを宅配エリア外とする
差別だ!!っていうなら州に声を上げないと。
民間企業だから利益が出なければサービスは提供しないよね:
金を出さんエリアは外されて当たり前やん
もはやインフラの一部なんだからさすがにこれはヤバイな
これはひどい
貧乏人が住むエリアはフードデリバリーの対象外!

理由として「そもそも注文件数が少ない」「一件の注文額が少ない」「チップを出し渋る」が想像されてるけど、それ言われちゃうと仕方ないか……という気もする
:ギズモード・ジャパン
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR