TOP > ネタ・話題 > 5,000年前の人間って、一体なにをエンジョイしてたの? | ギズモード・ジャパン

5,000年前の人間って、一体なにをエンジョイしてたの? | ギズモード・ジャパン

大昔の人の楽しみ方ってなんだろう?いつでもどこでも友達とメッセージで繋がれて、くだらない話をしたり、パソコンのタブをたくさん開いて映画を見ながら仕事したり、デートアプリを開けば新しい人に会えたり、知らない誰かのツイートで笑っちゃうことが一日に何度もあったり、そんな毎日を過ごしている時にふと考えてほしいのが、例えば紀元前3,000年に生きてた人たちって、一体何して日々過ごしていたんだろうってこと。...

ツイッターのコメント(18)

>5,000年前の人間って、


焚き火を囲みながら、その火で豚を焼けるのを待ちつつ、チーズとともにワインやビールを呑んで楽器演奏をして歌ったり踊ったりしてたらC
(´・ω・`)パリピやないかーい
現代人と大差ないじゃん。
5000年前から宴会と音楽を楽しんでたそうな。今とやってること変わってないねw
ドラえもんのび太の日本誕生日観たくなってきた
5000年前の人間は何を楽しみに生きていた? 宴会や楽器演奏、スポーツも はぁ、変わってないもんやな。
〉「共同呑み」ですかね。(中略)私たちは知らない人と話をするのは不自然なことではありません。でも昔の人たちにとって、知らない人と話すことは警戒すべきこと。みんなで飲むということは…
5000年前の人間は何を楽しみに生きていた? 宴会や楽器演奏、スポーツも
5,000年前の唯一の娯楽は飲み会
頭がおかしい?現代の私達は何をエンジョイすれば良いの?が正しいと思うぞ!
_φ(・_・ これ読むと、今の人は道具などを作ったり工夫したり、手拍子で歌ったり、飲食も含めて生活そのものの楽しみ方を失ってるようで、ちょっと寒気がする。
「新石器時代の野外フードフェス」w。やっぱ宴会だよね→
5,000年前の人間の楽しみといえば何を差し置いても音楽と、みんなで集まって飲むことだったらしい。

わかる。
やっぱヒトの歴史って面白い。道具の使い方が上手くなっただけで根本はさほど変わりないし、意識の認知はただの事象の一形態であり特別でも何でもない、そんな世界の内側で今を生きるという標語を掲げ続けるその矛盾。
やっぱ飲みのコミュニケーションは最強
岩田リョウコ
:ギズモード・ジャパン
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR