TOP > ネタ・話題 > 2010年代、物理学を永遠に変えた出来事まとめ | ギズモード・ジャパン

2010年代、物理学を永遠に変えた出来事まとめ | ギズモード・ジャパン

65コメント 登録日時:2019-11-25 22:02 | ギズモード・ジャパンキャッシュ

ターニングポイントが一度に訪れた10年。2010年代は宇宙、物理の考え方が根底から変わる「パラダイムシフトの通過点」だったと、スタンフォード大学のNatalia Toro素粒子物理学・天体物理学准教授は語り、「行く末はわからないけど、50年後に振り返って、あれが幕開けだったと思うかもしれない」と言っています。10年の主な出来事を振り返ってみましょう。...

ツイッターのコメント(65)

ワクワクしぱなしだ
こう見ると本当に2010年代は重要なことがたくさんあったなあ。→
ヒッグス粒子発見当時はちびっ子だったからよく分からなかったケド、受験をキッカケに物理に触れ始めて超初等物理を修了した時分には、宇宙(というか物理)の無限大の可能性と底の見えない奥深さに打ち震えたもんだったわ......。
ヒッグス粒子、重力波、ブラックホール、機械学習、量子コンピュータ、高圧水素化合物室温超伝導、マジックアングルグラフェン…|・ω・`)フムフム
休日朝にじっくり読みたい、宇宙の素敵なお話。
時空のさざなみってすごいかっこいい響きだな よくわからんけど
何書いてるのか、もう、ぜーんぜん、理解できませんけども、宇宙になぜ僕らが存在しているのか、まだまだ謎だらけってことだけはよくわかった。

「宇宙の96%は相変わらず説明のつかない現象のまま」

「冷蔵庫のマグネットが地面に落ちない理由」もわかってないんだって。
「負の確率」って、なに?!
約13億光年の彼方でブラックホール2つがぐるぐるとらせん運動渦巻きながら合体したときに放出された重力波が、レーザーの到達時間を7ミリ秒変えたそうだ。
もうほんと何言ってるかわからないが新しい遅刻の理由になるな。
これ、ええなあ。
『 | ギズモード・ジャパン』
後でちゃんと見る
@gizmodojapan

ヒッグス粒子の発見と標準模型を越える物理の探索、重力波の観測とマルチメッセンジャーの幕開け、機械学習の活躍と量子コンピューターの黎明。。。次の10年は如何なるパラダイムシフトが起こるのだろうか。
よくまとまっている。
ヒッグス、重力波、それを支えた計算科学と計算機科学
: 2010年代、物理学を永遠に変えた出来事まとめ2019.11.25 22:00 Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US [原文] ( satomi ) ブラックホール衝突のシミュレーション画像… [ml]
変わったというほどでもないような。 一応辛うじてこの辺は実証科学の範疇でしょうからね。
Discover(Google)から
が1番の発見だろ。
あとはストーカー嫉妬無能天体物理学者ばかり。
ヒッグスは神の粒子
なるほど。 /
内容はさっぱり分からないですが、なんだかワクワクしてきたぞ
生きている間興味を持ち続けていたい‼️
CERN 、EHT、ショアのアルゴリズム、わたしの中の厨二心が激しく共鳴するっ(゚∀゚)!
Discover(Google)から
"2つのグラフェン薄膜をほんの少しずらして重ねると、超伝導状態のオンオフ切り替えが可能になるという妖術も昨年発見され、応用研究が続々と出ています。"

妖術…
たしかに肌で歴史の変化を感じれると思うほど出来事多かったな

「 | ギズモード・ジャパン」:
ターニングポイントが一度に訪れた10年。2010年代は宇宙、物理の考え方が根底から変わる「パラダイムシフトの通過点」だったと、スタンフォード大学のNatalia Toro素粒子物理学・天体物理学准教授は語る



ギズモード・ジャパン
2010年代に人類がどれだけの叡智を手に入れたのか! この間のブラックホールの観測も含まれてる。この記事めちゃくちゃ良い。

「人はいつか時間さえ…支配することができるさ」
“宇宙理論の一部に綻びが出はじめたのは1964年のこと。質量を持つと思われていた一部の粒子が質量0とわかって大問題になりました”

「出来事じゃなくてGIZMODOが物理学の歴史を勝手に書き換えてやがる!」と思ったけど、英語版はまともだった。相変わらずの翻訳品質ぢゃのう…
専門外の自分にとっては思い出すために良いレビュー。来年は2020年だから、こういう振り返りを色々なところでやることになるのかな。→
ヒッグスを神の粒子というなとなんべん言えば・・・
確かにヒッグスも重力波も2010年代ですね。ブラックホールも面白い。
室温超伝導出てたのか
最高にエキサイティングな出来事ばかりだな
なるほど。パラダイムシフトの通過点ね。 -
わかりやすい良記事
2010年代がもうすぐ終わるとか、あっという間だったな
こういうの読むとわくわくしますね。化学専門だから正直なところあまりよくわからないんですけど、わからなくても熱中させるものが科学にはあるなーと。
色々と発展してるんだね。
たしかにいろいろ盛りだくさんだった
科学ファンならずともワクワクすること間違いなし。
世界は変わらないけど、世界の見方はかわったのかもしれない
言ってることの1%もわからなかった。
基礎研究の成果を一般の人が感じるのはずっと後の事なのですね。
ヒッグス粒子、重力波、ブラックホール撮影、、、確かに2010年代は凄かった✨✨
_φ(・_・後で読む
噛み砕いていて、かつ割と正確な気がするので良記事「NISQ、ノイズだらけで拡張性もいまいちな量子技術」
うむ、よきよき。 |
科学の最前線はいつも物理学!
おはようございます。寝てる間に世界は変わる(笑)
ブラックホールの画像や重力波、正直大したことじゃないと思ってたけど、めっちゃ苦労してるしブレイクスルーだったのだな。
あと、中性子星の衝突で重元素金が出来ることに感嘆するのがサイエンティストな人達なんだな。成程。
一つ一つのニュースを見聞きした時も驚いたものだけど、こうやって10年分振り返ると感慨深い。人類はまだ停滞していない。
20世紀に相対性理論と量子力学が生まれたような、人類の科学レベルを次の段階へ押し上げる21世紀的なサムシングを期待したい。
天才が多いなー  #物理学
スマホから勧められた物理学の記事です、私のことよくわかってるなぁ(笑)
面白かったですよ😋😋😋
2010年代、物理学を永遠に変えた出来事まとめ: ターニングポイントが一度に訪れた10年。 2010年代は宇宙、物理の考え方が根底から変わる「パラダイムシフトの通過点」だったと、スタンフォード大学のNatalia…
>953の研究所の3,674人が成果をひとつの論文にまとめて発表
叡智の結集って感じがする
:ギズモード・ジャパン
以上

記事本文: 2010年代、物理学を永遠に変えた出来事まとめ | ギズモード・ジャパン

いま話題の記事