TOP > ネタ・話題 > 緊急・災害時に必須かも。“メッシュ”メッセージングアプリとはどういう仕組みなのか | ギズモード・ジャパン

緊急・災害時に必須かも。“メッシュ”メッセージングアプリとはどういう仕組みなのか | ギズモード・ジャパン

連日報道される香港のデモで気になったのが、若者たちがなにか秘密の方法で連絡を取り合っていたという話。インターネットではすべて筒抜け、隠し事はできないって言われているのに…もしかして、インターネットを使わずに連絡していたということ? それってノロシ? 伝書バト? いえいえ、そうではありません。香港の抗議活動の舞台裏報道で明らかになったのは「メッシュ」ネットワークを使ったメッ...

ツイッターのコメント(13)

2019.09.23 12:00


うぬう
@kyoshimine アップルやグーグルなどのスマホOSの事業者なら、Bluetoothなどで効率よく通信しあって記録・通知できる仕組みが提供できそうな感じがしますね。

こういうのと同じような技術で。
P2Pのメッセージアプリって普通にあったのね
なんだ、P2Pアプリってあんのか。スマホと車とかに乗っけたらインフラになり得るんじゃねって思ってたのに。
"アドホック通信には、会話をしている当人どうしのあいだに何も挟まれないため、監視や規制が難しくなるという大きなメリット"
すげーなーメッシュってこういう使い方もできるのか、まあインカムで出来るんだからできるよな
ネット介さず会話するアプリの仕組み
ニュース
これからの時代、イザっ!という時に
みんながこういうアプリを入れている環境下なら、今回みたいな長期停電で基地局死んでるときにも良いんだろうなぁ
iPhone11シリーズに搭載されたU1チップ活用の道。
たしかにトランシーバーじゃなくて端末同士のメッシュはあっていいな。使用者の依存にはなってしまうけど。 |
ほおお。香港の方はそうやって連絡を取り合ってたのか。スゴいなこれ。|
以上
 

いま話題のニュース

PR