TOP > ネタ・話題 > 人類をうるおす海水淡水化。その不都合な真実 | ギズモード・ジャパン

人類をうるおす海水淡水化。その不都合な真実 | ギズモード・ジャパン

28コメント 登録日時:2019-01-23 20:39 | ギズモード・ジャパンキャッシュ

うるおいの犠牲とは。中東やアフリカなど、常に水不足に苦しんでいる地域があります。生活に必要な水をどこから得るか、目を向けたのはどこまでも広がる海。世界177国に設置された海水淡水化プラントが、海水を生活用水に変える手助けをしています。よか...

Twitterのコメント(28)

ペルシャ湾の塩分濃度が3.8%として、2.5Lの海水から1Lの真水と1.5Lの塩分濃度6.3%の排水ができるってだけの話でしかない > 「1リットルの淡水を作るために、吐き出される塩水は1.5リットル。成果物よりも無駄の方が多い」
>「塩水は水中の酸素を枯渇させます。高塩度、低酸素レベルは底生生物に深く作用し、結果、食物連鎖に影響がでることになるのです」
もう豆腐を大量生産するしかないな
/
1.4億リッターって数字凄そうだけど、たった0.00014立方キロメートル(14万立方メートル)しかない。ちょっと大きい感じの(スエズマックス型)タンカー一杯分。それ毎日一年でやっと0.050立方キロメートル。あとは海の状況次第
3%の塩水2.5Lから1.0Lの真水と1.5Lの塩水を分離した時、分離された塩水の濃度は何%か、という二次方程式。
害があるのは確かだけど、成果物より廃棄物の方が多いは正当な批判ではないだろう。
( °Д°) そんなうまい話はなかなかないんだな。

「1リットルの淡水を作るために、吐き出される塩水は1.5リットル。成果物よりも無駄の方が多いというのが論文がまとめた現状」
「1リットルの淡水を作るために、吐き出される塩水は1.5リットル。成果物よりも無駄の方が多い」ということらしい。
海水を生活用水に変換するって「ぼくのかんがえたかっすいたいさく」でそれを実現させるって凄いな〜って思ってたら、変換後の濃くなった塩水をそのまま海に流すってよくそんな選択肢出来たよね!酷い!
海に捨てたらええん違うん?
淡水化したのはいずれ海に帰っていくんやし。
記事の最後にある水力発電に使うとかって、、、使っても塩分は減らないよね。
メリットしか知らなかったけど、こんなデメリットがあったんだな。勉強になった。
そら海水から淡水作ったら濃い塩水出るの当たり前だろうし、水力発電に使っても別に塩分濃度減らないだろ何言ってるんだ
塩の活用法か。。考えたこともなかった。
水大事
「1リットルの淡水を作るために、吐き出される塩水は1.5リットル。成果物よりも無駄の方が多いというのが論文がまとめた現状」って、
「成果物よりも無駄の方が多い」って、そーじゃないでしょーーー。
良いことばかりじゃないんだね
液体の水じゃ無くて雲作ろうぜ😔
(゜゜)ゴミ問題・・・
難しいなー
「悪ではないけど、改善は必要」
文中のこういう書き方がよいと思う。悪と断定して進歩を止めてしまうのではなく、より良くしようと改善を促すことこそ、前に進める議論。
「海水ダイエット」をはやらせて大量に飲ませよう (ぇ :
お塩を作るんじゃダメなのかな・・・
うーん、人類は自分で自分の首を絞めてるという事?

砂漠の緑化に力を入れた方が良いんじゃないの?
現状を先ず知る事は大切。
次は高濃度の塩を活用する技術に可能性がありそうだ。
ああ、廃棄物的なものは必ず出ますね。
廃棄物的なものは必ず出ますね。
そうなんだ-、解決策が見つかるといいなぁ…
—————
宍道湖の淡水化という話も有りましたね~
以上

記事本文: 人類をうるおす海水淡水化。その不都合な真実 | ギズモード・ジャパン

関連記事