懐中時計におさまった、第二次世界大戦の暗号機「エニグマ」 | ギズモード・ジャパン

19コメント 登録日時:2018-12-10 12:42 | ギズモード・ジャパンキャッシュ

完全にスパイの秘密道具。第二次世界大戦中、ナチス・ドイツが用いていたローター式暗号機「エニグマ」。オリジナルは木箱に入ったタイプライターみたいなもので、中に暗号を作り出す3枚のディスクが内蔵されています。大戦中は枢軸国に暗号文を送るのに大...

Twitterのコメント(19)

ナイスな遊び心>
こういうの無駄に欲しくなってしまうよね
// ほほう(*´ ∀`)
……欲しいかも|懐中時計におさまった、第二次世界大戦の暗号機「エニグマ」 | ギズモード・ジャパン
これは粋。
戦争を賛美する訳ではないですが、これは凄いです、第二次大戦中の話とは思えません、007も真っ青です👏😃。
すきー。イミテーションゲーム観よ。
かっちょいい(少年の心)
かっこいいな 笑
ほお、懐中時計型ケースにエニグマの仕組みを入れたとな。ちなみにエニグマは別に使いやすいものではない。スマホアプリは以前からある。
これ欲しいぃ
| ギズモード・ジャパン

おおお
なんかかっこいい
一瞬、機械式かと思い、トゥールビヨンとかミニッツリピーターどころじゃないだろ!と胸躍らせたけど、違いました^^;
でもこういうの好きだなぁ♪
腕時計型コロッサスもお願い!
以上

記事本文: 懐中時計におさまった、第二次世界大戦の暗号機「エニグマ」 | ギズモード・ジャパン

関連記事