TOP > ネタ・話題 > 映画『お嬢さん』パク・チャヌク監督にインタビュー:「抑圧されている状況の中で戦う女性こそが魅力的だと思っている」 | ギズモード・ジャパン

映画『お嬢さん』パク・チャヌク監督にインタビュー:「抑圧されている状況の中で戦う女性こそが魅力的だと思っている」 | ギズモード・ジャパン

イギリスの人気小説『荊の城』を原案に、自らの意志を通そうとする女性たちによる復讐と同性愛を、妥協のない濡れ場と衝撃的な展開を織り交ぜて描く、エロティック百合サスペンス映画『お嬢さん』。今回は成人指定映...

ツイッターのコメント(18)

@smoking_dogman 公開前の作品を知る機会があったのかは謎ですね〜🤔
まあ『お嬢さん』の企画自体、パクチャヌクじゃなくて別の関係者の発案がきっかけなので😅
お嬢さんの製作過程はこのインタビューでチャヌクが詳細に話してるので、ぜひ読んでみて下さい😊
パク・チャヌク監督インタビュー「そして、私はいつも抑圧と抑圧されている状況の中で戦う女性が魅力的だと思っています。私には娘がいるのですが、実際に娘を育ててみて、彼女が子どもから成熟した大人になっていく姿を見て、より一層そういう思いが強くなりました。
わかりみ高すぎる
お嬢さん鑑賞後に読むのをお勧めするインタビューだけれど監督の最高っぷりがわかる
"한국에서는 히데코가 백작에게 강간당할뻔하는 장면이 있으니까 백작은 문어에게 당하는걸 기대했다 하는데"
들었군.
監督にインタビュー:「抑圧されている状況の中で戦う女性こそが魅力的だと思っている」
インタビューも面白かった。笑いに関する話を読んで、自分が進撃の巨人のギャグシーンが好きな理由が分かった気がした。
パク・チャヌク監督「抑圧されている状況の中で戦う女性こそが魅力的だと思っている」
@mm3zz2 そういえばお嬢さんのチャヌク監督のこのインタビューが面白かったですよ。原作読んだ人が翻案の仕方がうまいと言っていたので原作も気になります
“それは自分のもともとのアイデンティティーを軽蔑して、強いものに巻かれるという親日派の人たちの心理を表現しているものでもあります。”/映画『お嬢さん』パク・チャヌク監督にインタビュー
お嬢さん、強烈。インタビュー面白い。面白いなと思った映画監督のインタビュー面白い。
パク・チャヌク『お嬢さん(아가씨)』 、すばらしかった。映画でしか味わえない快楽に満ち満ちていて、共感を基盤にした正義への希求に貫かれていて、被抑圧者へのエンパワメントでもある。また、日本語話者こそ味わえる、味わい豊かな一作でもある。
映画鑑賞後に読む ”아가씨”
“上月は日本人になりたいと思っていた親日派の朝鮮人なので、後に洋館と和館を作ってそこへ移り住み、朝鮮式の建物は使用人に渡したという設定を考えました。それは自分のもともとのアイデンティティーを軽蔑して、 / “映画『お嬢さん』パク…”
お嬢さん、観たい。
「お嬢さん」のチャヌク監督のインタビュー、二次創作をする腐女子のようなこと言ってて好感しかない
ネタバレあり、らしいので観てから読む。。。
今週金曜日から公開。楽しみ!(^o^)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR