TOP > 社会 > カワウソ、高山市に剥製 「ニホン」か「ユーラシア」か解析へ | 岐阜新聞Web

カワウソ、高山市に剥製 「ニホン」か「ユーラシア」か解析へ | 岐阜新聞Web

13コメント 登録日時:2019-12-30 09:00 | 岐阜新聞キャッシュ

 岐阜県高山市奥飛騨温泉郷の民宿に、地元の河川で捕らえたと伝わるカワウソの剥製が保管されていたことが29日、分かった。県内では唯一の現存が確認されている全身標本。本州以南に分布していたのは絶滅したニホンカワウソとされてきたが、近年のDNA解析で本州と海を隔てた四国では別の種が生息した可能性が指摘され......

ツイッターのコメント(13)

岐阜新聞に当館のカワウソ展示が紹介されました! 12/30一面をチェック!
DNA解析の結果が楽しみですが、本州のカワウソと四国のカワウソが別種の可能性もあるとは衝撃でした。
小林平一コレクションの中にニホンカワウソの仮剥製があったのだが本人が逝去した時に貸し出し中でそのまま行方不明になったという…/
「ニホン」か「ユーラシア」か解析へ(岐阜新聞Web)
DNA鑑定をするそうです

四国にいたカワウソと同種かどうか

それにしても、よく残っていてくれた
年末に一大発見か…!
ニホンカワウソであってほしい!
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷の民宿に、地元の河川で捕らえたと伝わるカワウソの剥製が保管されていたことが29日、分かった。県内では唯一の現存が確認されている全身標本。本州以南に分布していたのは絶滅した…
和久さん御活躍
以上

記事本文: カワウソ、高山市に剥製 「ニホン」か「ユーラシア」か解析へ | 岐阜新聞Web

いま話題の記事