Noctua「NH-P1」検証:世界中の熱心な自作派を魅了するパッシブCPUクーラーの正体 - エルミタージュ秋葉原

Noctua(本社:オーストリア)が本気で製品化させた同社初のパッシブCPUクーラー「NH-P1」。製品資料を読み進めると、神経質なほど多くの注意書きが記されており、冷却に対するNoctuaの真剣な取...

ツイッターのコメント(17)

自然対流!
フィンが肉厚なのに燃え、もとい萌える。
このクラスのファンレスクーラー久々に見たな
15年くらい前にもこんなのあったよ。サイズから出てた1.1kgオーバーのオロチっていうの。デカさのわりに冷えないという評価だったわ
OROCHI復活ッ!OROCHI復活ッ!OROCHI復活ッ!!
デカぁああああイッ説明不要!!!
こういうのでファンレスを一回組んでみたいな
見てた。:
『Noctua「NH-P1」検証:世界中の熱心な自作派を魅了するパッシブCPUクーラーの正体』
THERMALTAKE LEVEL 20 XTみたいなマザーを水平に配置できて空間があるケースで使ってみたい
約1.2㎏かー。ほぼ10円/g…w
使ってみたいけど我慢じゃ(;^ω^)
魅入る造形美だが扱うにはウデを試されそうだ:
おお、ついに実用化しとる
インパクトは絶大だけどこれを使いこなすのは相当に難しいしケースファンをやたら増やせば本末転倒になる。あとこれがCPUを冷やせてもその周りの電源系の熱に与える影響も無視できない。現実はミドルクラスのCPUに合わせるのが精一杯かも
気になってたNH-P1のレビュー。
ファンレスの何が良いって、記事にある通り「絶対に故障しない」事。
ファンは半導体に比べて壊れやすいし、埃掃除等のメンテも必要になる。
冷却性能はTDP65Wならベンチ含めて使用可能な感じ。
ケースを選ぶけど自作はこういう遊びが面白い。
指、切らなさそう。それって革命的に何か別物ってことだよね。
パッシブクーラーは今の時代、非常に珍しいですよね。私もどこかで試したいなと思ってます。が、国内で買うと高いんだよなー。

以上
 
PR
PR