TOP > エンタメ > オンラインゲーム向け低遅延技術「GGPO」がオープンソース化!―多数の格闘ゲームなどで実績 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

オンラインゲーム向け低遅延技術「GGPO」がオープンソース化!―多数の格闘ゲームなどで実績 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

12コメント 2019-10-10 17:02  Game*Spark

格闘ゲーム向け低遅延技術「GGPO」がMITライセンスの元、オープンソース化。多数の市販タイトルでも採用済み。

ツイッターのコメント(12)

EVOの創設者がプログラマーだった事に驚いた & ゲーム関連技術をMITライセンスでオープンソースにしてる。なんて良い話なんだ
セガさんもGGPO使って新作じゃなくても移植でいいのでバーチャ出してください(切実)
おお!あとでコード見る。

GGPOソース公開したらしい。
P2Pに関して独自開発が進むといいなー

スマブラ64とかの有志の技術に対しても進展が望めそう
糞回線に優しい世界
すごライブラリが MIT で出てる /
GGPO!まだ生きてたのか!
おお。今となっては一昔前の技術という感じが否めないけども、マイルストーンとして後世に残る(可能性が高くなる)のは良い事や。
Injustice2の熱帯が海外とも成立するレベルとの話もあるし、これが色んなゲームに導入ことに期待

Game*Spark: オンラインゲーム向け低遅延技術「GGPO」がオープンソース化!―多数の格闘ゲームなどで実績.
@izm さんの朗報?
なんか日本語ドキュメント用意されそうな気配もあるようです。
お、その分野は素人なんだけど、なんか楽しそうだ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR